▲トップへ戻る
バリューチェーンを構成する「4つのプロセスチェーン」とは?

前回は、「インダストリアル・インターネット」について説明しました。今回は、バリューチェーンを構成する「4つのプロセスチェーン」とは何かを見ていきます。

価値の「企画」「創造」「提供」「フォロー」

「バリューチェーン」という言葉を初めて用いたのは、ハーバード大学のM.ポーターの『競争優位の戦略』である。ポーターのバリューチェーンは、図のような構造をしている(以下の図表1参照)。ポーターのバリューチェーンは、マージンを得るための組織機能のつながりを示したものである。

 

[図表1]M.ポーターの「バリューチェーン」

 

ビジネスは、顧客に価値を提供して、対価を得るサイクルで維持・成長する。この価値の企画・創造・提供・フォローがビジネスの基本サイクルである。

 

この価値の流れの観点からビジネスを見ると、ビジネスのオペレーションは、一連のプロセスのつながり(「プロセスチェーン」)で構成されている。先に示した『価値の流れ』をもう少し、具体的な表現にして、遂行の順序で並べると、ビジネスの主要活動は、以下のように、大きく5つの仕事の塊と流れで構成されている(以下の図表2参照)。

 

[図表2]ビジネスを遂行するプロセスの順序

 

①ターゲット市場を決めて、投入する商品を企画する(マーケティング)

②企画された商品を具体化する(商品開発設計)

③商品を顧客に売り込み、オーダー(注文)を取る(営業)

④オーダーに応じて、商品を生産し、供給する(生産と供給)

⑤アフターサービスを提供する

 

これら①〜⑤のそれぞれは、一連の業務の塊であることから、それぞれに名称を付したのが、上の図表2である。

 

①と③は、『デマンドチェーン』、②は、『エンジニアリングチェーン』、④は、『サプライチェーン』、⑤は、『サービスチェーン』と名付ける。これらの名称を用いて、図表1を描き直したものが、図表2である。プロセスチェーンの矢印は、当該プロセスが働きかける対象の方向を指している。

 

本連載では、バリューチェーンを基本的に、デマンドチェーン、エンジニアリングチェーン、サプライチェーン、サービスチェーンの4つのプロセスで構成される、という約束で記述する。

 

注:ここで、「プロセス」と述べたが、実際には、複数のプロセスで構成されており、正確には、「プロセスチェーン」となっているが、以下では、特に「チェーン」を強調する必要のある場合以外は「プロセス」の表現で統一して、記述する。

プロセスチェーンは「製造業のサービス業化」の鍵

改めて整理すると、4つのプロセスとは、以下の4種類をさす(図表3、図表4参照)。

 

[図表3]バリューチェーンの構成

 

[図表4]バリューチェーンを構成するプロセスチェーンの関係

 

①マーケティング、営業を担う「デマンドチェーン」

②商品を創造する「エンジニアリングチェーン」

③商品を供給する「サプライチェーン」

④顧客の商品活用をサポートする「サービスチェーン」

 

この4つのプロセスそれぞれの意味は、以下の通りである。

 

デマンドチェーンは、「ビジネス活動の入力機能」である。具体的には、「市場・顧客要求<デマンド>を基本にした企画プロセス」を指す。つまり、「市場・顧客」から、ニーズや課題情報を収集し、「自社の事業定義により設定した商品・サービス」と突き合わせ、「自社保有商品群」でその要求に対応可能なら、それを顧客にPRして受注につなげる。

 

新しい要求であればその市場性を調査し、ビジネスになると判断した場合は開発部隊に(技術)シーズの確認をして、「商品企画」を立案して提案する。提案を受けて、開発するか否かの事業性判断を行い、事業化(商品化)決定した場合は、商品企画を、エンジニアリングチェーンに渡す。

 

この一連の業務プロセスが、「デマンドチェーン」である。また、商品を顧客に売り込み、注文を取り、売り上げ回収を担う「営業(販売)」機能も個々に含まれる。

 

「エンジニアリングチェーン」は、「ビジネス活動の中間(変換)機能」の位置付けである。つまり、「デマンドチェーンから渡された『商品企画』を『商品』に仕上げるプロセス(開発設計)」を指す。

 

つまり、商品企画を入力情報として、商品として実現するために、「保有または開発途上の(技術)シーズや外部の技術を組み合わせて商品仕様(設計仕様)を固め、試作による検証・評価を経て、量産仕様を確定し、生産準備を進めて、生産・調達部隊に引き継ぐまでの仕事の固まりを指している。

 

サプライチェーンは、「事業全体からみると出力機能」となる。つまり、「サプライチェーン」は、「エンジニアリングチェーンで確定された生産仕様に従って、必要資機材を調達し、加工・組立てして商品に仕上げ、顧客に供給して、受領確認を貰うまでの一連のプロセス」を指す。サプライチェーンは、顧客から受注(オーダー情報)によりキックされる。これを受け、必要な材料・部品を調達し、生産し、商品を顧客に届ける。

 

「(製造業において)生産やオペレーションは、一般的にコストの80%を消費している」といわれるように、この領域がもっとも投入した経営資源が多く、要員数も多いため、これらの管理も経営上極めて重要な機能である。

 

また、ビジネスのグローバル化に伴い、コスト増要因だけにとどまらず、海外コンペティター拡大も加わりコスト競争激化度合いが飛躍的に高まり、さらには為替リスクが加わって、グローバルレベルでの消費地近接型生産に加え、人件費の安い国からの調達の組み合わせが常態化している。

 

生産構造の管理や生産そのものの管理も複雑化しており、サプライチェーンは、一層、重要性を増している。

 

サービスチェーンは、BtoC商品で売り切りの商品の場合、存在しないケースもあるが、BtoC商品でも、高価格の耐久消費財の、故障や劣化損耗修理、あるいは、保守のサービスの形で顧客にサービスを提供する機能である。BtoB商品の中でも、工作機械や建設機械等は、サービスチェーンが製品更新タイミングでの売り込み・受注につながる重要な役割を担っている。

 

サービスチェーンは、設計、生産・供給上の不具合を、設計や生産にフィードバックする役割も持つ。同時に、この業務領域は、新たな顧客ニーズ捕捉や、顧客との信頼関係醸成を行う業務領域でもある。IoT時代は、サービスチェーンを糸口にマーケティングにつなげる仕組みが重要になってきている。また、製造業が「モノづくり業」から「サービス業」化するための鍵になる重要な領域である。

 

この商品が時の流れの中で陳腐化したり、顧客がより高次の要求をしてきたり、コンペティターや他の商品が新たな使用価値を提供し始めると、当然、自社商品は売れなくなる。すると、またデマンドチェーンが動いて、エンジニアリングチェーン、サプライチェーンと回って、新たな商品を提供する、というサイクルが回り続けて、初めて事業は継続できることになる。

 

4つのプロセスのうち、デマンドチェーンとサービスチェーンは、設計の仕方によって、顧客とのつながりの深さが左右されるため、IoT/AI時代のビジネスのカギとなるプロセスといってよい。

 

最近は、サプライチェーンの顧客接点部分に、デマンドチェーンとサービスチェーンの一部を組み込んだ形になる例も多い(コールセンターなど)。

 

「チェーン」という概念は「仕事の連鎖(つながり)」に着目した事業構造把握の考え方であり、これにより事業全体を一連の仕事の流れで把握でき、どこが現在のボトルネックかも、流れの状況を確認する中で分かり、その原因の追求も、仕事のつながりを辿っていくことでつかめ、「プロセスアプローチ」の有効性が生かせる考え方である。

1989年創業のコンサルティング集団。生産管理改革支援コンサルタントがコアとなり誕生したのちに開発設計、製造、調達、情報システム構築等、各専門分野のメンバーが加わり、生産管理改革支援技術と各専門分野の改革支援技術が融合。独特の広さと深さを持つ、コンサルティング技術体系を確立。特に製造業の現場に精通したコンサルティングに強みを持つ、日本のSCM領域でのパイオニア。公益事業、建設業、物流業など多方面のコンサルティングにおいても実績がある。1999年には、SCC(サプライチェーン・カウンシル:SCMを普及促進する国際的NPO)の日本支部立上げ等の連携を通じて、同NPOが開発したサプライチェーンの参照モデルを応用した技術を組入ながら、新しい技術領域に挑戦し続けている。
企業理念は「経営のエンジニアリング化による事業創造とその発展への貢献」。写真は代表取締役会長兼社長の渡辺重光。

著者紹介

連載製造業の経営者・事業責任者必読! IoT時代の「バリューチェーン革命」とは?

本連載は、2018年7月3日刊行の書籍『IoT時代のバリューチェーン革命』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

IoT時代のバリューチェーン革命

IoT時代のバリューチェーン革命

日本ビジネスクリエイト

幻冬舎メディアコンサルティング

30年にわたり幾多のメーカーを最前線で改革してきたプロ集団が、本格化するIoT活用競争時代を勝ち抜くために必要な知識を体系化! 製造業の経営者・事業責任者必読! ビジネスの現場の様々な場面で、IoT活用が急速に進んでい…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧