▲トップへ戻る
医療・介護従事者が「学び・刺激になる出会い」を探すには?

前回は、医療・介護従事者が再確認したい「良い病院」の定義について取り上げました。今回は、「学び・刺激になる出会い」を探す方法を紹介します。

出会いの有無と「自分の才能・能力」は関係ない

この人から学べることがあると思えたり、この場所には自分の刺激になる人がたくさんいるというような「出会い」はどうすれば生まれるのか。自分自身がすごく何か人に自慢できるようなものを持っていないと、そういう出会いはないのかというとそうではないのです。

 

H先生からリハビリの本質を説かれた私は「自分はこの道に進もう」とリハビリテーションマインドを持った高齢者医療の実現を目指すことになりました。それから数年後のI先生との出会いも衝撃的だったのです。

 

I先生は脳外科出身、脳出血や脳腫瘍などの患者さんの手術に成功したとしても、その後寝たきりになるケースが多い現実を受け止め、ただ命を救うだけでなく、その人の人生や生活をしっかり見据えた医療を実現したいとリハビリテーションの専門医に転身されました。当時、私は「患者さんをリハビリで元気にして家に帰すんだ!」と意気軒高(いきけんこう)だったこともあり、初めてお会いした日に意気投合したのです。

 

I先生の病院の医療体制もとてもすばらしく、一つの病棟に医師や看護師をはじめ理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士などのリハビリに関わる全職種がいるスタイル。私たちも病棟チーム制はいち早く取り入れていましたがリハビリテーションに特化したバージョンをすでに実現されていたのです。

内に秘めていた「熱い想い」を表に出してみる

よく考えてみると、私にはいつも目の前の兄貴分の先生たちが現れ、その先生たちとの出会いがあって切磋琢磨できたのだと思います。きっと私が「あの先生に追いつき、追い越せ」なんて生意気なことを言っていたからだと思います。

 

自分なんか恐れ多くて、生意気なことを言えない・・・。もしかするとそう思って、熱い想いは内に秘めている人が多いかもしれません。しかし少しその気持ちを表に出してみてほしい。

 

医療・介護に携わる人は少なくとも「もっと良くしたい」と根本は同じ気持ちを持った同志です。その気持ちに触発され人が集まり、きっとあなたにとってプラスとなる新しい出会いがあるはずです。

医療法人真正会・社会福祉法人真寿会 理事長

昭和31年生まれ。帝京大学医学部卒業。埼玉医科大学病院での研修後、医療法人真正会霞ヶ関中央病院に入職。同医局長を経て霞ヶ関南病院病院長に就任。現在に至る。

主な社会活動として、全国デイ・ケア協会会長、日本リハビリテーション病院・施設協会副会長、埼玉県地域リハビリテーション推進協議会会長。また帝京大学医学部・兵庫県立大学大学院・埼玉県立大学・目白大学等で講師を務める。厚生労働省社会保障審議会介護保険部会臨時委員も歴任。

これまでの著書に『ケアマネジメントと組織運営』(メヂカルフレンド社)、『主治医意見書のポイント』(社会保険研究所)、『ケアプランの上手な立て方』(日本実業出版)等がある。医師、日本リハ医学会認定臨床医、認知症サポート医、社会医学系専門医・指導医。趣味はゴルフ、海外旅行、風景写真、水彩画等。

著者紹介

連載医療・介護従事者が「仕事を辞めたくなったとき」の処方箋

 

 

医療・介護に携わる君たちへ

医療・介護に携わる君たちへ

斉藤 正身

幻冬舎メディアコンサルティング

悩める医療・介護従事者たちへ、スタッフ900人超を抱える医療・社会福祉法人の理事長が送る「心のモヤモヤ」を吹き飛ばすメッセージ! 日々、頑張っているつもりだけどなぜか満たされない、このままでいいのかと不安になる―…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧