利回り5%の「リート」が十分な利益を生み出せる理由

今回は、リートの利益構造について解説します。※本連載では、会計事務所ロイズ会計代表・税理士の石井彰男氏の著書『不動産投資のお金の残し方 裏教科書 税理士大家さんがコッソリ教える』(ぱる出版)より一部を抜粋し、儲かる「物件の選び方と節税方法」について解説します。

なぜ、リートは自己資金をほとんど使わないのか?

リートってご存知ですか?

 

不動産投資に興味のある人なら一度は耳にしたことがある言葉だと思います。

 

不動産を小口に分けて投資信託として投資できるようにした商品ですよね。

 

で、このリートなのですが、どういった物件を投資対象としているか知っていますか?

 

実は、リートは都心の一等地を中心として利回り5%前後の物件を主なターゲットとして購入しています。

 

そして、前回出てきた新築区分マンションは大抵が利回り5%前後となっています。

 

わたしは最低でも利回り10%はないと投資対象としていないのですが、なぜリートは利回り5%でも利益を出して、かつ投資家に配当を出せるのでしょうか?

 

不思議に思ったことはありませんか?あんなに大型の物件ばかり取得しているからでしょうか?

 

実は違うんです。

 

なぜ、リートが利回り5%でも十分な利益を出せているのかというと、

 

・自己資金がほとんど必要ない

 

・投資家たちの資金で回している

 

・借入金利が異常に低い

 

・銀行借入が元本据え置き型で、かつ期日一括返済

 

この4点があるため、同じ利回り5%でも十分な利益を出せているのです。

 

リートは投資金額の半分を投資家たちの資金で回しています。

 

そして、残りの半分を銀行からの借入でまかなっています。

 

この投資家たちから受け入れる資金と銀行借入の比率は各リートによって微妙に差がありますが、大まかに説明するとこのようになっています。

 

つまり、自己資金をほとんど使わずに物件を取得しているのです。

 

そして、銀行借入も投資金額の半分で済んでいるので、支払利息の負担が大幅に軽減されています。

 

しかも、金利が低いため、支払利息でいえば、わたしたち個人投資家と比べると約6分の1~7分の1の負担しかありません。

 

これはリートの損益計算書を見ればすぐにわかります。

 

加えて、リートは社債を発行していることもあり、その場合は金利負担がさらに軽減されます。

 

そして、銀行借入が元金据え置き型の期日一括返済ということなので、期日が来るまで(通常は3~5年)は金利だけを支払っていれば済むということになります。

 

期日が到来すれば、物件を売って返済し、また新たな物件を取得して借り直すのです。

 

しかも、リートは法人税が無税という特典があるのです。

 

実はリートは利益の90%以上を分配金に回すことにより、法人税が非課税となる法律があるのです。

 

こういうことを繰り返しながらリートは利益を生み出していきます。

 

わたしたち個人投資家とは、投資の土俵自体が違っているのがわかりますね。

新築区分マンションの利回りがマイナススタートの理由

一方、新築区分マンションを買う場合ですが、大抵の場合、利回りがマイナスからスタートすることになります。

 

通常ですと、毎月5000円~10000円くらいの手出しをして損失を埋めていくことになり、年間6万円~12万円のマイナスキャッシュフローとなります。

 

なぜ、マイナスキャッシュフローになるかというと、収益力が低いため銀行の返済分が家賃を上回っているのが主な原因です。それに加えて、建物管理費、固定資産税が加わり、さらにマイナスが大きくなることもあるでしょう。

 

新築区分マンションは、そもそも物件価格が高すぎて、その高すぎる物件価格を家賃でカバーできていないのです。

 

どうせ不動産を買うならプラスのキャッシュフローが出る物件を買わなければ意味がないと思うのはわたしだけでしょうか・・・新築区分マンションを売却しようとしても、通常は損切処分、運が良くて売却価格と合わせて収支トントンがいいところでしょう。

 

ですので、以上のようにリートが利益を出せているからといって、個人投資家が同じような利回りで物件を買っていくと最後にはひどい結末が待っていることになるので、絶対に真似をしてはいけませんね。

 

 

会計事務所ロイズ会計 代表
成功する大家さん塾 主宰
税理士大家さん

 

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

会計事務所ロイズ会計 代表
成功する大家さん塾 主宰
税理士大家さん

経営コンサルティング会社で働きながら不動産投資をはじめ、たった6年で、ゼロから年間キャッシュフロー2000万円を達成。不動産投資の開始当初、不動産に無知な近所の税理士に申告業務を頼んでしまい、多額の税金を支払うことになった苦い経験から、自分で税理士を取得した。業界では異色の経歴を持つ税理士大家。「大家さんで幸せに起業する」をモットーに自身でも不動産投資の塾を主宰。失敗しない物件選びの講座や、会計を学びキャッシュフローの増大を図る講座を開催しており、セミナー講師としても活躍中。15年間の大家さん経験と独自の節税手法、資産運用のプロとして、いかにキャッシュフローを増やすかという独自のノウハウは「これまでで一番実践的でわかりやすい」「こんな税理士さんにお会いできて良かった」と多くの大家さんから好評を得ている。

著者紹介

連載現役税理士大家が教える「手残り」大幅アップの㊙不動産投資術

不動産投資のお金の残し方 裏教科書 税理士大家さんがコッソリ教える

不動産投資のお金の残し方 裏教科書 税理士大家さんがコッソリ教える

石井 彰男

ぱる出版

本当の「節税」と儲かる「物件選び」で、新米大家でも家賃1億の大家より稼ぐ! 金取引を使った不動産「消費税還付」の裏テク収録!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧