「不動産オークション」の流れ②~事前準備から売買契約まで

前回は、「不動産オークション」における物件調査の確認事項を解説しました。今回は、事前準備から売買契約までの流れを見ていきます。

「事前の問題対処」がオークション成功のポイントに

前回の続きです。

 

ステップ③売却に向けて事前に問題を解消

 

調査によって問題点が出てきた場合は、事前に対処して解消します。そうでないと、スムーズにオークションが進まないからです。事前に問題になりそうな箇所を洗い出し、クリアにしておくというのがオークション成功の最大のポイントです。

 

例えば、次のような項目が事前準備の対象となります。

 

●所有権は誰にあるか

●売主は登記済権利証あるいは登記識別情報をもっているか

●隣地との境界が確定しているのか(確定していない場合、これに一番時間がかかる。道路との官民境界まで確定するには3カ月位かかる)

●越境物がないか

●私道所有者からの通行・掘削承諾書がとれているか

●土壌汚染の危険性がないか

●地中に古い基礎等の障害物がないか

●建物が建ったままになっており、今後解体の必要性がないか

●土地が道路と2m以上接しているか(建築基準法で、原則として4m以上の道路に2m以上接していない土地には建物が建てられないため)

 

ステップ④売却条件およびスケジュールの確定/入札要綱の作成

 

売却にあたっての具体的な条件を細かく詰めていきます。売却条件を詰めるにあたって一番大事なことは、入札金額が高いか低いかで売却先を決められるよう、条件を設定することです。

 

●売買代金の決め方は土地の実測面積に基づくのか、登記簿面積に基づき実測清算しないのか

●売主は瑕疵担保責任を負わないのか。負うとしたら、どういう場合に負うのか

●土地の境界を売主は買主に明示するのか

●残置物の処理費用は、売主、買主のいずれが負担するのか

●土地の確定測量が完了しているか

●越境物の有無

●建物の建築確認通知書、検査済証の有無

●違法建築か否か

●建物が賃貸されている場合、年間の賃料収入、諸経費、敷金等預り金の額とその清算方法(敷金等相当額を売主から買主に渡すのか)

 

後々トラブルを生まないように、万全の入札要綱を作ることも、オークションを成功に導くための大きなポイントです。

 

スケジュールの目安は、売り始めるのに最短で約1カ月、買主が決まってから契約までに約1カ月です。ステップ①の依頼から、ステップ⑦のゴールまでは通常半年くらいを見ておけばよいでしょう。

 

選考では「高く買ってくれる」買手を見つけるのがカギ

ステップ⑤買手の選定とオークション書類の送付

 

不動産の特徴や特性を踏まえて、「ここなら高く買ってくれるに違いない」「この会社なら、きっと有効活用してくれる」という買手を選定します。そして、選定した多数の検討者にのみ入札要綱などの書類を送付します。高く買ってくれる相手にオークションを持ちかけるというのも、高値売却を成功させるために必要なポイントです。

 

どの業者に送付したかを記した送付先リストは売主と共有します。

 

ステップ⑥入札

 

入札要綱にしたがって入札を開始します。入札者の検討期間はだいたい1~2カ月で、入札が始まったら受付期間は3日間程度になります。

 

入札の期限が終了したら、売主の立会いのもとで開札を行います。こうすることで、オークションの透明性を担保します。

 

ステップ⑦落札者との契約/物件の売却・引き渡し

 

最高額を提示した業者と売買契約を結びます。ただし、一部の例外を除きます。一部の例外とは、買手側に代金全額を支払う能力がないなどの不安材料が確認された場合です。物件をどうしても手に入れたいがために無理をして高額入札してくる例もないわけではないので、契約前に入札業者をきちんと調査をします。

 

契約成立後は、代金決済手続きや物件の引渡し、所有権移転の登記などを行って、売買完了です。

株式会社共信トラスティ 代表取締役 不動産鑑定士

三菱信託銀行(現・三菱UFJ信託銀行)勤務を経て、株式会社共信(創立平成2年)にて地方銀行の担保評価および担保不動産ほか種々の不動産売買の仲介業務を担当。平成14年6月に株式会社共信トラスティを設立して同業務を承継。担保不動産等の売買に豊富な実績を持つ。

著者紹介

連載不動産を「オークション」形式で売る方法

本連載は、2018年3月23日刊行の書籍『不動産は「オークション」で売りなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

不動産は「オークション」で売りなさい

不動産は「オークション」で売りなさい

土屋 忠昭

幻冬舎メディアコンサルティング

かつてないほど不動産が売りづらい時代・・・高値売却を実現するマル秘テクニックを大公開! 空家増、相続問題、暴落懸念・・・さまざまな理由で、不動産を売りたい人が増えています。 しかし、売主と買主、一対一の「相対取…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧