核廃絶に向けて我々に求められる思考とは何か?

今回は、核廃絶に向けて我々に求められる思考について取り上げます。※本連載は、元外務省主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍し、現在は作家として執筆活動やラジオ出演、講演活動を行っている佐藤優氏の著書『佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界』(時事通信出版局)の中から一部を抜粋し、緊張が高まる国際情勢分析をご紹介します。※本連載は、2018年1月22日刊行の書籍『佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界』から抜粋したものです。

危ない「盾」の強化

前回の続きです。

 

それを認識した上で今の緊張状態の軟着陸を図って、北朝鮮だって圧倒的多数の人たちは普通の人間なんですから、中長期的、10年とか15年とかいうスパンで核廃絶に向けていく流れをつくらないといけない。

 

ちなみにTHAADみたいな高高度防衛システムを入れるのは私は反対です。どうしてかというと、これは矛と盾の盾を強化するということで、かつてレーガンがソ連に対して同じことをやりました。それでアメリカに対抗したソ連が盾を強化しようとして経済力がないために息切れしてソ連崩壊へと向かったわけです。

 

だから現在のロシアや中国はそこから学んでいて、盾ではなくて、矛を強化する方向に向かっています。それは多弾頭なんです。

 

今の最新型ミサイルは、相手の陣地に着弾する前に、ぱこっとふたが開いて、鳳仙花みたいに10個ぐらいの爆弾が飛んでくるという形です。今は10個ぐらい出せるんだけど、これが40個、50個出せるようにもうすぐなるでしょう。

 

そうしたらトリクルダウン(技術移転)が起きる。北朝鮮が多弾頭ミサイルを持つようになる。そして中東の独裁国が持つようになる。「イスラム国」のような国際的なテロ組織が持つようになる。そうしたら偶発的な核戦争で人類は死滅するかもしれない。こういうリスクがあるから、核廃絶、少なくとも軍拡競争を止めることがものすごく重要なんです。

 

核兵器でも起こり得る「トリクルダウン」の怖さ

トリクルダウンの怖さは、この前、アメリカのラスベガスで320メートルぐらいのビルから銃を乱射した事件がありましたね。あの時、ビルの32階から撃って、500メートル先にいた人が弾に当たって死んでいます。

 

銃には、もともとそんな殺傷力はなくて、あの事件の犯人は1分間に700発撃つことができる装置を銃につけていた。軍の銃ならともかく、民間人の持つ銃でなぜそういうことが可能になったのでしょうか。

 

9・11の米同時多発テロの後、アメリカはアフガニスタンで戦争をしていました。アメリカ兵の犠牲を減らすために、向こうからは届かず、こちらからは長距離を撃てる正確な銃が必要になって開発したら、その技術が民間に下りていっちゃったんです。

 

それで、一人の変なおじさんがビルの上から銃を乱射して、簡単に大量の人を殺せるようになったんです。

 

核兵器でも同じトリクルダウンが起きる。だから本当に今は大変な時代だけれども、何とか我々は生き残るために柔軟な思考と総合的な判断力を持って、社会や国際情勢を見ていかないといけないんです。

作家、元外務省主任分析官

1960年東京都生まれ。大宮市(当時)で高校卒業まで育つ。埼玉県立浦和高校卒業後、同志社大学神学部に進学。同大学院神学研究科修了。在学中は組織神学、無神論について学び、特にチェコの神学者、ヨセフ・ルクル・フロマートカに興味を持つ。85年外務省に入省。在英国日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館に勤務した後、本省国際情報局分析第一課主任分析官(課長補佐級)として対ロシア外交の最前線で活躍。外交官としての勤務のかたわら、モスクワ大学哲学部の講師(弁証法神学)や東京大学教養学部非常勤講師(ユーラシア地域変動論)も務めた。2002年5月、鈴木宗男事件に絡む疑惑をうけて、背任と偽計業務妨害容疑で東京地検特捜部に逮捕、起訴され東京拘置所で512日間拘留。2005年に執行猶予付き有罪判決。2009年6月に最高裁で上告棄却、執行猶予付き有罪確定(懲役2年6カ月、執行猶予4年)で外務省を失職。2013年6月、執行猶予期間を満了し、刑の言い渡しが効力を失った。
2005年に発表した『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』で第59回毎日出版文化賞特別賞受賞。2006年『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。

著者紹介

連載佐藤優の地政学リスク講座~米朝開戦の可能性

本連載は、2018年1月22日刊行の書籍『佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界』から抜粋したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界

佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界

佐藤優

時事通信出版局

一触即発の世界はいつまで続くのか。 佐藤優が北朝鮮問題に切り込んだ本書の内容をQ&Aで紹介します。(本書の内容を構成しました。「…」部分は本書で) Q 米朝開戦の可能性は! ? 佐藤優 危機は高まってきている。5軒先でボ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧