古き良き風情が失われそう?「東西線・神楽坂」の現状は…

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、東京メトロ東西線「神楽坂」駅。

外国人人気上昇…路地裏めぐりが楽しい街

「神楽坂」は、東京都新宿区にある東京メトロ東西線の駅です。1日の乗降客数は4万人強。都営地下鉄大江戸線「牛込神楽坂」駅へは徒歩7分、東京メトロ有楽町線「江戸川橋」駅へは徒歩12分、東西線の隣駅でJRなど4路線が接続する「飯田橋」へは徒歩11分と、徒歩圏内に複数の駅のある、都区内でも便利なエリアです。

 

神楽坂の地名の由来は、その名の通り、神楽にまつわる諸説が伝えられていますが、さだかではありません。そのなかでも江戸時代の地誌『江戸名所図会』の「穴八幡の祭礼に、この坂の中腹の御旅所にて神楽を奉するより名付く」という一節がよく知られています。


いずれにしても、江戸市中の数ある坂の中で、神楽囃子の鉦(かね)や太鼓に笛の音がよく聞こえていたことに由来しています。上記の地誌によると、早稲田通り(神楽坂通り)にある高田穴八幡の旅所で、祭礼の際、神輿が通るときに神楽を奏したからとも、「若宮八幡の社」の神楽の音がこの坂まで聞こえたからとも…。

 

また、『改撰江戸志』(原本は残っておらず成立年代は不明だが、文政以前から存在が確認されている)には、津久戸明神が元和のころに牛込の地に移転した際、神輿が重くてこの坂を上ることができなかったものの、神楽を奏すると容易に上ることが出来たため、このときより「神楽坂」の名が付いた、と記されています。

 

もともと、神楽坂一帯は芸者屋や遊女屋が集まる花街として隆盛を誇っていました。関東大震災後の一時は、日本橋などで被災した商人が流入し、非常ににぎわったそうです。その繁栄ぶりは「山の手銀座」と称されるほどでしたが、数年経つと、にぎわいの中心は新宿へと移っていきました。

 

神楽坂の中心となるのは早稲田通り(神楽坂通り)。早稲田通りと外堀通りとの交差点の「坂下」~大久保通りとの交差点の「坂上」には「神楽坂通り商店会」、「坂上」~「神楽坂」駅周辺には「神楽坂商店街」と、2つの商店街があります。2000年初頭までは通りから外れた住宅街に多くの老舗が点在していましたが、近年はチェーン店やコンビニエンスストアなどの進出が目立ち、昔ながらの風情は失われつつあるといわれています。しかし新しくカフェやレストラン、雑貨店などがオープンし、石畳みの路地がいまだに残るところも。閑静な住宅街のなかに日本の古き良き情緒が残る街として、昨今は外国人からの支持も集めています。

 

また神楽坂で外せないのが、フランス料理。近隣にアンスティチュ・フランセ東京(旧・東京日仏学院)などのフランス関係機関があることから、神楽坂は古くからフランス料理店の多い街として知られていました。昨今はリーズナブルなビストロも増え、気軽にフレンチが楽しめる街として、さらに人気を集めています。

 

東西線
東西線

都心の快適性を兼ね備えるが、会社員には家賃が高すぎ

観光地として人気が高まる「神楽坂」ですが、家賃水準はどうなのでしょうか。駅から徒歩10分圏内の1Kの平均家賃は8.91万円(11分を超えると近隣の駅が最寄り駅になるため、今回は対象地域外として考えます)。新宿区の平均は、10分圏内で8.58万円。同区のなかでも人気の街だけあり、家賃水準も高めです(図表1)

 

出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合 会調べ(5月8日時点) ※単位は万円
[図表1]「神楽坂」駅周辺の平均家賃 出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合
会調べ(5月8日時点)
※単位は万円

 

厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」によると、都内勤務の男性会社員の平均月給は、25~29歳で27.5万円、30~34歳で34.1万円です(図表2)。企業規模によって平均給与は異なりますが、そこから住民税や所得税などを差し引いた手取り額の1/3以内を適正家賃と考えると、都内勤務20代後半は6.9万円、都内勤務30代前半は8.5万円です。

 

出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」 ※10名以上の企業対象 ※数値は所定内給与額 ※単位は万円
[図表2]20代後半、30代前半の平均月給 出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」
※10名以上の企業対象
※数値は所定内給与額
※単位は万円

 

会社員の適正家賃からみてみると、「神楽坂」周辺は、会社員にはハードルの高いエリアだといえます。大手ポータルサイトで検索すると、適正家賃内で複数の物件を見つけることができますが、築年数50年以上、専有面積15㎡以下など、住む人を選ぶものです。「神楽坂に住むこと」を最優先し、物件にこだわりがないのであれば、一般の会社員でも居住を考えることはできます。

 

次に交通の利便性をみてみましょう。東京メトロ東西線利用で「大手町」9分、山手線と接続する「高田馬場」4分。さらに前述の通り、居住エリアにもよりますが、神楽坂は徒歩で複数駅が利用できるエリア。大江戸線「牛込神楽坂」駅利用で「新宿西口」15分、「汐留」30分、有楽町線「江戸川橋」駅利用で「有楽町」12分と、都心のあらゆるところに、なんなくアクセスすることができます(所要時間は「神楽坂」「牛込神楽坂」「江戸川橋」を平日8時に出発した場合の目安)。

 

生活の利便性をみてみましょう。「神楽坂」駅近くには「KIMURAYA」と「よしや」2つのスーパーがあります。「KIMURAYA」の営業は24時までと、帰りが遅い日でも立ち寄ることができそうです。また駅から早稲田方面に歩いて6分ほどのところには「業務スーパー」も。「牛込神楽坂」には「まいばすけっと」があり、徒歩圏内の「飯田橋」駅周辺にも複数のスーパーがあります。商店街には大手ドラッグストアチェーンもあるので、最寄り品の購入で困ることはないでしょう。

 

「神楽坂」は飲食スポットも豊富です。商店街にはファストフードやファミリーレストラン、牛丼店などお馴染みの飲食チェーン店も多く、外食派の単身者でも困ることはありません。また神楽坂にしかない個店も多く、普段づかいできるリーズナブルな店も。常連の店をつくる楽しみが「神楽坂」にはあります。

 

日本情緒が残る閑静な住宅街と、都心の利便性が両立する「神楽坂」。憧れの街として名前があがる街ですが、実際に住むとなると、さすがに家賃は高水準。一般の会社員には高すぎるハードルです。しかし「古くて狭い」が気にならない人は、この街も選択肢のひとつに入れることができます。住まいへの快適性を街そのものに求めれば、「神楽坂に住む」というステータスを手に入れることができるのです。

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧