企業の採用活動を効率化する「マーケティング・ミックス」とは?

多くの企業は採用に多額の資金を投資し、多くの応募者を集めていますが、思うような結果を得られていません。一部の大手企業以外では、質の高い応募者が少ないばかりでなく、内定辞退や早期退職の問題も抱えています。そこで本連載では、中小・無名企業でも、求める人材を効率的に獲得し、定着へ導くことができる「採用ブランディング」の戦略を紹介します。

採用におけるベストプラクティスを導き出す方法

採用は「マーケティング・ミックス」の発想を大いに利用することができます。具体的には、いわゆる「Integrated Marketing Communication(IMC:統合型マーケティング・コミュニケーション)」の考え方が、そのまま採用シーンにも活かせます。しかし残念ながら、この発想で採用活動を行っている企業はほとんどありません。

 

例えばマーケティング・ミックスでは、さまざまな施策を最適な組み合わせでどのように実行できるか、という点が問われます。マスメディア(テレビ・ラジオ・雑誌・新聞など)とインターネットメディアとのバランスを考慮することなどは、まさにマーケティング・ミックスの典型的な事例です。

 

それと同様に、採用においてそれぞれの施策をいかなる組み合わせで実行すればいいかということを、採用ターゲットおよび自社のコンセプトを軸に考えていく必要があり、それにより、採用におけるベストプラクティスが導き出されます。

 

コンセプトから逆算し、最適なアプローチを考案する

難しく考える必要はありません。これは商品やサービスを販売する際のマーケティングと同じです。

 

あらゆる商品やサービスをマーケティングの観点から検討してみましょう。それらはターゲットや市場、コンセプトから逆算することで、最適なアプローチ(コミュニケーション手法)が考案されています。

 

採用活動においても同様です。個々の戦術をむやみに実行したり、コンセプトがないまま惰性で行ったりせず、戦略をもって最適化すればいいのです。

 

そうすることで、採用市場における企業の「ブランディング」を行っていくことができます。ただし、こう書くと、「ではどのようにメディアやイベントと各ツールを組み合わせればいいか」というように細かい手法を考えがちですが、それは時期尚早です。

 

まずはコンセプト。それに沿って、どんなメディアにすべきか。イベントに出るべきか。どんなツールにすべきか。それらをどのように組み合わせるべきかということをブレイクダウンしていくのが、遠回りのように見えて近道になります。それらについては後ほど詳しく解説します。

ブランディング・ディレクター
クリエイティブ・ディレクター

早稲田大学商学部卒業後、山梨日日新聞社・山梨放送グループに入社。広告代理店にてCMプランナー/コピーライターとして活躍した後、株式会社パラドックスへ入社。株式会社リクルート(現・株式会社リクルートホールディングス)と協業し、企業のブランド構築および採用活動への知見を深める。2015年、ブランディングを企業経営のインフラにしたいとの思いから、むすび株式会社を設立。「採用ブランディング」という新たな手法を提唱し、母集団の質改善、内定辞退率の低下など、数多くの企業の採用成績向上に貢献している。採用領域を含めたブランディングに関するメディア『BRAND THINKING』を運営。早稲田大学ビジネススクール修了、経営管理修士(MBA)。FCC賞(福岡コピーライターズクラブ賞)、日本B to B広告賞 金賞/銀賞/銅賞、山梨広告賞 協会賞/優秀賞/
優良賞を受賞。

著者紹介

連載大手企業に打ち勝つ!中小・無名企業の「採用ブランディング」戦略

本連載は、2018年1月16日刊行の書籍『「無名×中小企業」でもほしい人材を獲得できる採用ブランディング』(幻冬舎メディアコンサルティング)から抜粋したものです。その後の法令改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

「無名×中小企業」でもほしい人材を獲得できる採用ブランディング

「無名×中小企業」でもほしい人材を獲得できる採用ブランディング

深澤 了

幻冬舎メディアコンサルティング

人材採用に悩む「経営者&人事担当者」必読! 志望度の高い応募者を集める「効率的な採用方法」とは? ターゲットから選ばれる企業になるための革新的な「採用方法」を徹底解説します。

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年6月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年6月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年06月23日(土)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年06月23日(土)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年7月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年7月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年07月03日(火)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年07月03日(火)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧