▲トップへ戻る
大切な遺品を「悪徳・強引な買取業者」から守るには?

前回は、相続物件を売却する際、頼れる不動産会社を見極めるポイントを説明しました。今回は、大切な遺品を悪徳で強引な買取業者から守る方法を見ていきます。

悪徳業者に狙われやすい、女性・高齢者

【事例】着物だけを引き取ってもらうはずが……

 

お客様「こないだ、電話で回収業者の人が、タンスに眠っている着物を引き取ってくれるっていうので来てもらったんだけど、ついでに貴金属も売ってしまったの……」

 

「最近、そのような訪問買取の業者が多いですね。ちなみに、ご満足いただける金額でしたか?」

 

お客様「無理やり買い叩(たた)かれたような気がして……すぐに電話して返してほしいって言ったら、もう無理だって言われました……」

 

このように、女性や高齢者の方々に対して、立場が弱いといったところにつけこみ、悪徳業者が達者な口ぶりで買い叩いて持っていってしまうのです。

 

なぜ、このような目に遭ってしまうのでしょうか。悪徳業者は確かに強引です。しかし、もう一つの理由として、遺品をお持ちの方が、「どんなものに価値があるのか」がわからないということもあると思います。

 

故人がとても大切にされていた価値あるものが、不当な悪徳業者によって、無価値の状態で処分されてしまうのはとても悲しいことです。もし、あなたが今、価値あるモノをお持ちであれば、ご自身のためにも、次世代のためにも、計画的に、遺産や財産整理をしていく、もしくは、価値を伝えていく必要があるかと思います。

 

私はもともと家業であった質屋を継いだのですが、こうしたトラブルは、我々質屋、古物業界にも風評的な被害がないとはいえません。被害を1つでも防いでいくために貢献したいという思いがあります。

 

お持ちのお品物を、どこでお売りになるか、処分するのかを選択する権利はお客様にあります。この認識を強く持って、より良い選択をしていただきたいと思っています。

信頼できる遺品買取業者を見分けるポイントは?

では、どんなところに依頼をすれば安心でしょうか?

 

●モノに対する想いをしっかり聴いてくれる。

●納得のいく説明をしてくれる。

●誠実な対応で、気持ち良いコミュニケーションがとれる。

 

私が顧客の立場であるならば、こんなところにお願いしたいと考えています。相手の立場で考えながら、最善のご提案、サービスを提供する。これは私の信条でもあります。

 

質屋を生業にするにあたり、真贋(しんがん)を見分ける力、あらゆるものに対して感覚を養うために、日々、商品知識を蓄え、感性を意識的に磨いていくことは必須です。

 

そうして身につけた知識や経験を活かして、モノの評価を最大限に行なうことにより、大切なお品物をつなぐ架け橋になれるようにと活動しております。

 

モノの価値を見極め、できる限りお客様には還元させていただきたい──そのために、まずは適正にしっかり価値に見合った価格を提示するのは当たり前のことですが、加えて、あらゆる販路を持つことや、各ジャンルの専門家とのパイプを持つことも重要です。私はもし、自分がわからない商材に対応するとなったときには、提携しているその分野のプロフェッショナルに同行してもらうこともあります。

 

しかし残念なことに、すべての業者がそのように対応しているとはいえないようです。曖昧(あいまい)な査定をすれば、信頼を失う可能性も多くあり、ご依頼者に対して詐欺(さぎ)同然となってしまうことにもなりかねません。また、お客様にとって満足のいかない結果となることが見えているのであれば、利益だけを考えて無理やり取引を進めるのではなく、正直にご説明し、断る勇気も必要かと思います。

 

人の無知をつき、信義に反する行為は最もしてはならないこと。ご依頼いただいたお品物には、それまで刻(きざ)んできた歴史や思い入れがあるかと思います。ご依頼者様に寄り添い、じっくりとお話を聴き、しっかりと想いを受け取ることが大切であり、どんな思いで依頼をしているのかを理解し、使命感と責任をもって、次に必要な方へ引き継ぐ役割を担うこと。これが、私にとって、社会に貢献させていただく一つのカタチであると思っています。

 

価値を見出し、また新たな価値として社会に循環させることで、再び大切にしてくれる方のもとでモノは生まれ変わり、輝きを取り戻します。そんな橋渡しとしての役割を担えればと思います。

遺品査定士

ブランド品や宝石、アンティークを中心に、年間10万点を超える査定をこなし、培った真贋力を、生前整理・遺品買取に活かす。“丁寧で根拠のある価格説明”をモットーに、思い入れのある大切な“お品物”の橋渡し役として、常にお客様の目線でサービスを提供している。

著者紹介

汐留司法書士事務所 代表 司法書士

26歳で司法書士試験に合格したのち、登記、相続、裁判、それぞれを得意とする複数の事務所に勤務。独立後は士業の専門家集団である汐留パートナーズグループに参画し、ネットワークを強みに、相続に関するコンサルティングに力を入れる。

著者紹介

一般社団法人さいたま幸せ相談センター 代表理事 不動産鑑定士

不動産鑑定士試験合格後、都内の不動産鑑定事務所において約2年間、主に外資系金融機関に対するバルクセール案件の評価、メガバンク依頼による関連会社間における不動産売買にかかる評価等、年間100件以上の案件を手がける。キャリアを積んだのち、遺言書の作成に向けた個人の不動産鑑定に携わったことでやりがいを感じ、相続案件をメインに手がけるようになる。

著者紹介

税理士

24歳で税理士試験に合格し、27歳で税理士登録。実務経験に加え、専門学校の税理士講座で教鞭を執るほか、生命保険の営業も経験。相続税を究めた税理士として、顧客のニーズに沿った親身なオーダーメイドの相続対策を提案。年間150件以上の相続案件に携わる。

著者紹介

一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター 代表理事

大学卒業後、不動産売買仲介大手の東急リバブルへ入社。5年間不動産売買仲介業を経験し、その後は都内初の廃校再生事業を含む不動産再生ビジネス事業や、数百億円規模の不動産ファンドの運用、相続コンサルティングを行なう。営業・管理・マーケティング・運用・相続と、不動産に関わる多彩な部門に精通、過去18年間で1000件を超える不動産・相続案件に携わり、不動産・相続を手がける複数の企業や団体で要職を務める。

著者紹介

株式会社経営承継 代表取締役

会計コンサルタント、IT戦略コンサルタントを経て、大手人材紹介会社に転職。エグゼクティブクラスの採用を担当し、のちに流通・小売専門の人材紹介会社においてエグゼクティブ部門の立ち上げに参画。年間400名の転職希望者との面談を実施した。その後、日本で始めて中小企業の事業承継に関わる後継者紹介サービスを始める。

著者紹介

連載円満相続の実現…事例に学ぶ「大切な資産」の守り方

 

円満相続をかなえる本

円満相続をかなえる本

石川 宗徳,森田 努,島根 猛,佐藤 良久,近藤 俊之,幾島 光子

幻冬舎メディアコンサルティング

「対策が難しい相続」に悩む人に向けてプロフェッショナルが事例とともに分かりやすく解説。大切な資産と人間関係の守り方教えます! 「相続登記と遺言を行なうメリットってなんだろう?」「相続した不動産、売るべき?売らな…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧