地方の病院が危ない…「薬の処方の現場」から薬剤師が警告

インターネットや書籍で得た知識によって、自身の健康管理をする人が増えました。このまま情報化が進めば、「医師や薬剤師の仕事はAIに取って代わられる」という言説すら囁かれていますが、その一方で、実際の地域医療の現場では、「人手不足」問題が深刻化しています。そこで本記事では、公益財団法人仙台市医療センター仙台オープン病院で薬剤師として勤務する橋本貴尚氏が、地域医療の現状について解説します。

自前で購入した書籍の情報を信じて薬を飲まない男性

地域医療の現場では、情報化や人手不足を原因とする諸問題が発生しています。そこで本記事では、これらの問題について「患者さんに薬を処方する薬剤師」という立場から考察していきます。

 

◆事例1

 

自前で『今日の治療薬2019』(株式会社南江堂)を買い、薬剤情報提供文書(以下、薬情)に書き込む男性患者(60代)。

 

筆者の働く病院は、仙台市の二次救急を担っており、救急外来には患者さんの直接受診のほか、地域の開業医や仙台市急患センターからの紹介を受け付けています。

 

筆者が夜勤中、「患者さんが薬のことで相談がある」と看護師から電話が来たので、伺いました。見せてもらった薬情には、鉛筆で「これは糖尿病の薬です」、「◯◯に注意してください」などと余白を埋め尽くすくらいびっちりと書いてありました。

 

患者さんは、「このアムロジピンという薬は横紋筋融解症がでる薬らしい。だから飲んでいない」と話します。筆者が「インターネットの情報などは、信頼できないものも多いですよ」と返すと、患者さんは「『今日の治療薬』を持っている」と答えました。

 

その場での推察ですが、患者さんのいう「アムロジピンの横紋筋融解症」は、「自発報告」であると考えられました。重篤副作用に分類されるものが「自発報告」された場合、それが1例であっても添付文書が改訂され、「重大な副作用」に掲載されます。アムロジピンの推定使用者数は数千万人いると思いますので、まず問題にならないだろうと考えられました。この旨を患者さんに伝えたところ、「医者も薬剤師も誰も教えてくれなかった。そういう話が聞きたかった」とおっしゃいました。

 

みなさん、薬情を真面目に見たことはありますか? これは筆者の私見ですが、薬情の記載の仕方は大きく2パターンにわけられます。

 

1つ目は、「説明漏れがあったら責任問題だ」ということで、びっちりと文章で埋め尽くされている場合。2つ目は「余計なことをいうと、患者さんが薬を飲まなくなるのではないか」と、空白が目立つ場合。今回の事例は後者のパターンでした。

人手もお金もない、でも患者さんの安全は守りたい

◆事例2

 

これは筆者が相談を受けた事例です。東北のある地域で、透析医療を行う医療機関に勤務する薬剤師からの相談でした。外来透析患者は600名弱、薬剤師の人数は2名です。

 

相談内容は、「透析患者さんに、薬剤アレルギーのある薬が処方された(院外処方)。さらに、調剤薬局にお薬手帳を持参されなかったため、確認されず服用に至ってしまった」ということでした。

 

さらに、対策を立てる際の条件として

 

●薬剤師が2名しかいないので、600名弱いる透析患者さんの院外処方には、まったく関与できない。

●電子カルテは導入されているが、禁忌薬処方時のアラート機能はない。お金もかけられないので、電子カルテ機能に依存しない対策を考えたい。

●お薬手帳を持参していなくても、調剤薬局で薬剤アレルギー情報をチェックしてもらえるようにしたい。

 

などの事項を挙げました。

 

簡単にいえば、「お薬手帳は使えない、電子カルテ機能も使えない、人手もかけられない。こうした状況だけど患者さんの医薬品安全は守りたい」という事例でした。みなさんならどう考えますか?

 

自分でいうのも変ですが、薬剤師の役割とは一体何でしょうか? 試しにGoogle検索をかけてみました。すると、ある行政機関の文書には、「薬剤師の主たる仕事は、薬剤の情報を提供することである」と書いてあり、ある薬剤師求人サイトには「患者さんはお薬手帳を持っており、もはや、自分の使っている薬の種類をいえるのが当たり前の時代である」と書いてありました。

 

しかしながら、先の2つの事例を見る限り、「地域で情報共有が進まない(できない)」やむを得ない事情というものが、地域医療には存在する可能性を考えました。もはや「薬剤の情報を提供する」だけ、「お薬手帳を渡す」だけでは、薬剤師としての責任はまっとうできません。何か別の視点で考える必要があると筆者は感じています。

 

筆者1人で思索することに限界を覚えましたので、いろんな立場の薬剤師の思いを聞いてみたいと考えています。

 

 

橋本 貴尚

公益財団法人仙台市医療センター仙台オープン病院薬剤部 薬剤師

 

日本医療薬学会認定指導薬剤師
アメリカ心臓協会BLSインストラクター
日本臨床薬剤師シミュレーション教育研究会世話人

2007年3月 東北大学薬学部総合薬学科卒業
2012年3月 同薬学研究科医療薬科学専攻修了、博士(薬学)
2009年4月~2012年3月 東北大学国際高等研究教育院博士研究教育院生(日本学術振興会特別研究員相当待遇)
2012年4月から現職
2016年4月~2017年3月 日本医薬品情報学会課題研究班代表
2016年7月~現在 日本病院薬剤師会医薬情報委員会・委員
2012年4月~現在 東北大学薬学部非常勤講師(心肺蘇生実習)

東日本大震災後の2011年4月に、宮城県南三陸町に災害医療ボランティアとして参加し、以降は情報発信を行ってきた。現在は、「現場の薬剤師全体のベースアップ」と「薬剤師の一層の地域貢献」をテーマに掲げ、薬剤師対象に研究ノウハウの提供や「論文を読む会」の開催、学会発表などのサポートを行っている。2019年4月から仙台市薬剤師会認知症対策ワーキンググループのメンバーとなり、仙台市民向け健康フェアに健康相談員として参加している。薬学教育に関しては、大学で心肺蘇生を学生に教えている他、大学に出張講演に出向いたり、講義スライドを大学教員に提供し活用してもらっている。日本薬学生連盟東北支部の相談にも乗っている。専門:疫学・公衆衛生学、医薬品情報学、薬学教育。

著作物:「日本循環器学会/日本高血圧学会/日本心臓病学会編、災害時循環器疾患の予防・管理に関するガイドライン」(執筆協力員)他、総説文複数。
学会発表:国際薬学連合世界会議シンポジスト(2012年、アムステルダム)、第40回日本高血圧学会総会シンポジスト(2017年、愛媛)、他複数。

著者紹介

医療と社会の間に生じる諸問題をガバナンスという視点から研究し、その成果を社会に発信していく特定非営利活動法人「医療ガバナンス研究所」による学会。「官でない公」を体現する次世代の研究者の育成を目的とし、全国の医療従事者が会員として名を連ねている。

著者紹介

連載医療従事者が本音で語る「日本社会」の現状

本連載は、医療ガバナンス学会のメールマガジンを転載したものです。記載されているデータおよび各種制度の情報はいずれも執筆時点のものであり、今後変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧