EPS、PER・・・株式取引における「投資指標」チェックの重要性

今回は、株式取引における「投資指標」チェックの重要性について解説します。※本連載では、経済評論家・杉村富生氏の著書、『東京オリンピックまであと2年 新成長株で勝負せよ!』(すばる舎)の中から一部を抜粋し、東京オリンピックまであと2年となった今、投資で勝つための「日本株を取り巻く現状」を解説していきます。

「異常はかならず修正される!」が経済の原則

北朝鮮による地政学リスクが顕在化し、アメリカではトランプ政権が政治の混迷を招いている。中国、ロシアもそれぞれ問題を抱え、欧州ではテロが相次いでいる。イギリス、フランス、ドイツの政局も混乱気味である。

 

昨今の株式相場は、このような外部要因に大きな影響を受けるようになった。2017年9〜11月は世界的なリスク・オンの様相が鮮明となり、株式市場は軒並み高となっている。しかし、基本的に、この流れは変わらない。いや、2018年はよりその傾向が顕著になるだろう。

 

このような〝困ったとき〟には、どうしたらいいか。オーソドックスな方法としては、好材料を内包した好業績銘柄の安値をていねいに拾う作戦が有効になる。すなわち、相場が急変したときに冷静さを失わないことだ。「異常はかならず修正される!」。これは経済の原則である。

 

ちなみに株価は、EPS(1株利益)とPER(株価収益率)の〝積〟によって算出される。この場合のEPSは予想値であり、ファンダメンタルズ(経済の諸条件)に影響を受ける。PERには市場センチメント(人気、需給)が反映される。

 

相場が急変してもパニックに陥らないためには、投資指標に頼る方法がある。全般相場の状況を把握するためには、日経平均株価の値動きに一喜一憂するのではなく、それぞれの投資指標をノートなどに記帳することをお勧めする。

 

これは毎日続けるのが望ましいが、相場が急変したときだけ行なっても、かなり効果が出る。下記の表は日経平均株価の投資指標を時系列に並べたものだが、これを見ると、8月18日を境にPERが14倍を割り込み、9月8日には13.69倍まで下がった。そして、PBR(株価純資産倍率)は1.22倍、配当利回りは1.83%である。

 

翌9日に北朝鮮の建国記念日を控えていたが、この数値をつかんでいれば、打診買いを入れられたのではないか。少なくとも、この安値水準でパニック売りを出すことは避けられたはずだ。こんなドン安値を売っては、悔いを残す。

 

[図表1]日経平均株価の投資指標(2017年)

 

2017年10月20日、日経平均株価のPERは15倍の大台に乗った。なお、PERはここ数年、13〜17倍ゾーンで動いている。

 

先人は、「相場は高値圏では強く見え、安値圏では弱く見える!」と戒めている。キーとなる投資指標を押さえておけば、高値圏で売り、安値圏で買えるようになる。

日経平均株価の見通しの立て方とは?

日経平均株価の見通しを立てるためには、将来、1株利益の何倍まで買われるかを考えておく必要がある。11月24日時点の1株利益は1525円だった。同日の日経平均株価の2万2550.85円は、PER14.79倍に相当する(2万2550.85円÷1525円)。ちなみに、2017年3月時点の1株利益は1245円であり、2割強増えている。

 

大手証券の調べでは、リーマン・ショック前の2007年前後はPER18倍程度、アベノミクス相場開始以降では、2015年6月に16.6倍まで上昇している。

 

仮に、PER18倍まで買われた場合、日経平均株価は2万7450円になる(直近1株利益1525円×18倍)。16倍では2万4400円である(1525円×16倍)。PER16倍は無理な注文ではないだろう。

 

逆に、下値メドも探っておく必要がある。PER13倍では1万9825円(1525円×13倍)、12.5倍の場合は1万9063円(1525円×12.5倍)となる。考えにくいが、PER12倍なら、1万8300円(1525円×12倍)となる。

 

日経平均株価の投資指標は、東京証券取引所などのネット情報、日本経済新聞のマーケット欄などで確認することができる。相場の現状を正しく認識するために、ぜひこのような投資指標をチェックしていただきたい。

 

[図表2]日経平均株価のフシ目と上値メド

(出所)関連データをもとに著者作成
(出所)関連データをもとに著者作成

 

上の表は、日経平均株価のフシ目と上値メド(その根拠)を示したものである。すでに、①〜④まではクリアした。

 

なお、2018年の日経平均株価(筆者の予想)については、本書(『東京オリンピックまであと2年 新成長株で勝負せよ!』)第4章で詳述している。ぜひ参考にしていただきたい。

経済評論家
個人投資家応援団長

1949年熊本生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と分かりやすい経済・市場分析、鋭い株価分析には定評がある。「個人投資家サイドに立つ」ことをモットーに精力的な活動を続けており、兜町における有望株発掘の第一人者といわれ、数々のヒット銘柄を輩出している。金融、経済界に強力なネットワークを持ち、情報の正確さ、豊富さでは他を圧倒している。ラジオNIKKEI『ザ・マネー』(毎週水曜日午後3時10分より)出演中。株式講演会も好評を得ており、全国各地に"杉村ファン"がいる。
主な著書に『東京オリンピックまであと2年 新成長株で勝負せよ!』『東京オリンピックまであと3年 株は金銀銅銘柄で完勝だ!!』『これから10年株で「1億」つくる!』『これから5年株は「買い」で決まり!!』(すばる舎)『株の「トリプル投資」作戦』『さらっと短期売り抜け株、がっちり長期保有株の見抜き方』『株長者が絶対にハズさない「売り」「買い」サインはこれだ!』『あなたも株長者になれる39の秘訣』(ビジネス社)、『[入門]"株"のしくみ』(日本実業出版社)、『株式入門講座』(実業之日本社)など多数。著書は100冊を超える。

著者紹介

連載東京オリンピックまであと2年…投資で勝つための「日本株を取り巻く現状」

本連載は、杉村富生氏の著書『東京オリンピックまであと2年 新成長株で勝負せよ!』(すばる舎)から一部を抜粋したものです。掲載している情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。投資はご自分の判断で行ってください。本連載を利用したことによるいかなる損害などについても、著者、出版社および幻冬舎グループはその責を負いません。

東京オリンピックまであと2年 新成長株で勝負せよ!

東京オリンピックまであと2年 新成長株で勝負せよ!

杉村 富生

すばる舎

1949年熊本生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と分かりやすい経済・市場分析、鋭い株価分析には定評がある。「個人投資家サイドに立つ」ことをモットーに精力的な活動を続けており、兜町における有望株発掘の第一人者と…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧