在宅介護はいたしません…認知症が家を「悲劇の温床」に変えた

多くの中高年が直面する「親の介護」問題。老人ホームへの入居に抵抗を持つ人も多く、「親の面倒は子どもが見るべき」と親族一同考えがちだ。しかし、フリーライターの吉田潮氏は、著書『親の介護をしないとダメですか?』(KKベストセラーズ)にて、「私は在宅介護をしません。一切いたしません」と断言する。親孝行か、自己犠牲か。本連載では、吉田氏の介護録を追い、親の介護とどう向き合っていくべきか、語っていく。

認知症が進行した父、甲斐甲斐しく世話する母

 

 

ボケたのをいいことに、父のプライベートをさらけ出して銭に替える鬼畜の所業。それが私の生業である。父が憎いワケではない。むしろ好きだ。尊敬もしてきた。でも自宅介護はしない。テレビドラマ『ドクターX』(テレビ朝日)の米倉涼子ではないが「一切いたしません」。介護はプロに任せるほうが父も快適だと思うから。

 

そこに立ちはだかったのは、母の「昔気質(かたぎ)の面倒見のよさ」だ。父の粗相は増え、日常生活でできることがどんどんなくなっていく。自力でやらせればいいことも、母が先回りしてやってしまうのだ。食べ終わった後の皿くらい自分で下げさせればいいのに、母がさっさと片付ける。尿で濡れたズボンは手取り足取り着替えさせ、靴下までも履かせてやる。風呂では尻の穴まで洗ってやる。

 

母いわく、「お風呂もザブンと入るだけで、お尻にウンコつけてカピカピのまま出てくるのよ!」だそう。洗うという概念が抜け落ちてしまったのか。

 

しかし、昭和初期生まれの女はこれだから厄介。いや、諸悪の根源は昭和初期男だな。モーレツに働く代わりに、上げ膳据え膳で生きてきた甘えん坊将軍め。メシフロネル族の男は要注意だ。

 

ソファーにだらしなく腰かけ、日がな一日テレビを観るだけの父。ろくに運動もせず、3食&おやつに昼寝つき。父の腹部は「不思議の国のアリス」に出てくるハンプティ・ダンプティのように膨れ上がり、体重は85㎏を超えた。身長は174㎝とあの年代の中では高いほうではあるが、いくらなんでも腹が出過ぎだ。運動不足で手足の筋肉は衰えて細くなり、棒のように萎(な)え、しかもむくみ始めている。

ライター/絵描き 

1972年生まれ。おひつじ座のB型。千葉県船橋市出身。姉はイラストレーターの地獄カレー。

法政大学法学部政治学科卒業後、編集プロダクション勤務を経て、2001年よりフリーランスに。医療、健康、下ネタ、テレビ、社会全般など幅広く執筆。『週刊フジテレビ批評』、『Live News it!』(ともにフジテレビ)のコメンテーターなどもたまに務める。

2010年4月より『週刊新潮』にて「TVふうーん録」の連載開始。
2016年9月より『東京新聞』放送芸能欄のコラム「風向計」を連載中。
著書に『幸せな離婚』(生活文化出版)、『TV大人の視聴』(講談社)、
『産まないことは「逃げ」ですか?』(KKベストセラーズ)、『くさらない「イケメン」図鑑』(河出書房新社)ほか多数。

公式サイト:『吉田潮.com』http://yoshida-ushio.com/
公式ツイッター:吉田潮 (@yoshidaushio) Твиттер - Twitter

著者紹介

連載親の介護をしないとダメですか?~父と私の介護録

親の介護をしないとダメですか?

親の介護をしないとダメですか?

吉田 潮

KKベストセラーズ

多くの中高年が直面する「親の介護」問題。『週刊新潮』の「TVふうーん録」コラムニストで、フジテレビ「Live News it!」コメンテーターの吉田潮さんが、自分の父が「認知症」となった体験をもとに、本音を書き下ろしました。 …

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧