▲トップへ戻る
無借金経営にダメ出し!? 「時代錯誤な税理士」が及ぼす悪影響

今回は、経営者に銀行融資を勧める、時代錯誤な税理士が及ぼす悪影響を見ていきます。※本連載では、現場での実務経験豊富な経営コンサルタントである著者が、銀行交渉の成功事例、融資を受けるために知っておきたい銀行の内部事情などを紹介します。

銀行を取り巻く今の環境を知らない税理士

税理士が書いている書籍や、顧問先での税理士によるアドバイスを聞いていると、「その税理士は、銀行に対する認識を誤っている!」ということが、よくあります。

 

【誤り①】無借金にしないほうがよい

 

貸借対照表を拝見すると、左側に現預金がたっぷりあるのに、右側にほんのわずかな借入金が残っている場合があります。そんなときは、

 

「これだけ現金があるんだから、借入金なんて残さずに、全部返済したらいいじゃないですか!」

 

と言います。借りる必要がないのに、借りているのです。

 

すると、経営者がこういうのです。

 

「税理士から、無借金にしたら次に借りたいときに借りれない、だから、無借金にしないほうがよい、と言われました。」

 

「え!?それっていったい、いつの時代の話しをしているんですか!」

 

と叫んでしまうのです。

 

銀行を取り巻く今の環境を、税理士がいかに知らないか、ということを思い知らされる瞬間です。

 

銀行は相手先が無借金なら、なおのこと貸したいのです。無借金ということは、強い返済能力を維持しているのです。銀行にとっては、不良債権化するリスクがほぼ、ないのです。

 

リスクが低いほど、銀行は、貸倒引当金を積む額が小さくなります。銀行は、貸倒引当金をできるだけ積まなくてもよい会社に、貸したいのです。

 

というのは、

 

銀行は、不良債権のリスク低減で積み立てる貸倒引当金を、費用計上する必要があります(但し、損金にはなりません)。その貸倒引当金が大きくなるほど、銀行は自らの利益を圧迫するのです。

 

(銀行の損益計算書には、営業利益はなく、「経常収益-経常費用=経常利益」となります)

 

低金利で利息を稼げず、業績悪化に苦しむ銀行は今、大規模なリストラや規模縮小、統合・合併、などに追われています。それほどの経営難なのです。銀行こそいまや、格付けすれば、破たん懸念先、なのです。融資先の格付けをしている場合ではない、くらいの状態なのです。

 

銀行がそのような状況なのに、

 

「無借金にしないほうがよい!無借金だと借りれない!」

 

などという税理士は、世間知らずにも程があるのです。大ウソです。

 

税理士が言うウソに流されないためにも、経営者自らが、銀行交渉に関する知識を、身につけてほしいのです。

しかし、税理士が無借金を勧めない理由は、

もうひとつあるのです。

損益計算書しか見ない、貸借対照表を理解していない

加えて、税理士が無借金を勧めない理由が、もうひとつあります。

 

【誤り②】損益計算書しか見ていない、貸借対照表のことをよく理解していない

 

無借金であれば、元金返済がありません。借入金があれば、元金返済が発生します。もちろん、支払利息も発生します。

 

無借金であるのと、借入金があるのと、どちらが資金繰りはラクなのか、といえば、無借金のほうがラクであるのに決まっています。

 

そのことが、無借金を勧めない税理士には、わからないのです。

 

それに、余計な借入金があると、そのぶん、貸借対照表の総資産は膨らみます。総資産経常利益(ROA)は下がり、自己資本比率も下がります。銀行格付(スコアリング)の指標にとっては、マイナスの影響ばかりです。

 

そのことの、何が良いのでしょうか?銀行格付(スコアリング)のことなど、まったくご存じない証拠です。

 

無借金を勧めない税理士は、損益計算書重視で、貸借対照表には関心がないのです。

 

税引前利益がいくらで、法人税がいくらか、が最大の関心事なのです。

 

そんなことを続けていたら、貸借対照表への理解が薄れてゆくのは当然です。

 

もし、自社の顧問税理士が、無借金を勧めないのなら、問題のある税理士だ、とご理解ください。そのような税理士に決算処理をお願いしていたら、稼いだ利益がどんどん流出することになってしまうのです。

株式会社アイ・シー・オーコンサルティング 代表取締役

昭和40年 大阪府生まれ。

平成元年 関西大学卒業後、兵庫県の中堅洋菓子メーカーに入社。経理、総務、人事、生産管理、工程管理、広報など、主たる管理部門で実力を発揮。

平成17年 株式会社アイ・シー・オーコンサルティングに加わり、経営指導業務を開始する。
以降、長年の現場実務経験と、師匠である井上和弘(アイ・シー・オーコンサルティング会長)の《井上式経営術》を武器に、日々、中小企業の黒子としての経営指導に邁進している。

指導実績:財務改善、税務・銀行対策、労務問題改善、経営企画、管理会計、IT・システム化、事業承継など。
また、日本経営合理化協会主催「後継社長塾」(塾長:井上和弘)、に塾長補佐として参加し、後継社長の育成にも尽力している。

著者紹介

連載経営者必読!融資を勝ち取る銀行交渉術

本連載は、株式会社アイ・シー・オーコンサルティングの代表取締役・古山喜章氏のブログ『ICO 経営道場』から抜粋・再編集したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。ブログはこちらから⇒http://icoconsul.cocolog-nifty.com/blog/

 

経営者の財務力を一気に アップさせる本〔補訂版〕

経営者の財務力を一気に アップさせる本〔補訂版〕

古山 喜章,井上 和弘

東峰書房

数字が苦手な人にこそ読んで欲しい!本書では、会社経営にまつわる数字を読み解き財務力をアップさせる方法を解説します。数字が苦手だからこそとことんわかりやすく理解する方法を見出した筆者。そのノウハウをお伝えし、経営…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧