オペレーティングリースQ&A⑦日本型オペレーティングリースの市場規模は?

日本型オペレーティングリースの仕組みやメリットについて詳しく検証している本連載。今回より、広義での「オペレーティングリース」を含めたオペレーティングリースの全体像の理解を深めるために、よくある疑問点についてQ&A方式で展開する。今回のテーマは「日本型オペレーティングリースの市場規模」について。

  <4/22(木)・WEBセミナー&個別相談開催>
税務当局海外投資・資産の情報をどう収集しているのか?
口座情報交換制度を踏まえた「
海外活用」の進め方

>>詳細はコチラ<<

Q9. 日本型オペレーティングリースの市場規模は?

A9.矢野経済研究所の調査によると、2015年度の日本型オペレーティングリースの市場規模(投資家の出資金総額ベース)は3,116億円であった。商品分野別構成比は、航空機が72%、船舶が20%、コンテナが7%となっている。

 

日本型オペレーティングリースの市場規模は、2008年秋のリーマン・ショックの影響を受け、航空機メーカーや造船会社による供給減、投資家となる事業会社の経営環境の悪化による投資意欲の減退などによって2009年度まで減少した。

 

しかし、2010年度には投資家需要が戻り、市場規模は増加に転じた。2015年度の市場規模は2010年度(1,656億円)から9割近く拡大しており、足元は年間4,000億円前後に達しているものとみられる。

 

[PR] 随時、セミナー開催中!(LIVE配信)
一部の企業オーナーだけが実践している決算対策
「オペレーティングリース」投資の基礎講座


▼メールマガジンの登録受付中!
>>登録はこちらから

 

投資家の需要の高まりとともに、日本型オペレーティングリースの組成件数も2010年度の121件から2015年度には205件に急増した。

 

商品分野別の市場規模では、航空機の拡大が顕著である。2010年度に1,120億円だった航空機の市場規模は、2015年度には2倍強の2,253億円になった。これは、格安航空会社(LCC)を中心に海外で航空機需要が急拡大していることなどが背景にあると思われる。

 

なお、上記の市場規模は投資家の出資金総額ベースであり、これに金融機関からの借入金を合わせると、市場規模はさらに大きくなる。

 

通常、日本型オペレーティングリースでは、リース物件購入資金の2~3割を投資家からの出資金で、残りの7~8割を金融機関からの借り入れで賄う。借入比率が7割とした場合、購入物件価格ベースの市場規模は1兆円前後に上ることになる。
 

 

【参考】

オペレーティングリースとは?「日本型オペレーティングリース」の仕組み・使い方・メリット

 

 

 

【関連情報&イベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

認知症による金融資産凍結リスクを回避する信託とは?

 

【4/20開催】専門税理士が解説!相続と空き家問題対策

 

【4/20開催】太陽光発電」の2021年売買動向案件説明会

 

【4/20開催】会場限定保険を活用した資産移転の最新事例

 

【4/22開催】相続税の「払い過ぎ」を回避する不動産の評価術

 

【4/26開催】ハワイに精通した税理士が現地から「最新情報」をレポート

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載航空機・船舶・コンテナなどのリースを活用した法人向け投資商品「日本型オペレーティングリース」の全容

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧