新型コロナ「今後も収束することはない」と医師が主張するワケ

日本において政府や専門家会議が、国民にしっかりと説明していない「新型コロナウイルスの収束に関するリアル」を、わだ内科クリニックの和田眞紀夫医師が語った。※「医師×お金」の総特集。GGO For Doctorはコチラ

新型コロナとは、これからずっと共存していくしかない

新型コロナウイルスでまず大事なことは、このウイルスの「封じ込め」ができるかどうかということ。「封じ込め」とは人間社会から完全に追い出すことで、SARSやMERSでは「封じ込め」に成功した。でも今回の新型コロナウイルスに限っては「封じ込め」はできないというのが世界のコンセンサスだ。となるとインフルエンザのようにこれからずっと共存していくしかない。

 

ワクチンも治療法もない段階では、感染者の中の一定の割合の人が重症になり、一定の割合の人が亡くなる。重症化(中等症以上)するのは(感染した人の)2割ぐらいといわれており、亡くなるのは(感染した人の)1%ぐらいと思われるが、この割合が正しいかどうかは後になってもっとはっきりしてくるものと思われる。

 

欧米で当初報告された致死率は軒並み10~12%以上で低いと言われたドイツで3%(一方、日本の致死率は5月9日現在の統計から計算すると3.9%)だったが、最近の抗体検査では予想以上に無症状の感染者が多く(人口の4%ぐらい)致死率も0.2%ぐらいではないかとの予想もある。

 

仮に致死率が1%とした場合、1万人が感染したら2000人が重症化して100人が亡くなるということだ。1000万人が感染すれば200万人が重症化して10万人が亡くなり、さらに6000万人が感染したら1200万人が重症化して60万人が亡くなる計算になる。

 

また、1〜2年後に世界の6割の人が感染しているだろうということも世界のコンセンサスが得られている。そして集団免疫ができて、それから後は感染する人がほとんどいなくなるということだ。致死率に関しては治療法(抗ウイルス薬やワクチン)が開発されれば下げることが可能だが、一番大事なワクチンが全世界に普及するまでには2年近くかかると予想されているので、その2年間のあいだにはやはり1%近い人が亡くなることは避けられそうもない。

わだ内科クリニック 内科医

著者紹介

医療と社会の間に生じる諸問題をガバナンスという視点から研究し、その成果を社会に発信していく特定非営利活動法人「医療ガバナンス研究所」による学会。「官でない公」を体現する次世代の研究者の育成を目的とし、全国の医療従事者が会員として名を連ねている。

著者紹介

連載医療従事者が本音で語る「日本社会」の現状

本連載は、医療ガバナンス学会のメールマガジンを転載したものです。記載されているデータおよび各種制度の情報はいずれも執筆時点のものであり、今後変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧