▲トップへ戻る
北朝鮮の地政学リスクが為替相場・株式市場に及ぼす影響とは?

今回は、北朝鮮の地政学リスクが為替相場・株式市場に及ぼす影響について見ていきます。※本連載では、経済評論家・杉村富生氏の著書、『東京オリンピックまであと2年 新成長株で勝負せよ!』(すばる舎)の中から一部を抜粋し、東京オリンピックまであと2年となった今、投資で勝つための「日本株を取り巻く現状」を解説していきます。

ミサイルの日本上空通過後は「円高・株安」傾向に

2017年の株式市場は、北朝鮮の地政学リスクに翻弄され続けたといっても過言ではない。同年の4月だけでも4日、16日、29日と3回もミサイルを発射している。マーケットはこの事態に反応、急速な円高が進んだ。有事の円買いである。

 

ドル円相場は、同年3月31日の1ドル112円19銭(高値)が4月17日には108円12銭(安値)までドルが売られた。一気に4円7銭の円高である。これまでのケースを見ても、ミサイルの日本上空通過後は円高になるパターンが多い。このような局面では、投機筋の暗躍もあろう。

 

同じく、日経平均株価も3月31日の1万9210円(高値)が4月17日には1万8224円まで下げた。値幅にして986円、率では5・1%もの急落である。その後、日経平均株価は戻りに転じ、同年6月20日には2万318円の高値をつけている。

 

[図表1]北朝鮮の挑発行為と日経平均株価の推移

投機筋はミサイルの着弾地点を知り得る立場にあった⁉

しかし、北朝鮮は5月以降もミサイルの発射実験を続け、これが株価の上値を抑える大きな要因となったことは間違いない。東京株式市場が3連休となる前日の8月10日には、先物が夜間取引(16時30分→翌日5時30分)で急落し、連休明けの8月14日、日経平均株価は窓をあけて1万9486円まで下げた。

 

なぜ、そうなるのか。それは投機筋が全国瞬時警報システム「Jアラート」に反応、「円買い・株売り」のポジションを仕掛けたためだろう。

 

そして、8月29日には北朝鮮は、北海道上空を通過する弾道ミサイルを発射した。これは2017年に入って13回目のミサイル発射であり、かつてない頻度だった。

 

このミサイルは、同日午前6時58分に平壌郊外の区域から発射され、北海道の襟裳岬の東約1180キロメートルの太平洋上に落下した。投機筋は、着弾地点を知り得る立場にあるのではないか。でなければ、円買いを断行しないと思う。

 

ミサイル発射の4分後(午前6時2分)、「ミサイル発射。ミサイル発射。頑丈な建物や地下に避難して下さい」という「Jアラート」が日本政府によって伝えられた。NHKも、テレビの全画面を使ってメッセージを伝えた。

 

[図表2]日本列島を通過した北朝鮮のミサイル(方向)(2017年8月29日)

 

ちなみに、北朝鮮のミサイルが日本列島の上空を通過したのは、過去にも4回あった。前回は、2009年4月に長距離弾道ミサイル「テポドン2号」改良型を、人工衛星の打ち上げと称して発射している。しかし、8月29日のミサイル発射は、日本だけでなくアメリカにも大きなショックを与えた。アメリカ本土は独立戦争後、これまで他国の攻撃を許したことはない。このため、〝免疫〟がないのだろう。

 

日本政府の発表によると、このミサイルの飛行距離は約2700キロメートルである。これは、いつでもアメリカ領グアムに撃ち込めることを意味する。つまり、日米両国にとって、これまでのケースと比べはるかに大きな脅威を与えたのである。

 

ただ、8月29日の日経平均株価は1万9319円と、窓をあけて寄り付いたものの、引け値は1万9362円まで戻した。前日比87円安の小幅マイナスにとどまり、その後9月1日には1万9735円まで反発している。

経済評論家
個人投資家応援団長

1949年熊本生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と分かりやすい経済・市場分析、鋭い株価分析には定評がある。「個人投資家サイドに立つ」ことをモットーに精力的な活動を続けており、兜町における有望株発掘の第一人者といわれ、数々のヒット銘柄を輩出している。金融、経済界に強力なネットワークを持ち、情報の正確さ、豊富さでは他を圧倒している。ラジオNIKKEI『ザ・マネー』(毎週水曜日午後3時10分より)出演中。株式講演会も好評を得ており、全国各地に"杉村ファン"がいる。
主な著書に『東京オリンピックまであと2年 新成長株で勝負せよ!』『東京オリンピックまであと3年 株は金銀銅銘柄で完勝だ!!』『これから10年株で「1億」つくる!』『これから5年株は「買い」で決まり!!』(すばる舎)『株の「トリプル投資」作戦』『さらっと短期売り抜け株、がっちり長期保有株の見抜き方』『株長者が絶対にハズさない「売り」「買い」サインはこれだ!』『あなたも株長者になれる39の秘訣』(ビジネス社)、『[入門]"株"のしくみ』(日本実業出版社)、『株式入門講座』(実業之日本社)など多数。著書は100冊を超える。

著者紹介

連載東京オリンピックまであと2年…投資で勝つための「日本株を取り巻く現状」

本連載は、杉村富生氏の著書『東京オリンピックまであと2年 新成長株で勝負せよ!』(すばる舎)から一部を抜粋したものです。掲載している情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。投資はご自分の判断で行ってください。本連載を利用したことによるいかなる損害などについても、著者、出版社および幻冬舎グループはその責を負いません。

 

 

東京オリンピックまであと2年 新成長株で勝負せよ!

東京オリンピックまであと2年 新成長株で勝負せよ!

杉村 富生

すばる舎

1949年熊本生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と分かりやすい経済・市場分析、鋭い株価分析には定評がある。「個人投資家サイドに立つ」ことをモットーに精力的な活動を続けており、兜町における有望株発掘の第一人者と…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧