「学芸大学」駅は、20代会社員の居住を拒む街だった!?

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身の会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、東急東横線「学芸大学」駅。

商店街が充実した人情味あふれる街だが、家賃相場は…

「学芸大学」駅は、東急東横線「渋谷」駅から4駅目の急行停車駅です。1日の平均乗降客数は8万人弱。以前は目黒区役所の最寄り駅でしたが、2000年代初頭に「中目黒」駅近くに移転してため、乗降客数は減少傾向にありましたが、近年は再び増加傾向にあります。

 

「碑文谷」駅として開業したのち、「青山師範」駅、「第一師範」駅と改称を続け、1952年に現在の駅名になりました。よく知られたことですが、「学芸大学」駅は東京学芸大学の最寄り駅ではありません。現在は付属高等学校が残るのみで、大学自体は196年に小金井市に移転してしまいました。何度か改名の議論があがりましたが、住民アンケートで過半数が現状の駅名を支持したため、「学芸大学」の名称が使われ続けています。

 

「学芸大学」周辺は、商店街が充実していることで知られています。駅の東口に伸びるのが「学芸大学東口商店街」。車がひとつ通れるくらいの300mほどの道に、飲食店や物販店など、多彩な店が並んでいます。個人店や地元密着型の店舗が多い印象で、路地にもおしゃれな飲食店を見つけることができます。また東口を出て南側、住宅地に広がる「碑文谷公園」には、「こども動物ひろば」があり、ポニーに乗れる公園として家族連れに人気です。

 

一方、西口に伸びるのが「学芸大学西口商店街」。東口同様、車ひとつ通れるくらいの通りに、多彩な店が並んでいます。東口の商店街比べると、チェーン店や有名店が多い印象です。さらに目黒通りまで出ると、おしゃれなインテリア関連のショップが目立つエリアに。雑誌などのメディアでも度々紹介されることがあり、インテリア好きが多く集まるため、「学芸大学=オシャレな街」というイメージが定着したのでしょう。

 

しかし、東口、西口、どちらの商店街もおしゃれながらも下町情緒を感じさせるアットホームな雰囲気。商店街には600以上の店舗が集まり、価格もリーズナブルなお店が中心です。日常使いできる馴染みの店をつくる楽しみが、「学芸大学」にはあります。

 

「学芸大学」駅前の商店街
「学芸大学」駅前の商店街

 

このような「学芸大学」駅周辺の居住性をみていきましょう。まずは駅周辺の家賃相場です。駅から徒歩10分圏内の1Kの平均家賃は8.08万円、11分を超えると、9.18万円という水準です(図表1)。駅チカのエリアには、築年数の古い単身者向け物件が多く残るのに対し、駅から離れた大通り沿いには築年数の浅い物件が豊富です。そのため駅から離れたほうが家賃相場が高くなるという逆転現象が起きているようです。

 

出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会調べ(4月15日時点) ※単位は万円
[図表1]「学芸大学」駅周辺の平均家賃 出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会調べ(4月15日時点)
※単位は万円

 

厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」によると、都内勤務の男性会社員の平均月給は、25~29歳で27.5万円、30~34歳で34.1万円です(図表2)。企業規模によって平均給与は異なりますが、そこから住民税や所得税などを差し引いた手取り額の1/3以内を適正家賃と考えると、都内勤務20代後半は6.9万円、都内勤務30代前半は8.5万円です。

 

出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」 ※10名以上の企業対象 ※数値は所定内給与額 ※単位は万円
[図表2]20代後半、30代前半の平均月給 出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」
※10名以上の企業対象
※数値は所定内給与額
※単位は万円

 

東急東横線は、沿線の家賃相場が高いことで有名な路線です。「学芸大学」も同様で、20代の会社員には手が届くことなく、30代の中堅会社員であればやっと手が届くかどうか、ギリギリの街だといえそうです。

街の魅力を満喫するなら個店にチャレンジ

次に交通の利便性をみてみましょう。「学芸大学」駅は、東急東横線で「渋谷」駅まで10分。東急東横線は東京メトロ副都心線に乗り入れているので、ダイレクトに「新宿三丁目」や「池袋」までアクセスが可能です。

 

さらに「中目黒」駅では降りたホームの反対側で東京メトロ日比谷線に乗り換え、「六本木」(16分)や「日比谷」(25分)など都心方面へアクセスできます(所要時間は平日8時に「学芸大学」を出発した場合の目安)。平日の通勤時間帯には3~4分ごとに電車が出発し、電車を待つストレスはほぼありません。

 

一方で東急東横線の混雑率はデータ上は170%弱。都内近郊の路線の中では高くはありませんが、主要駅のみに停まる速達電車の混雑率は、駅員に押してもらわないと乗れないほどです。

 

次に生活利便性をみていきましょう。「学芸大学」駅周辺は、前述の通り、商店街が充実し、600以上の店舗が集積しています。駅徒歩5分圏にスーパーが4軒、大手ドラッグストアチェン店も5軒あり、買い物に困ることはありません。また駅前の「東急ストア」は夜1時まで営業しているので、帰りが深夜になった際も便利です。ただしスーパーの規模は小さめなので、こだわりのものを買うには、近隣の駅に出かけないといけないでしょう。

 

また飲食店も充実し、種類も豊富。しかし単身者でも入りやすいチェーン店よりも地元密着型の個店や女性客の多いカフェが多いのが「学芸大学」の特徴です。エリアの魅力を最大限に楽しみたいなら、そのようなお店からお気に入りを見つけたいところです。

 

オシャレなイメージが強い「学芸大学」ですが、実際は商店街が充実し、下町情緒を感じさせる街です。地元密着型の店も多く、物価もリーズナブル。とても暮らしやすい環境です。しかし家賃相場は高水準で、街の雰囲気とは大きなギャップがみられます。家賃の問題だけクリアできれば、人情味あふれる快適な暮らしがかなう街だといえるでしょう。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧