20万円超の「家賃滞納」で強制執行、父が急死して息子は…

高齢者の「家賃滞納」問題。法律に基づき退去させることも可能だが、財産の少ない高齢者への強制執行に、苦しむオーナーも少なくない。そこで本連載では、章(あや)司法書士事務所代表・太田垣章子氏の書籍『老後に住める家がない!』(ポプラ社)より、高齢者の賃貸トラブルの実例を挙げ、その実態に迫っていく。

成人した息子との2人暮らし…約8万円の家賃を滞納

◆「賃借人が亡くなりました」

 

69歳のお父さんと、まだ20代の息子さんとの二人住まいでした。もともとは奥さんも含めての三人家族でしたが、離婚して二人での生活になったようです。

 

お父さんの日下博さんは、ご自身で内装業を営んでいます。そのため道具がいっぱい積まれた車のために、駐車場も借りています。20代の徹さんは運転免許を持っていないのでしょうか。車を動かしている姿は、見たことがありません。内装業に興味を持てなかったのか、徹さんは家業を継がず、駅前の飲食店でアルバイトをしていました。

 

博さんは、穏やかで口数は少なく、いつも下を向いて歩いて元気がありません。

 

「なんだか体調が悪くてね」

 

夏の盛りにばったり出会った家主が声をかけると、弱々しい声が返ってきました。

 

自営業は、体調の悪さがすぐに家計に響きます。博さんの家賃の支払いが、少し遅れるようになってきました。払ったり払われなかったり。8万ちょっとの支払いが、分割で払われることもありました。博さんの売り上げと、徹さんの収入を合算すれば、親子二人が払っていけない金額ではありません。

 

家主は何度か督促に行きましたが、いつも二人に会えません。呼び鈴を鳴らしても、反応がないのです。仕方なく督促状をドアに挟みこむのですが、連絡が来ることはありませんでした。

 

秋口になると、博さんの車が動かない日が多くなりました。そして同時に、家賃も全く払われなくなっていったのです。ついに滞納額は20万円を超えるようになりました。博さんは体調を崩して、家で横になっているのでしょうか。車は薄(うっす)ら埃を纏(まと)うようになりました。

 

家主は家賃よりも博さんの体調が気になって、何とか息子の徹さんと連絡をとろうとアルバイト先の飲食店に行ってみました。しかし残念ながら、徹さんはすでに退職済み。どこか別のところで働き始めたのでしょうか。ますますこの親子が気になりますが、連絡が取れないために前に進めない日が続きました。

 

次ページは:「今朝だって話していたんです」父の急死に息子は…

章(あや)司法書士事務所代表
司法書士 

章(あや)司法書士事務所代表。司法書士。

神戸海星女子学院卒業後、プロ野球のオリックス・ブルーウェーブ球団で広報として3年半勤務したのち、平成13年司法書士試験に合格。
平成14年から家主側の訴訟代理人として、延べ2300件以上の悪質賃借人追い出しの訴訟手続きを受託してきた、賃貸トラブル解決のパイオニア的存在。トラブル解決の際は、常に現場へ足を運び、訴訟と並行して悪質賃借人と向き合ってきた。その徹底した現場主義から、多くの大家さんの信頼を得る。

また、「全国賃貸住宅新聞」には12年間連載をし、現在は健美家をはじめ、月3本の連載を抱える。他にも三井不動産をはじめ、各ハウスメーカーが発行する大家さん向け会報誌に、相続問題や賃貸トラブルの解決・予防に関する記事を年間20本以上寄稿。

さらに、年間60回以上、計600回以上にわたって、5万人以上の大家さんおよび不動産管理会社の方向けに「賃貸トラブル対策」に関する講演も行なう。現場を知り尽くす司法書士ならではの臨場感のある事例と実践的なノウハウを公開する講演は、受講者の心をつかみ、常に満席、立ち見が出るほどの人気がある。

【章(あや)司法書士事務所】http://www.ohtagaki.jp/
【あやちゃん先生のひとり言】https://ameblo.jp/ohtagaki/

著者紹介

連載老後に住める家がない!明日は我が身の「漂流老人」問題

老後に住める家がない!

老後に住める家がない!

太田垣 章子

ポプラ社

今すぐ、「住活」を始めなさい!「住活」とは、自分のライフプランに合った「終の棲家」を得ることです。60代以降の自分の収入を確認して、最期まで払っていける家賃に合う住居を決めるのです。そのためには、さまざまな「断捨…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧