オペレーティングリースQ&A⑩日本型オペレーティングリースでは、レッシー側にはどのようなメリットがあるのか?

日本型オペレーティングリースの仕組みやメリットについて詳しく検証している本連載。今回より、広義での「オペレーティングリース」を含めたオペレーティングリースの全体像の理解を深めるために、よくある疑問点についてQ&A方式で展開する。今回のテーマは「レッシー側のメリット」について。

Q12. 日本型オペレーティングリースでは、レッシー側(リースを受ける航空会社や海運会社など)にはどのようなメリットがあるのか?

A12.航空会社や海運会社が航空機、船舶などを調達する方法を大きく分けると、①自己保有(自己資金に加えて金融機関から資金を借りて購入)か、②リースを利用する、という2つがある(海運会社の場合は船主起用というかなり特徴的な調達方法もあるが)。

 

1件1件、多額の設備投資となるため、金融機関からの借り入れによって機材や船を調達し、路線や事業を拡大していくケースが多い。一方で、常にその他の手法による物件の確保も検討しており、そこで最近注目を集めているのが、日本型オペレーティングリースの活用である。

 

借り入れの場合、フルローンで機材や船を購入することは困難であり、融資限度額は購入代金の60~70%というのが一般的である。残りの30~40%については、航空会社や海運会社が自己資金を投入しなければならない。

 

[PR] 延べ2万人以上の企業オーナー・富裕層がセミナー参加
企業オーナー必見の「決算対策セミナー」多数開催! セミナー一覧(最新版)

 

その点、日本型オペレーティングリースであれば、自己資金部分が投資家からの出資金となるため、調達時にまとまった自己資金を必要としないのがレッシーにとっての大きなメリットである。しかも、場合によっては、コスト総額でも競争力があり、財務負担を軽減できるというメリットを感じるようである。

 

 

【参考】

オペレーティングリースとは?「日本型オペレーティングリース」の仕組み・使い方・メリット

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載航空機・船舶・コンテナなどのリースを活用した法人向け投資商品「日本型オペレーティングリース」の全容

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧