多くの起業家が「スモールビジネス」で終わってしまう理由

前回は、経営者の自由な時間を確保する「1分間経営」のメリットを取り上げました。今回は、多くの起業家が「スモールビジネス」で終わってしまう理由を見ていきます。

専門知識・専門技術の有無と、ビジネスの成功は別問題

7万の中小企業・スモールビジネスを成長に導いたことで知られるマイケル・E・ガーバー氏は、著書『起業家精神に火をつけろ!』(エレファントパブリッシング刊)の中で起業家が陥る過ちについて指摘しています。

 

ビジネスを立ち上げる多くの起業家がスモールビジネスのままで終わってしまうのは、起業家が「職人」から抜け出すことができないからだというのです。

 

例えば、料理が好きな人がレストランを開業します。そして、毎日仕事に追われます。生活のためにすべての時間とエネルギーを注ぎ込むことになります。

 

それは、美容師や税理士や弁護士が独立するときも同じです。専門知識や専門技術を持っていれば開業をすることはできますが、そのこととビジネスを成功させられるかは、まったく別問題だといいます。

 

「職人」を脱するためには、経営者の視点が欠かせません。そして、経営者の視点を持つためには会社の数字を理解しなければなりません。多くの経営者は、会計の知識が欠けています。営業が得意な人は営業に集中していますし、技術者であれば技術開発に時間を奪われ、それ以外のことに無関心です。これでは経営者失格といってもいいでしょう。

プレイングプレジデントに足りないのは「インプット」

もう一つ、プレイングプレジデントに足りないのはインプットでしょう。

 

経営者として常にアウトプットすることを求められています。営業に行けば、自分の会社や商品についてプレゼンをして興味を持ってもらう。商品やサービスの改良が必要になれば、知恵を絞って工夫をする、常にアウトプットをしなければなりません。

 

その代わりにインプットをする時間がなくなっています。本来、インプットがなければアウトプットはできませんが、プレイングプレジデントは、これまで蓄積してきた知識や経験をなんとか絞り出してアウトプットを続けている状態なのです。

 

このままでは、いつかアウトプットができなくなってしまう日がきます。まずは1分間経営で会社の財務指標をインプットして、次の展開を考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

ミッションクルー株式会社 代表取締役

システムエンジニアとしてシステム開発に従事。システムエンジニアには珍しく、「外回りが向いている」という周囲の声にあと押しされ、システムを販売する営業マンになることを決意。複数の企業を経験したあとに独立し、セキュリティコンサルティングを行う株式会社セキュアデザインを2006年に立ち上げる。
2007年にシステムインテグレーション、セールスプロモーション、業務分析コンサルティングをビジネス領域とするミッションクルー株式会社を設立。代表取締役に就任。
現在、プレイングプレジデントとして忙しく外回りをしている自身の経験を基に、同じ境遇にある社長たちの経営を支援するツールとして、いつでもどこでも会社の数字を把握できるクラウド経営支援「Seamag」を開発。利便性の良さが支持され、現在利用は2500社超に拡大している。

著者紹介

連載経営、営業、経理…1人で何役もこなす社長を救う「1分間経営」とは?

プレイングプレジテントの 1分間経営

プレイングプレジテントの 1分間経営

山下秀樹

幻冬舎メディアコンサルティング

忙しく外を飛び回る経営者、特に自らも営業などマルチに働く中小企業の経営者──「プレイングプレジデント」の場合、じっくりと数字を把握し、戦略を練るための時間は限られています。 筆者自身も現場で業務をこなしながら経…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧