子どものやる気を育てる「最高の褒め方」とは?

子どもは本来、学ぶことが大好きです。好奇心旺盛な幼児期に、適切な教育を受けさせることが重要となります。本連載では、25年前から幼児教育に取り組んでいる株式会社コペル・代表取締役の大坪信之氏が、子どもに「学ぶことの楽しさ」を教える方法を解説します。本記事では、子どものやる気を育てる褒め方について見ていきます。

「子どもの心に届く褒め方」とは?

人間は、褒められたり、達成感を感じたりすると、ドーパミンのようなプラスのホルモンが出ます。

 

やる気というのは、もう一度あの喜びを味わいたいと感じるサイクルである「強化学習」というメカニズムが働いて、意欲がわいてくるということが、脳の学びを考える上で、一番大事なことです。

 

たとえば、「勉強をする」→「褒められる」→「ドーパミンが出る」というサイクルがあったとします。そうすると、「勉強をする」という意欲が強化されます。これを継続させることで、もっとドーパミンを得るために勉強を行うということが、強化されていきます。

 

褒められると勉強意欲が強化される?
褒められると勉強意欲が強化される?

 

皆さんにも、得意・不得意があると思います。ですが、得意・不得意というのは、生まれつきのものではありませんし、その人の性格と関係していることでもありません。たまたま「強化学習」のサイクルが回っておらず、苦手となってしまっているだけなのです。

叱ることは「次に褒める」ための準備であるべき

「強化学習」のサイクルの回し方には、いくつかポイントがあります。

 

子どもにとって、人に褒められるということは、大変大きなドーパミンを出すきっかけになりますので、褒めて育ててあげてください。もちろん、叱ったり、注意したりすることも大事です。ですが、99回叱ったら、それは100回目に褒めるときのための準備だと思ってください。

 

褒めることでしか、脳の学習は完結しません。99回叱っていても、最後の1を褒めてあげなければ、その子はいじけるだけです。

 

では、褒めるときに大事なこととは、どのようなポイントでしょうか?

 

①良いことをしたらすぐに褒める

 

まず1つめは、よいことをしたら即座に褒めるということです。褒めてあげると、子どもの脳のなかでドーパミンが出ますが、出るタイミングがずれてしまうと効果がありません。

 

いつも子どもの様子を見ていないと、いいタイミングで褒めてあげることができません。常に子どもの様子を見ていることが大事です。

 

②「わたしメッセージ」で心に届く褒め方になる

 

2つめのポイントは、心理学で「わたしメッセージ」と呼ばれている表現方法を活用することです。

 

「わたしメッセージ」とは、「わたし」が主語の表現で「お母さんはこう感じたよ」という純粋な第一感情である本当の気持ちを、そのまま飾らずにストレートに伝える表現方法です。その反対は、「○○ちゃんはどうだ」という、「あなたメッセージ」と呼ばれるものです。

 

たとえば、次のあなたメッセージを、わたしメッセージに変えるだけで、子どもの心に届く褒め言葉となります。

 

「○○ちゃん、お手伝いできてえらいね」

→「○○ちゃんがお手伝いしてくれたから、お母さんとっても助かったわ。ありがとう!」

 

「○○くん、この絵上手に書けてるね」

→「○○くんが描いたこの絵は、木の幹や枝のところがとても細かく描けてるね! お母さんは、この絵がとっても好きだな」

 

「100点とったの? よくやったね」

→「毎日ちゃんと勉強していたから100点がとれたんだね! お母さんは○○ちゃんが、それだけ努力したことが嬉しいな」

 

子どもは、いつでも親に喜んでほしい、助けてあげたい、役に立ちたいと思っています。 その気持ちに応える、わたしメッセージを伝えてあげることで、子どもは「自分は役に立つ存在なんだ」という自信を持つことができます。そうすることで、心からやりたいと思える自発的、自律的な行動が促され、やる気を育てていくことでしょう。

 

株式会社コペル 代表取締役
福岡大学 人間関係論 非常勤講師
一般社団法人徳育学会 会長
日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー 

1963年、福岡県生まれ。
日本アイ・ビー・エム株式会社を経て、現在、子どもの瞳を輝かせ続ける徳育教室コペルの代表として心の教育を志し、様々な研究に取り組み続けている。
全国各地で、子育てセミナーや子どもの潜在能力を引き出すための講演活動を通じて、たくさんの親子にアドバイスを行う。
良好な親子関係を構築するファミリーダイアログなど、多様なオリジナルプログラムを開発実施して活躍している。
著書に『偉人を育てた母の言葉』(致知出版社)、『あなたの言葉で子どもは育つ』(プレジデント社)、『きみの可能性は無限大』(少年写真新聞社)がある。

著者紹介

連載子どもの可能性は無限大!幼児教育のプロが教える「育脳」の進め方

本連載は、株式会社コペルが運営するウェブサイト「コペル」の記事を転載・再編集したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧