志木市にないのに、「志木」駅!? どうしてそうなったのか…

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、東武東上線「志木」駅。

にぎやかな駅前…お馴染みのチェーン店が集積

東武鉄道東上線の「志木」駅は、1日の乗降客数は10.5万人ほどで、東上線では5番目の規模を誇ります。現在、駅があるのはお隣の新座市。開業当初は志木市内にありましたが、駅の改良を経て、志木市にはない「志木」駅になりました。

 

 

行政区に志木の名前が登場するのは、1874年。当時、志木の前身となる引又宿と舘村が合併することになった際、経済力のある引又か、歴史ある舘とするかで揉め、命名は県に委ねられることになりました。県は江戸時代後期に作られた武蔵国の地誌『新編武蔵風土記稿』などに「志木郷」とあったことから、志木宿と名付けたといいます。

 

元々志木は、江戸時代、府中街道と新河岸川の交点の市場坂上付近(引又河岸)が交通の要衝として栄えていました。明治時代に東武東上線の開業とともに「志木」駅が誕生すると、東上線の主要駅として速達列車の停車駅になると、街の中心は市場坂上から「志木」駅周辺へと移行。いまでは、東武東上線のなかでも有数の商業地として知られています。

 

 

------------------------------------------------------------------------
[PR]資産形成の最適解「新築アパート経営」の特集を読む
入居率99%をずっと続ける!人生100年時代の「新築アパート経営」

------------------------------------------------------------------------

 

 

「志木」駅の周辺をみていきましょう。駅には飲食店や惣菜店、雑貨、書店など、使い勝手のいい40店がテナントとして入る商業施設「EQUIA 志木」があります。駅東口を出ると、再開発で誕生した複合施設「フォーシーズンズ志木」があります。核テナントとして「マルイファミリー志木」が入り、1~2階には惣菜店が中心の「まるい食遊館」も。EQUIAとマルイはペデストリアンデッキでつながっているので、駅周辺だけでひと通りの買い物をすませることができます。

 

駅南口をみていきましょう。駅前に大きなバスターミナルがあり、東口よりもひらけた印象です。周囲は雑貨ビルが建ち並び、1階を中心にお馴染みのチェーン店が並ぶほか、志木街道沿いには大型ショッピング施設「イオン」も。

 

また「志木」周辺には、東口に慶應義塾志木高校、南口に立教大学新座キャンパス、立教新座高校があり、学生の姿が目立ちます。「志木」周辺に多くのチェーン店が集積するのは、このような若者をターゲットにしていることが一因だと考えられます。大型の商業施設もあり、にぎわいをみせている「志木」ですが、強烈な個性を感じさせる街ではありません。その分、使い勝手の良さはにじみ出てくる街だといえるでしょう。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]不動産投資、いきなり始めるのはあまりに危険!
年収500万円会社員向け、不動産投資を始める前に受けるべき相談会 詳細はこちら>>>
年収800万円会社員向け、不動産投資を始める前に受けるべき相談会 詳細はこちら>>>

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧