弁護士の試算では「相続税1億円」が…4千万円超の節税に成功

相続する財産に土地が含まれる場合、その評価が節税対策で重要になってきます。不動産鑑定評価をしたり、土地を売却し時価申告したりすることで、大幅な節税が実現できます。本記事では、相続対策専門士が、相続する財産に土地が多く含まれていた会社役員と主婦が多額の節税を実現したケースについて、具体的な数字を取上げながら紹介します。

不動産鑑定評価で評価減を実現、「納税猶予」で節税

依頼者:節税ができていなかった山崎さん(50代男性・会社役員)

節税額:4680万円

 

 

 

 相続人 「土地の評価を減らしたい」

 

山崎さんきょうだいは知り合いの弁護士に相続の手続きをお願いしましたが、相続税は1億円払うことになるといわれたそうです。そこで、弁護士が試算した書類を確認したところ、土地評価などに間違いがあり、節税もできていない状況でした。最終的にはきょうだいで話し合った結果、最初の弁護士を断ることに決めました。

 

父親の財産は、その大部分を占める土地の評価がポイントになります。姉2人は嫁いでおり、不動産は長男の山崎さんが相続するということで、遺産分割協議も問題がなさそうです。

 

しかし、現金はほとんど残っていないため、財産の分割と相続税の納税資金をどうやって捻出するかが一番の課題でした。

 

 相続コーディネーター 「不動産鑑定評価をして評価を減らす」

 

土地1カ所は地積規模の大きな宅地の評価を適用できると判断しました。市街化調整区域の山林は一部駐車場にしているため雑種地評価の7000万円となり、7件の貸家が立っている一団の土地も路線価での評価は5354万円ですが、建物は築30年以上経過し、収益性も悪いため、その評価に値しないと判断しました。そこで2カ所の土地については、不動産鑑定評価で、評価を減らすことにしました。

 

●申告までに土地を売却して納税

 

納税用の売却地は、駐車場にしている1500㎡の土地と決め、相続する割合で長女20%、次女20%、山崎さん60%の共有としました。幸い申告までに売却が完了し、納税できました。売却地以外の不動産を相続しない姉2人には山崎さんが代償金を払うことで分割のバランスを取りましたので、取得割合の差で代償金を捻出するようにしました。また、相続税分が取得原価になるため、譲渡税の節税にもなっています。

 

さらに、農地は山崎さんが、今後も農地を耕作していくとのことでしたので、納税猶予を受けて節税しました。

 

 

不要な不動産を売却、売買代金を「時価」として申告

依頼者:不動産を処分し、申告した小林さん(40代女性・主婦)

節税額:3099万円

 

 

 

 相続人 「遊ばせている不動産をなんとかしたい」

 

小林さんの父親は商社マンとして海外赴任などもこなして活躍したあと、30代で輸入代理店を創業し、経営してきました。父親が陣頭指揮を執っていた時代は、日本の高度成長期。会社の業績も好調で、多くの社員を採用して中堅の会社に成長しました。

 

父親とすれば自分の創業した会社を子どもに引き継がせたいという希望があったようですが、2人の娘にその意思がないため、父親は65歳になったときに全株式を第三者に譲渡してリタイアしました。

 

会社の余力がある間にと決断したようで、退職金と株式の譲渡代金で億単位の収入を得たのです。このような形で、会社のメリットを子どもに残してやりたいと考えたようです。

 

父親は海の近くに土地を購入し、別荘を建築し、内装や家具に相当なお金を費やしました。小林さん姉妹も子どもの頃は家族4人でよく別荘に出かけましたが、姉妹が嫁ぎ、母親が亡くなってからは父親も利用する機会がほとんどなくなったようです。

 

今となれば、建物が広すぎて使い勝手が悪いことや、山の中腹にある不便な土地のため、維持できないと考えています。また、その他にも購入しただけで活用していない土地などもあり、これらをなんとかしたいと考えました。

 

 相続コーディネーター 「売却時の時価申告で節税につなげる」

 

別荘は持っていること自体が負担になるため、売却を決意。評価は倍率地域で固定資産税評価の1倍となり、土地と建物を合わせると3150万円です。しかし、現実はその金額では売れず、2400万円で売却しました。また、未利用の土地も売却し、評価が1600万円のところ、1050万円となりました。

 

この2つの不動産は、倍率や路線価評価ではなく、売買代金を「時価」として、申告をしました。別荘で750万円、未利用地で550万円の評価減となり、相続税の節税になりました。評価以下になる場合は、早めに売却をして「時価」を出すことで節税になります。

 

 

 

 

曽根 惠子

株式会社夢相続代表取締役

公認不動産コンサルティングマスター 
相続対策専門士

株式会社夢相続代表取締役 公認不動産コンサルティングマスター 
相続対策専門士

京都府立大学女子短期大学卒。PHP研究所勤務後、1987年に不動産コンサルティング会社を創業。土地活用提案、賃貸管理業務を行う中で相続対策事業を開始。2001年に相続対策の専門会社として夢相続を分社。相続実務士の創始者として1万4400件の相続相談に対処。弁護士、税理士、司法書士、不動産鑑定士など相続に関わる専門家と提携し、感情面、経済面、収益面に配慮した「オーダーメード相続」を提案、サポートしている。著書50冊累計38万部、TV・ラジオ102回、新聞・雑誌420回、セミナー500回を数える。近著に『いちばんわかりやすい 相続・贈与の本'18~'19年版』(成美堂出版)、『増補改訂版 図説 大切な人が亡くなったあとの届け出・手続き』(宝島社)ほか多数。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

図解でわかる 相続発生後でも間に合う 完全節税マニュアル 改訂新版

図解でわかる 相続発生後でも間に合う 完全節税マニュアル 改訂新版

曽根 惠子

幻冬舎メディアコンサルティング

「評価を下げる+納税を減らす」「節税の実績を持つ専門家を選ぶ」で相続税は節税できる! 平成27年の相続税の改正から、基礎控除の引き下げなどがあり、今までに増して相続対策が必要な時代になります。本書は、「亡くなっ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧