知らないと負け組に⁉不動産業界を変える「AR・VR」の可能性

テクノロジーの発達は、様々な業界で大きな変化を与えてきました。それは不動産業界でも同じことがいえます。今回は、「AR」や「VR」の技術が、不動産業界にどのような影響を与えるのか考えていきます。

様々な分野で活用が進む「AR」と「VR」

昨今、テレビや新聞でも、「VR」や「AR」という言葉を、よく耳にするようになりました。きっと多くの方が、ITに関連したもので、エンターテインメントの分野で活用されている、というイメージを持っているのではないでしょうか。しかし、VRやARの活用は、IT業界に留まらず、さまざまな業界での活用が模索されています。不動産業界においても大きな影響を与える可能性があるため、高い注目を集めているのです。そのため、今後、不動産投資を行ううえでも、VRやARが何なのか、どのような活用が期待されているのか、動向を知っておくべきなのです。

 

ゴーグルをかけて仮想世界を体験
ゴーグルをかけて仮想世界を体験

 

そもそもVRとは英語のVirtual Reality(仮想現実)の略語です。ユーザーの五感を刺激することで、現実には存在しないものを、あたかも実在の物であるような体験をさせる技術です。特に最近はヘッドギア型のディスプレイの開発が盛んで、視覚(場合によってはプラス聴覚)に訴求して、あたかも現実の映像を見ているかのような体験をすることが可能になりました。

 

一方のARは、英語のAugmented Reality(拡張現実)の略語で、目の前の現実にコンピューターを使って、バーチャルな情報を追加・拡張する技術です。メガネタイプのディスプレイを装着して、現実を見ながら、そこにバーチャルな情報を重ねて認識するような、映画やアニメで見た世界をかなえるものです。最近では、「スマホAR」がよく知られています。目の前にある何もない空間をスマートフォンのカメラとディスプレイを通して見ると、その空間に、物や人間などが配置されたり、存在したりしているように見える、というサービスです。スマホゲームの「ポケモンGO」が大ヒットした背景には、AR技術の活用があったことは、よく知られています。

 

このようにARはエンターテイメントの分野で、特に開発が顕著ですが、応用範囲はそれだけではありません。VRでは、自分が実際に行かなくても、あたかも実際に現場にいるような体験ができます。また、ARでは、その場に存在しないものを、あたかも存在するかのように認識できるわけで、時間と費用をかけて現場に足を運んだり、物を準備したりしなくても、状況が再現できるのです。

不動産業界でのVRやARの利用は?

それでは、こうしたVRやARの技術が不動産の分野で、「どのように使われる可能性があるのか」を見ていきましょう。たとえば、自分が購入する物件や賃借する物件を決める際に、多くの人は内見をします。不動産サイトを閲覧して、物件の間取り図や写真を見ることは可能です。しかし、それだけでは情報不足で「買うかどうか」「住むかどうか」の決断をくだすのは難しいでしょう。

 

また、物件そのものの内見以外に最寄りの駅から物件までの道のりや、街の雰囲気なども確認したい重要事項です。実際に駅から現地までを歩いてみて、「危なそうなところがないか」「スーパーマーケットやクリーニング店があるか」など、確認したいことは山のようにあります。

 

しかし、遠方に引っ越すような場合、簡単に内見は行えません。仕事で忙しいときなど、内見時間を確保するのも大変でしょう。そうしたときの活用を期待されているのがVR技術です。駅から物件までの道のり、物件の室内などをVRで体験できれば、写真や動画で見るよりもはるかに臨場感をもって状況をつかむことができます。

 

また、AR技術は実際に内見したときに、その威力を発揮します。内見の際、大半が空き部屋であり、「家具を設置したらどうなるのか」など具体的な生活イメージが湧きません。そのため、入居後に後悔することも、しばしばあります。しかし、AR技術を活用すれば、部屋に家具を置いた場合のシミュレーションが簡単に行えるのです。

 

近い将来、不動産業界から「内見」という言葉が消えるかも!?
近い将来、不動産業界から「内見」という言葉が消えるかも!?

 

そう遠くない将来、人気の高い物件以外は、VRやARデータを用意しておかないと、賃貸市場で入居者を見つけられなくなるかもしれません。すでに、間取りのみならず、建物や部屋内部の詳細な写真や説明を掲載している物件ほど、賃貸情報サイトなどで閲覧される傾向があります。その延長線上として、VRやARを積極的に活用して情報提供をしている物件は多くの閲覧を獲得し、そうでない物件は、誰の目にも止まらなくなる……そのような未来が予測されます。

 

空室リスクは不動産投資における最大のリスクです。賃貸物件のオーナーは、入居者募集のために必要な最先端の技術や、その利用の状況について、最低限の動向は押さえておくようにしましょう。

 

リズム株式会社 マーケティング事業部

愛知県出身。大学時代にマーケティングや統計分析、経営論などを学び、卒業後大手食品メーカーに就職。2年間の企画提案営業経験を経てマーケティング部門に異動し、デザート商品の企画・ブランディング・販売促進業務を行う。知人の勧めで資産形成・不動産運用に興味を持つ。知識習得のためFP技能士2級と宅地建物取引士を取得したことをきっかけに「住」の世界の魅力に目覚め、リフォーム会社に転職。マーケティング経験を生かし、会社全体のブランディングを手がける。その後、自身が投資用不動産を購入、管理を任せていたリズム株式会社に入社。自身も投資用不動産各種セミナーの企画・集客をはじめとする投資部門のマーケティング全般を担いながら、資産コンサルタントとして活躍。

所有資格:宅地建物取引士・FP技能士2

著者紹介

連載資産コンサルタントが指南する「不動産投資&管理」ガイド

本連載は、リズム株式会社が発信する「不動産コラム」の記事を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧