▲トップへ戻る
北朝鮮のミサイル発射・・・どんな意味を持つのか?

今回は、北朝鮮のミサイル発射はどんな意味を持つのかを見ていきます。※本連載は、元外務省主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍し、現在は作家として執筆活動やラジオ出演、講演活動を行っている佐藤優氏の著書『佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界』(時事通信出版局)の中から一部を抜粋し、緊張が高まる国際情勢分析をご紹介します。※本連載は、2018年1月22日刊行の書籍『佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界』から抜粋したものです。

ミサイルが落ちたのは「日本近海」?

前回の続きです。

 

さて、その北朝鮮ですが、このところミサイルを発射して日本中が揺れています。しかし、ミサイル発射がどういった意味を持つのか。これは冷静に考えてみる必要があります。それを確認していきましょう。

 

2017年8月29日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射して、襟裳岬沖の東約1180キロのところに落ちました。そして、その後、9月15日にも北朝鮮は弾道ミサイルを発射して襟裳岬沖東2200キロに落ちました。両方とも、「日本の上空をミサイルが飛んで、日本近海に落ちた」といって騒いだんだけれども、そもそも、北朝鮮の平壌と日本の襟裳岬の距離って何キロだと思いますか。約1500キロです。

 

では、それを踏まえて、襟裳岬から2200キロ離れたところを「日本近海」とする見方が妥当なのかどうか。8月の襟裳岬の東約1180キロにしても「日本からはだいぶん遠くに落ちたな」と見る方が普通だと思います。

 

そもそも、日本の上を通ってミサイルが飛んだのは8月29日で5回目です。その前に4回飛んでいるのですが、前回までは全然騒いでいない。どうして今回、こういう騒ぎになるのか。この解明をしたいと思います。

「領海」の範囲

ミサイルが飛んだ意味を評価する前に、まず我々は「領空」とは何かを知らないといけません。ただ、「領空」を知るためには、その前に、「領土」と「領海」を知らないといけないので、順番に確認していきます。

 

まず「領土」というのは土地のことですね。でも、日本は島国です。周囲の多くを海で囲まれているわけです。海には潮の満ち引きがあって満潮と干潮がある。どの段階をもって領土の境界線とするか。これは「低潮線」で考えます。1年で一番潮が引いた日です。その線から海に向けて12海里、この中が「領海」です。

 

さて、ここで質問です。仮に千葉県銚子沖の3海里のところを、許可を得ないで韓国の貨物船が通っていたとします。3海里ですから日本の領海内です。さて、これは国際法違反でしょうか。これは国際法的に合法なんです。

 

では、銚子沖の同じ3海里のところを北朝鮮のミサイル駆逐艦が銚子の方にミサイルを向けながら航行していった場合、国際法違反でしょうか。実は、これも国際法的には認められる行為です。国際法では領海の「無害通航権」というものが認められています。

 

「無害」というのは、漁業をしない、調査をしない、ミサイルや大砲をぶっ放さない、といったことです。「通航」というのは、止まらない、止まろうとして錨を下ろさないということです。そうしている限り、国際法的には合法なんです。でも実際に、日本の領海内に他国が軍艦を入れるというのは、国際法的には合法であっても、極めて失礼な行動なので、通常は行いません。

 

しばらく前に話題になりましたが、南シナ海に、中国が人工島を造りました。そのときに、アメリカが横須賀の基地からイージス艦という軍艦を送って、12海里内を通航しました。日本の新聞は「アメリカは中国の主張を認めないという、毅然たる態度を示した」と書きました。でも、先に確認した通り、止まらずにイージス艦が航行するということは、中国から見れば、「中国の領海であるということを無害通航権を行使することで認めた」、こういうふうにも解釈できるんです。

 

ちなみに、仮に、東京湾内に北朝鮮船が入ってきたらどうなるか。これはすぐに攻撃して沈めてもかまいません。湾というのは内海であって、琵琶湖や霞ヶ浦と同じ扱いです。完全な主権が及ぶから、外国の艦船は立ち入れないんです。

 

「無害通航権」での例外は潜水艦です。潜水艦は潜航したままでは外国の領海に入ることができません。浮上して自分の所属する国の国旗を揚げないといけないんです。

作家、元外務省主任分析官

1960年東京都生まれ。大宮市(当時)で高校卒業まで育つ。埼玉県立浦和高校卒業後、同志社大学神学部に進学。同大学院神学研究科修了。在学中は組織神学、無神論について学び、特にチェコの神学者、ヨセフ・ルクル・フロマートカに興味を持つ。85年外務省に入省。在英国日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館に勤務した後、本省国際情報局分析第一課主任分析官(課長補佐級)として対ロシア外交の最前線で活躍。外交官としての勤務のかたわら、モスクワ大学哲学部の講師(弁証法神学)や東京大学教養学部非常勤講師(ユーラシア地域変動論)も務めた。2002年5月、鈴木宗男事件に絡む疑惑をうけて、背任と偽計業務妨害容疑で東京地検特捜部に逮捕、起訴され東京拘置所で512日間拘留。2005年に執行猶予付き有罪判決。2009年6月に最高裁で上告棄却、執行猶予付き有罪確定(懲役2年6カ月、執行猶予4年)で外務省を失職。2013年6月、執行猶予期間を満了し、刑の言い渡しが効力を失った。
2005年に発表した『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』で第59回毎日出版文化賞特別賞受賞。2006年『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。

著者紹介

連載佐藤優の地政学リスク講座~米朝開戦の可能性

本連載は、2018年1月22日刊行の書籍『佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界』から抜粋したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界

佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界

佐藤優

時事通信出版局

一触即発の世界はいつまで続くのか。 佐藤優が北朝鮮問題に切り込んだ本書の内容をQ&Aで紹介します。(本書の内容を構成しました。「…」部分は本書で) Q 米朝開戦の可能性は! ? 佐藤優 危機は高まってきている。5軒先でボ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧