100社100通りだが…経営指標から「会社の弱点」を知るには?

競争社会となり、帳簿さえ付けていればそれなりに経営が続けられた時代は終わりました。本記事は、そんな時代を生き抜くために重要な「会計」の基本知識について見ていきます。

経営戦略は決算書が読めないと立てられない

会計という言葉は「会社のことを計算する」から生まれました。会計の基本は、帳簿付けや簿記です。帳簿付けや簿記は法律や条例などで決められた制度や基準にもとづいて行われるため、専門的には「制度会計」と呼ばれます。「制度会計」に対して使われるのが、「管理会計」です(「経営会計」と呼ぶ専門家もいます)。

 

きちんと帳簿さえ付けていれば、それなりに経営が続けられた時代もありましたが、競争社会になった現代では、単純に帳簿を付けているだけでは生き残れません。帳簿の数字から“意味”を読み取り、「どうすれば経営が維持・発展できるか」を考えなくてはいけない時代になったのです。

 

経営者にとって管理会計は大事です。ただ、そのベースとなる制度会計が分かっていないと、そこから意味を読み取ることはできず、経営戦略を立てることもできません。そこで読者の皆さんには、帳簿つまり決算書が読めるようになっていただきたいと思います。

会計の絶対的ルールは「数量×単価=金額」

会計の基本は、「収入と支出」です。この差額が利益になります。商品やサービスを売って入ってくるお金が「収入」、商品やサービスを売るためにかかる費用が「支出」です。そして、収入から支出を差し引いた金額が利益です。収入より支出が少なければプラスの利益(黒字)になり、収入より支出が多ければマイナスの利益(赤字)になります。

 

さて、会計の考え方はとてもシンプルで簡単です。今月の売上がいくらか、かかった費用(経費)がいくらかなど、金額の裏には必ず「数量×単価=金額」という等式があります。100円の商品を50個売れば、売上は50個×100円で5000円。1つの商品を作るのにかかる経費(材料費や人件費など)が50円なら、50個作るのには、50個×50円で2500円。すると、利益は5000円−2500円で2500円となります。

 

利益を大きくするには、入金を多くするか、支出を少なくするしかありません。入金額を多くするには営業を頑張って50個より多く売るか、100円で売っていたものに付加価値を付けて100円より高く売ることになります。支出を少なくするには材料の仕入値や人件費などの単価を下げるか、あるいは、少ない材料や人員で同じ数量の商品を生産するかになります。

 

では、具体的な決算書の読み取りに話を進めましょう。

真下公認会計士事務所 所長

真下公認会計士事務所所長。公認会計士。税理士。埼玉県東松山市を基盤に、50年以上にわたって法人および個人の会計・税務業務に従事。現在も顧問先は500を超える。クライアントの永続発展を第一に、会計にとどまらず起業家支援やM&A業務、資産運用、経営革新支援など多岐にわたるノウハウで企業をサポートしている。埼玉県税理士会理事、公認会計士協会埼玉県会会長、日本公認会計士協会常務理事(6年)、日本公認会計士協会租税調査委員会委員長(3年)、日本公認会計士協会経営研究調査会委員長(3年)などを歴任。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

本記事は、2015年7月30日刊行の書籍『低成長時代を生き抜く中小企業経営9カ条』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

低成長時代を生き抜く 中小企業経営9カ条

低成長時代を生き抜く 中小企業経営9カ条

真下 和男

幻冬舎メディアコンサルティング

経済成長や景気回復が報じられ、企業の倒産件数も減少傾向にあると言われるその裏で、休廃業・解散に追いこまれる企業の数が高止まりしている事実が隠されています。休廃業・解散は、経済状況悪化による事業継続困難という意味…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧