▲トップへ戻る
会社経営におけるお金の心配をなくす「1分間経営」の魅力

前回は、会社の数値を理解・記憶できる「1分間経営」のメリットを取り上げました。今回は、会社経営におけるお金の心配をなくす「1分間経営」の魅力を見ていきます。

借り入れ残高の把握は「銀行交渉」を有利にする

前回の続きです。

 

では、会社のデータを記憶しておくと、どのようないいことがあるのでしょうか。

 

それは数え切れないほどあるのですが、分かりやすい例を挙げると、まず、銀行との交渉がしやすくなります。

 

例えば、銀行からお金を借りているとして、金利が何%なのか即座に答えることができるでしょうか。借り入れた当初は覚えているかもしれませんが、1年くらい経てば、誰でも忘れてしまいます。きっと借り入れ残高も把握できていないでしょう。

 

しかし、借り入れはときどき見直してこそ、有利に活用できるのです。仮に借り入れが2本あって、1本が残り3年、もう1本が残り2年だったとします。毎月2本分の返済をするのは楽ではありません。

 

そんなときには、決算書を持って銀行へ交渉に行きます。会社の業績がよく、決算の内容に問題がなければ、銀行の融資担当者も喜んで相談に乗ってくれるはずです。例えば、2本の融資を1本にまとめて返済期間を5年にしてもらうことができれば、毎月の返済はグッと楽になります。

 

実はこのような交渉は、銀行側からしても高評価です。なぜなら経営者が自社の財務を把握して、お金の管理をしっかりしているという証拠となるので、返済が滞るリスクが低いという判断に至るからです。

 

こうして常に銀行と関わりを持っておくことも重要です。普段は付き合いがないのに苦しくなったときに突然、「お金を貸してほしい」と言っても、銀行の融資担当者は手を差し伸べてはくれません。

銀行融資は、決算書を分析したスコアリングだけで判断

私の会社は、財務コンサルタントの力を借りながら四半期に一度は銀行と交渉をします。銀行の融資担当者も四半期に一度融資成績の評価があるので、そのタイミングで交渉をすれば、いい条件で借り換えができる可能性もあります。

 

リーマンショック後に銀行の貸し渋りが問題になりましたが、最近は金融庁が目を光らせています。ですから、銀行もお金を貸したいのは確かなのです。

 

しかし、安心して貸せる相手はなかなかいません。最近、銀行は「事業の将来性を見極めて融資をする」という姿勢を打ち出していますが、それは簡単なことではないのです。現場ではこれまでどおり、決算書を分析してスコアリングだけで判断しています。

 

ということは、決算書のスコアをある程度クリアできれば、貸し出しに前向きになってもらえるのです。それを意識していれば、会社の経営に関するお金の心配は少なくなります。そのためにも、1分間経営は非常に効果的なのです。

ミッションクルー株式会社 代表取締役

システムエンジニアとしてシステム開発に従事。システムエンジニアには珍しく、「外回りが向いている」という周囲の声にあと押しされ、システムを販売する営業マンになることを決意。複数の企業を経験したあとに独立し、セキュリティコンサルティングを行う株式会社セキュアデザインを2006年に立ち上げる。
2007年にシステムインテグレーション、セールスプロモーション、業務分析コンサルティングをビジネス領域とするミッションクルー株式会社を設立。代表取締役に就任。
現在、プレイングプレジデントとして忙しく外回りをしている自身の経験を基に、同じ境遇にある社長たちの経営を支援するツールとして、いつでもどこでも会社の数字を把握できるクラウド経営支援「Seamag」を開発。利便性の良さが支持され、現在利用は2500社超に拡大している。

著者紹介

連載経営、営業、経理…1人で何役もこなす社長を救う「1分間経営」とは?

 

プレイングプレジテントの 1分間経営

プレイングプレジテントの 1分間経営

山下秀樹

幻冬舎メディアコンサルティング

忙しく外を飛び回る経営者、特に自らも営業などマルチに働く中小企業の経営者――「プレイングプレジデント」の場合、じっくりと数字を把握し、戦略を練るための時間は限られています。 筆者自身も現場で業務をこなしながら経…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧