1Rマンション投資で重視すべき「物件の立地の利便性」

前回は、ワンルームマンション投資のメリットを紹介しました。今回は、投資用ワンルームマンションを購入する際のポイントを解説します。

空室率に大きく影響する「立地」「利便性」

立地が投資の成否を大きく左右する

 

物件選びで最も大事なのは立地です。立地は空室率に大きく影響します。つまり、立地が良ければ空室率が低くなり、立地が悪ければ空室率が高くなります。では「立地が良い」とは、具体的にどういうことでしょうか。一言でいえば利便性が高いことです。

 

とくに単身者をターゲットにするワンルームマンションの場合、利便性が最も大事であるといってもいいでしょう。ファミリータイプの場合には、子どもの教育などを考えて利便性よりも環境を優先する人もいますが、単身者の場合には、ほとんどが利便性を重視します。

 

「徒歩10分以上」「バス利用」では検索すらされない!?

たとえば、最寄り駅からの距離。徒歩10分を超える物件であれば、人気は大きく下がってしまいます。最近の物件探しはネットで検索するのが主流です。その際には、細かな条件を設定することができます。そのなかでも最寄り駅からの距離は重視される項目です。単身者の場合には、徒歩10分以上やバス利用の物件を検索することはほとんどありません。

 

よって、徒歩10分以上の物件は最初から検索もされません。検索対象にならなければ入居者が来ることもないのです。近くにコンビニがあるかどうかも重視されます。単身者の場合、生活時間が不規則になるケースも多く、スーパーマーケットの営業時間内に最寄り駅に帰り着かないことも少なくありません。そんなとき、深夜まで営業しているコンビニは大きな味方になるのです。

 

物件近くの施設も空室率に大きく関わります。たとえば、大きな病院の近くにあるワンルームマンションは空室率が低くなります。その病院の医師の仮眠室などのために病院が借り上げたり、遠くから通う医師がウィークデーの滞在先として借りたりすることもあるからです。

 

本連載は、2018年1月23日刊行の書籍『決定版! たった90分で人生が変わるワンルームマンション投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載失敗しないワンルームマンション投資…物件選び・購入のポイント

株式会社レイシャス 代表取締役

不動産会社にて支店長、営業本部長執行役員を歴任し、2011年に株式会社レイシャスを設立。タックスプラン、リタイアメントプランを絡めた不動産コンサルティングに定評がある。AFP、宅地建物取引士。自身も投資不動産を所有している。

著者紹介

決定版! たった90分で人生が変わるワンルームマンション投資入門

決定版! たった90分で人生が変わるワンルームマンション投資入門

住吉 秀一

幻冬舎メディアコンサルティング

90分でまるわかり! 本当に本当の「初心者向けの不動産投資本」です! 世の中に数多く出版されている不動産投資本。初心者向けとうたっていても、その実は専門用語が多かったり、わかりにくい計算式が書かれていたり……。ぱ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧