▲トップへ戻る
企業の資金繰り分析で留意が必要な3つのポイント

今回は、企業の資金繰り分析で留意したい3つのポイントについて解説します。※本連載は、有限会社竹橋経営コンサルティング取締役社長・古尾谷未央氏が「資金繰り分析」についてポイントを解説します。

B/Sの数値との連動にも違和感はないか?

今回から2回に分けて、資金繰り分析の基本について解説していく。資金繰り分析で陥りがちな問題点や、意識すべき3つのポイントについて説明したい。

 

① 資金繰り分析を行う前の留意点
“資金繰り分析”と聞くと、多くの人は、単に資金ショートしないかどうかを確認すれば良いと思うだろう。しかし企業を理解するためには、期末の預金残高や、借入金の調達時期などを見るだけでは足りないのだ。

 

ではここで、資金繰り分析を行う前に留意すべき点を挙げていきたいと思う。

 

1つ目は、決算書が「税抜」「税込」どちらのパターンなのか知ることだ。資金繰り分析をする際は決算書をもとにすることが多いと思う。資金繰りはすべて税込となるため、決算書が税抜きだった場合は、非課税の人件費などを除き、108%を乗じて計算する必要がある。

 

2つ目は、資金繰り表の期首と期末の預金残が、決算書と合っているかどうかだ。ただし、金融機関に言われるなどして、決算書とは別に後から資金繰り表を作成した場合、集計ミス等が起こりやすいため注意が必要となる。

 

3つ目は、支払いについてだ。企業の実態として、支払いの優先順位は人件費>買掛金>経費>租税公課となる(図表1)。そのため、分析を行う際には、まず消費税などの租税公課に支払遅延がないかをチェックしたい。滞りなく支払いがなされていれば、人件費や買掛金もきちんと支払われていると判断できるからだ。逆に、もし人件費や買掛金に支払遅延があれば、かなり厳しい経営状況に置かれていることは間違いない。

 

[図表1] 企業の支払いの優先順位

 

② 企業活動の流れやB/Sを理解する

資金繰り表を分析する前に、「年間の企業活動の流れ」をおおまかに把握することが大切となる。設備投資の必要な時期、在庫を積み増す時期、売上が伸びる時期と落ち込む時期、消費税の支払時期など、ひと通り頭の中に入れておくのだ。そして、それら年間のサイクルを踏まえた上で、資金繰りの実績や予定、借入金の必要額と時期を見ていくことが重要となる。

さらに、B/Sへの理解も必要となる。資金繰りとB/Sの数値(売掛金、買掛金、固定資産、借入金)はつながっているため、その連動性を意識しなければならない。そして、違和感がないかを確認することが重要となるのだ。

虫の目、鳥の目、魚の目…という3つの視点を持つ

③ 3つの視点から資金繰り分析を行う
ここで、資金繰り分析を行うにあたり必要となる「3つの視点」について解説する。それは、㋐虫の目、㋑鳥の目、㋒魚の目である(図表2)。

 

[図表2] 資金繰り分析3つの視点

 

㋐虫の目
虫の目とは、ミクロの視点で毎月の入金と支払いを見ていくことだ。まず入金については、月商を把握した上で、理論値の回収率から毎月の回収率を算出する。そして、しっかりと回収がなされているか確認する。

 

次に支払いについて見ていく。仕入れ支払いは、12か月の月商推移をもとに、原価率と企業の支払条件から、毎月の支払額を算出する。そして、きちんと支払われているか、金額が妥当であるかを確認するのだ。

 

また販管費については、決算書のP/Lに記載されている人件費や家賃などの固定費を12分の1したものが毎月払う金額となる。これは、資金繰りを分析する際の重要情報となる。

 

多くの企業において、固定費や借入金の返済は毎月一定であるのに対し、回収額は不安定であるため、毎月の預金残高が大きく変動する。これが経営者の頭を悩ませている大きな問題なのだ。

 

㋑鳥の目
鳥の目とは、1年間を俯瞰して資金繰りを見ていくことだ。まず、現預金の期首と期末を見て、「1年間で増加したのか・減少したのか」を確認する。そして、その増減の理由を「経常収支」「経常外収支」「財務収支」に分けて見ていくことが分析のポイントとなる。

 

まず「経常収支」とは、売掛金などの回収額の合計である「経常収入」、買掛金等の支払額の合計である「変動(経常)支出」、経費の支払額の合計である「固定(経常)支出」を加算・減算したもので、本業の資金の動きが分かる。

 

もちろん経常収支が黒字で、現預金が増えることが最も望ましい。しかし多くの企業ではそう簡単にはいかず、経常収支の赤字を財務収支(借入金)で賄ってしまうケースも存在する。このような状況が続くと、企業の存続は危うくなる。
なお、経常収支を見る際、2期を平均すると正常収益力が分かる。1期だけだと、売掛金の回収と買掛金の支払いの期ずれが影響するため、2期平均で見るほうが正確な数字となる。

 

次に、本業以外の「経常外収支」や、借入金の調達や返済について記載される「財務収支」を見ていく。「経常外収支」では、設備投資が妥当な金額であるか、貸付金などで資金が流出していないかを確認する。「財務収支」では、年間の借入金の返済額や、借入金などの資金調達額について、額や時期が妥当であるか確認する。

 

㋒魚の目
魚の目とは、短期と中長期の視点で、現在企業が置かれている状況を知り、B/ Sをもとに資金繰りの予想を考えることだ。具体的には、主力製品・サービスの売上の動向、競合との関係による付加価値率の変化、人件費アップによる固定費の上昇など、企業や世の中の動向を見て「仮説を立てる」ことが重要となる。そこから資金繰りの予想を考えていくのだ。

 

さらに、ここでは資金繰り予想と連動して将来のB/Sを考えていくことが重要となる。特に中長期の視点でB/Sがどうなっていくかを考えることが、企業が存続できるのか判断するポイントになるのだ。

 

以上、今回は資金繰り分析の基本や、見るべきポイントを解説してきた。実際に資金繰り分析を行う際は、資金ショートしないかだけを見るのではなく、企業活動の年間の流れやB/Sを理解しておくことが重要となる。

有限会社竹橋経営コンサルティング 取締役社長

大学卒業後、中小企業金融公庫(現、日本政策金融公庫)へ入庫。10年の在籍で融資、審査、事業再生、債権管理など中小企業金融に関する幅広い業務を経験。その後、(財)日本生産性本部を経て、元上司の支店長とともに中小企業向けのコンサルティング会社を設立。(有)竹橋経営コンサルティング取締役社長。“重視するのは拡大より継続”を理念とし、B/S改善・AI資金シミュレーション「ICAROS‐V」を活用したコンサルティングを中小企業向けに展開して10年の実績を持つ。人工知能を搭載したICAROS‐Vによる「借入金の削減」や「リスケジュールの解消」は金融機関からも定評がある。

著者紹介

連載決算書だけでは分からない⁉ 会社の現状を把握する「資金繰り分析」講座

 

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧