水木しげるのアマビエで話題「調布」…京王線がイライラの種?

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、京王線「調布」駅。

映画と妖怪の街「調布」再開発で利便性が向上

「調布」は、東京都調布市にある京王電鉄京王線の駅で、京王相模原線との分岐駅です。1日の乗降客は13万人強。京王電鉄の駅では「新宿」「渋谷」「吉祥寺」に次いで多く、近年、駅の地下化、それに伴う周辺の再開発により、乗降客は増加傾向にあります。

 

京王線
京王線

 

調布の地名は、昔の税金である租庸調の調(土地の特産物を納める)で布を納めていたことに由来します。「布田」や「染地」など、布に関わる地名が残るのはそのためだといわれています。

 

また同じように調に由来する地名といえば「田園調布」があります。以前、「調布市」は「調布町」と名乗っていたのに対し、田園調布一帯は「調布村」と名乗っていました。さらに1928年に町になる際には、「東調布町」と名乗っていたことから、元祖は現・調布といえるでしょうか。

 

そんな調布は、いくつかの顔をもつ街です。まず「映画のまち」。かつて映画の撮影所が多く集まり、昭和30年ごろまでは「東洋のハリウッド」といわれていました。その後、撮影スタジオが閉鎖されるなどピークは過ぎた感がありますが、いまでも「角川大映撮影所」や「日活撮影所」など映画関連の事業所が多く残っています。また近年は「映画のまち調布」として街づくりがすすめられ、「フィルムフェスティバル」などのイベントが催されるようになりました。

 

さらに「水木マンガの生まれた街」としても知られています。もちろん水木とは、『ゲゲゲの鬼太郎』で有名な水木しげるさん。調布市に50年以上も住んだ名誉市民でもありました。「調布」駅近くの布多天神社の表参道にあたる「天神通り商店会」には、鬼太郎をはじめとした妖怪のモニュメントが置かれています。最近では、水木さんの描いた「アマビエ」(豊作や疫病に関する予言をする妖怪)の絵を、市が公開・提供したことでも話題になりました。

 

そんな「調布」駅は、2012年に地下駅となり、周辺で大規模な再開発が進められてきました。駅前には北口・南口ともロータリーがつくられ、すっきりとした街並みに。駅や線路の跡地には、2017年、3館からなる商業施設「トリエ京王調布」が誕生しました。C館には「イオンシネマ」が開業。「パルコ調布キネマ」の閉館で、一時、映画館のない街になっていた調布でしたが、再び、映画の街にふさわしい様相をみせています。

 

さらに駅北側には「調布パルコ」「西友調布店」など商業施設や飲食店が中心の商店街が充実。駅南側には「調布市役所」のほか、コンサートなどが行われる「調布市グリーンホール」、ホールや図書館などが併設する「調布市文化会館たづくり」など、行政機関や文化施設が集積しています。

 

もともと、駅周辺に商業と行政が集積した居住性の高い「調布」でしたが、駅と線路で南北が寸断され、利便性に欠ける点が短所でした。しかし駅の地下化、再開発により、駅周辺は一体となり不便さは解消。今後も駅周辺ではさまざまな整備が計画され、街の魅力はさらに向上していきそうです。

再開発で利便性向上…通勤時のノロノロ運転にイライラ

「調布」駅周辺の家賃水準をみていきましょう。駅から徒歩10分圏内の1Kの平均家賃は6.04万円、11分を超えると5.54万円です(図表1)。一方同条件の調布市の平均家賃は、駅10分圏内で5.7万円、11分を超えると5.47万円。再開発の進行により、駅周辺では家賃水準が徐々に高くなっています。

 

 出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合 会調べ(5月8日時点) ※単位は万円
[図表1]「調布」駅周辺の平均家賃
出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合
会調べ(5月8日時点)
※単位は万円

 

厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」によると、都内勤務の男性会社員の平均月給は、25~29歳で27.5万円、30~34歳で34.1万円です(図表2)。企業規模によって平均給与は異なりますが、そこから住民税や所得税などを差し引いた手取り額の1/3以内を適正家賃と考えると、都内勤務20代後半は6.9万円、都内勤務30代前半は8.5万円です。

 

出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」 ※10名以上の企業対象 ※数値は所定内給与額 ※単位は万円
[図表2]20代後半、30代前半の平均月給 出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」
※10名以上の企業対象
※数値は所定内給与額
※単位は万円

 

「調布」周辺は20代の会社員でも適正家賃内で家を探せるエリアです。大手ポータルサイトで検索すると、駅10分圏内の駅チカ物件は少なめ。エリアを広げると、さまざまな選択肢から物件を選ぶことができます。

 

次に交通の利便性をみてみましょう。「調布」から「新宿」へは31分。「笹塚」から京王新線〜都営新宿線利用で「市ヶ谷」へは36分、「神保町」40分、「馬喰横山」46分と、都心にもダイレクトにアクセスできます(所要時間は、平日8時に「調布」駅を出発した場合の目安)。京王線の名物といえば、超過密ダイヤによる朝のノロノロ運転。デイタイムであれば「調布」〜「新宿」は20分をきりますが、通勤時間帯はプラスαを覚悟しておく必要があります。

 

生活利便性をみていきましょう。駅周辺には、「西友」「東急ストア」のほか、「成城石井」「北野エース」といったちょっといいものを購入できるスーパー、大手ドラッグストアチェーンが揃っています。また「トリエ」や「パルコ」には、家電量販店の「ビッグカメラ」「ノジマ」、「ユニクロ」「無印良品」「Francfranc(フランフラン)」などの人気店、人気ブランドも揃っています。「調布」は最寄り品はもちろん、ファッションや生活雑貨、家電、インテリアまで、買い物を楽しめる街だといえるでしょう。

 

「調布」は飲食スポットも豊富です。あたりにはファストフードやファミレス、牛丼店や定食店など、単身者でも入りやすいお馴染みのチェーン店が集積。外食がメインの人でも困ることはありません。さらに大型商業施設には飲食フロアがあるほか、北口の商店街には個性豊かな飲食店が揃っています。オンもオフも楽しめる店が揃い、お気に入りを開拓する楽しみがある街です。

 

再開発により、南北の往来がスムーズになった「調布」は、利便性が飛躍的に向上。行政と商業が一体となった、住みやすい街になりました。1つ不満をいうなら、通勤時間帯の京王線。都心方面へのアクセスに大きく依存する路線だけあり、ラッシュ時の数珠つなぎ運転の解消は、悲願だといえるでしょう。京王電鉄では「笹塚」~「仙川」で高架化を進めています。さらに「笹塚」〜「つつじヶ丘」では複々線化する計画も推進中。ラッシュ時の交通利便性がアップすれば、「調布」の魅力はさらに高まるはずです。

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧