京急本線「立会川」駅…坂本龍馬を推しまくる街の住み心地は?

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身の会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、京急本線「立会川」駅。

「坂本龍馬」縁の街…家賃水準は会社員の適正以上

「立会川」駅は東京都品川区にある、京急本線「品川」駅から5駅目の急行停車駅です。1日の平均乗降客数は2万人弱ほどです。

 

名前の由来となっている立会川は、目黒区~品川区を流れ東京湾へと注ぐ二級河川。大部分が暗渠となっていますが、「立会川」周辺では姿を現します。

 

また「立会川」駅の周辺は、坂本龍馬に縁の深い地として知られています。駅東側、品川区立北浜川児童遊園には龍馬のブロンズ像が立っています。もともとこの辺りには、土佐藩の鮫洲抱屋敷があり、敷地内に浜川砲台が築かれました。坂本龍馬も、この地で守備についたとされているのです。この龍馬、20歳のころの姿を再現し、よく知られたブーツではなく草履を履いている、全国的にも珍しいブロンズ像です。

 

 

------------------------------------------------------------------------
[PR]資産形成の最適解「新築アパート経営」の特集を読む
入居率99%をずっと続ける!人生100年時代の「新築アパート経営」

------------------------------------------------------------------------

 

 

そんな「立会川」は、商店街も坂本龍馬をおしています。龍馬像を中心に、約40店舗からなる商店街「立会川駅前通り繁栄会」では、龍馬ラーメンや砲台そばなど、龍馬にちなんだ商品を見つけることができます。またマスコットキャラクターは「りょうまくん」と、東京では数少ない龍馬と縁の深い商店街として、街をあげて活動をしています。そのため、全国から龍馬ファンがちらほら。最近は外国人観光客の姿をみることも多くなったといいます。

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]不動産投資、いきなり始めるのはあまりに危険!
年収500万円会社員向け、不動産投資を始める前に受けるべき相談会 詳細はこちら>>>
年収800万円会社員向け、不動産投資を始める前に受けるべき相談会 詳細はこちら>>>

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧