▲トップへ戻る
「北朝鮮ミサイル打ち上げ」をどう見るか?

今回は、「北朝鮮ミサイル打ち上げ」をどう見るかについて取り上げます。※本連載は、元外務省主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍し、現在は作家として執筆活動やラジオ出演、講演活動を行っている佐藤優氏の著書『佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界』(時事通信出版局)の中から一部を抜粋し、緊張が高まる国際情勢分析をご紹介します。※本連載は、2018年1月22日刊行の書籍『佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界』から抜粋したものです。

空と海では異なる運用

前回の続きです。

 

「領土」と「領海」を確認したので、「領空」を見ていきましょう。

 

さて問題です。日本の領空に、戦闘機のようにミサイルや機関銃がついていない、どう見てもボーイング767のような旅客機が入ってきたとします。攻撃はしないようだけれども、国籍はよく分からない。こういう状態のときに、国際法的に、この旅客機を撃ち落としてもよいでしょうか。それともだめでしょうか。

 

これは撃ち落として構わないんです。「領空」においては、先ほど確認したような「領海」における「無害通航権」はありません。軍用機であるとか、国籍不明機は、発見した瞬間に撃ち落として構わない。これが国際法の考え方です。

 

はっきりと民間航空機と分かる飛行機との間では、国際的に決められている通信用の周波数で連絡を取ることができます。その周波数を使って当該機に連絡を取り、「あなたの機は領空侵犯しているから、これから、この空港に着陸してください」と言って強制着陸させることができるんです。

 

つまり、空と海では運用の仕方が全然違います。

 

だから、領空侵犯がもし起きているとすれば、それは開戦前夜みたいな話です。

 

領海の12海里の上空が領空ですが、日本はその外側100〜400キロのところまで「防空識別圏」を設定しています。もし、「防空識別圏」内にロシアや中国の飛行機が入ってきたら、例えば、小松空港から航空自衛隊のF15戦闘機がスクランブルで発進して、例えばロシア機であれば、ロシア語でパイロットに防空識別圏を越えていると警告するわけです。

 

私の知り合いで、自衛隊のパイロットをしている人がいるのですが、日本の防空識別圏を越えて入ってきたロシア機の横にぴったりくっついて飛んだことがあるそうです。それでマッハ2ぐらいの速度で飛んでいたら、コックピットにいたロシア人のおじさんが画用紙に「平和」って漢字で書いて、こっちにその画用紙を見せながら、手を振ってくるのが見えたそうです(笑)。マッハ2というのは音速を超えているから、ちょっと操縦を間違えたら接触して墜落です。まあ、パイロット同士で、そういうふうにして腕を競っているというような話です。

 

しばらく前に、ロシア軍機がトルコに入って、それをトルコ側が撃ち落として、一時、ロシアとトルコの間で戦争になるんじゃないかという危機がありました。その後、トルコ国内でクーデター未遂が起きたから、この話があいまいになりましたが、そういう危険な話です。

ロケットは打ち上げても構わない

さて、ミサイルの話に戻ります。

 

8月29日北朝鮮から弾道ミサイルが発射された日、小野寺五典防衛大臣は記者団に「日本の領空を約2分間飛翔したが、わが国に飛来する恐れがないと判断し、自衛隊法に基づくミサイル破壊措置は実施しなかった」と説明しました。領空という言葉が言い間違いの可能性もあります。しかし、あの日の朝、日本の政治かも報道関係者も領空と、領空外の宇宙空間に属する上空との区別がついていたようには思えません。

 

仮に、領空を飛翔したということであればそれは領空侵犯で、確認してきた通り、これは開戦前夜みたいなものです。だから、あの日大変だったわけです。「これは開戦前夜みたいなものだ。北朝鮮は日本の領空を侵犯して戦争を始めるんじゃないか」ところが、「領空」には高さの問題があるんです。

 

国際法では、これまで確認してきた「領海」とか「領土」とか「無害通航権」ということについては、「国連海洋法条約」という文書になっています。でも、文書になっている国際法というのは実はごく一部で、文書になっていない「慣習国際法」というものがあります。

 

慣習的な国際法では、宇宙空間は自由に利用できる場所です。どの国も、ミサイルやロケットを打ち上げてもかまわない。

 

ミサイルとロケットの違いは何か。先端に爆弾がついていればミサイル、爆弾がついていなければロケットです。現段階で北朝鮮は先端に爆弾をつけていないので、「ロケットを打ち上げた」と言っても、それはうそではない。

 

ただし北朝鮮は例外的に、ロケットやミサイルを打ち上げることを国連の安保理決議で禁止されています。どうしてかというと、核兵器をつくって、それを小型化してミサイルに搭載する危険性があるからです。でも、北朝鮮がもし国連を脱退すれば、安保理決議の拘束はかかりません。

 

宇宙空間の範囲はどうなっているのか明確な定義はないのですが、慣習的な国際法では「大気圏外」を宇宙と言っています。

 

プロペラ機が飛んでいるのは大体高度3000メートルから7000メートルぐらいでしょう。ジェット機が飛んでいるのは高度8000メートルから1万2000メートルぐらいですね。いずれにせよ対流圏といわれる16キロメートル以内です。大気圏というのは、成層圏、中間圏を超えた80キロメートルあたりから急に空気が薄くなる。120キロメートルを超えると、地球の引力による大気はなくなり宇宙空間になる。通常、100キロメートルを超えた上空は、どの国の領空でもない。主権が及ばないとされているわけです。

作家、元外務省主任分析官

1960年東京都生まれ。大宮市(当時)で高校卒業まで育つ。埼玉県立浦和高校卒業後、同志社大学神学部に進学。同大学院神学研究科修了。在学中は組織神学、無神論について学び、特にチェコの神学者、ヨセフ・ルクル・フロマートカに興味を持つ。85年外務省に入省。在英国日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館に勤務した後、本省国際情報局分析第一課主任分析官(課長補佐級)として対ロシア外交の最前線で活躍。外交官としての勤務のかたわら、モスクワ大学哲学部の講師(弁証法神学)や東京大学教養学部非常勤講師(ユーラシア地域変動論)も務めた。2002年5月、鈴木宗男事件に絡む疑惑をうけて、背任と偽計業務妨害容疑で東京地検特捜部に逮捕、起訴され東京拘置所で512日間拘留。2005年に執行猶予付き有罪判決。2009年6月に最高裁で上告棄却、執行猶予付き有罪確定(懲役2年6カ月、執行猶予4年)で外務省を失職。2013年6月、執行猶予期間を満了し、刑の言い渡しが効力を失った。
2005年に発表した『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』で第59回毎日出版文化賞特別賞受賞。2006年『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。

著者紹介

連載佐藤優の地政学リスク講座~米朝開戦の可能性

本連載は、2018年1月22日刊行の書籍『佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界』から抜粋したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界

佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界

佐藤優

時事通信出版局

一触即発の世界はいつまで続くのか。 佐藤優が北朝鮮問題に切り込んだ本書の内容をQ&Aで紹介します。(本書の内容を構成しました。「…」部分は本書で) Q 米朝開戦の可能性は! ? 佐藤優 危機は高まってきている。5軒先でボ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧