▲トップへ戻る
借金を背負っての病院経営…覚悟が決まった「意外な一言」

一代で11の医療・介護施設の開業に成功した医師の軌跡から、事業拡大における極意を見ていく本連載。今回は、その第19回です。

開業を決める前に抱えていた、借金返済に対する不安

開業の経緯をたどる際に、どうしても忘れられないことがあります。

 

それは、貯金が100万円しかないのに、どうやって資金を工面するかとなった時のことです。仮に借りられても運転資金を失えば、開業は失敗です。

 

義兄が開業していたから泣きつこうかとも思っていましたが、断られることも考えられます。そこで悩んでいた時、不動産業を営む協力者のNさんがこんなアイデアをくれました。

 

「万が一、借金をしても返済できなかったらどうすればいいか、先生知っていますか?」

 

私にはまったく何も思い浮かびませんでした。するとNさんは言いました。

 

「奥さんと離婚して、先生だけが借金を踏み倒せばいいんですよ。そうすれば、奥さんやお子さんに罪はかかりません」

 

なるほど、と思いました。人を殺したりするわけではないのだから、死刑になることはないでしょう。法律に明るくないので分かりませんが、詐欺になるとすれば何カ月か何年間か、私一人が刑務所に入ればいいだけです。また自己破産すれば、そこでチャラになるはずです。

 

そう考えた途端、ものすごく気が楽になりました。

 

「なんだ、俺一人、ちょっとお務めすればなんとでもなるじゃないか」

 

そこから急に元気が出てきました。悩むことなどなかったのです。

 

私一人が土下座をして地べたを這いずり回ってでも、粘りに粘ってお金を手に入れることができれば、先に進めるわけです。これで怖いものなどなくなり、その結果、さまざまな手助けをもらいながらも開業するに至りました。

 

こうして目標の歯車が一つ、カチリと動いたのです。

尊敬する先生の教え「始めたら絶対止めないこと」

私の母校、知名中学校の校訓に「精一杯」という言葉があります。興味と好奇心を持ち何か目標を見つけたら、執念を持って精一杯努力し、続けていく。そうすれば一つ歯車は動きます。一つ動いたら、今度は二つ目を動かし、三つ目を動かしていくうちに加速し、先に進んでいくことができます。

 

これは尊敬する中山先生の「とにかく始めること。始めたら絶対止めないこと」という教えにつながります。特に私の場合は人工透析を扱っていますから、いったん始めたら止めるわけにはいきません。仕事自体、継続が最も必要とされます。

医療法人社団明生会理事長 千葉県医師会会長

千葉大学医学部卒業。1991年に千葉県東金市にクリニックを開業。透析施設7施設、介護施設4施設、関連施設4施設の包括的なネットワークで、患者が安心して受けられる透析治療や介護サービスを提供。日本透析医学会教育関連認定施設でもある同法人の東葉クリニックでは、学会や研究会などで毎年数多くの報告を行う。医療連携室にソーシャルワーカーを配置することで地域との連携を図り、保健・医療・福祉の3方向から総合的なサービスの提供を目指している。

著者紹介

連載11の医療・介護施設を開業した医師に学ぶ「事業拡大」の秘訣

 

 

ドクター・プレジデント

ドクター・プレジデント

田畑 陽一郎

幻冬舎メディアコンサルティング

医療者である開業医が突き当たる「経営」の壁。 経営者としてはまったくの“素人”からスタートした著者は、透析治療を事業の柱に据えて、卓越した経営センスで法人を成長させていく。 徹底的なマーケティング、2年目で多院展…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧