医療・介護従事者が悩む「患者・利用者」との向き合い方

前回は、医療・介護従事者が悩みがちな「仕事・家庭」の両立への対応策について取り上げました。今回は、医療・介護従事者が悩む「患者・利用者」との向き合い方について考えます。

患者さん・利用者さんが頼れるのはあなただけ

自分のやれることを探している時期というのは、はっきり言って大変です。自分がどうすべきか、何が自分にできるのか暗中模索しながら日々の仕事もしていかなくてはいけないのですから。

 

しかし患者さん・利用者さんにとって、頼れるのはあなたしかいないのです。だからこそ、できることはすべきです。

 

私が大学病院にいた当時、診断部はMRIなどの新しい診断技術や機器が導入されて、いわば花形だった。それに比べて治療部は、まだ5年生存率が20%~30%という時代。治療の副作用の問題もあったりして仕事全般がとても大変だったのです。

 

ご本人も自分の最期がすぐそこに近づいているのが分かる。治療も苦しいし、そうなると精神的にも浮き沈みが激しくなって、なかには荒れる人もいます。そんな人たちと自分はどう向き合っていけばいいんだろうと悩むこともたくさんありました。

 

だけど、その患者さんが頼れるのは自分しかいない。医者である自分がすぐそばにいるということは、それだけで意味があるわけです。それに、その患者さんにも将来は確かに厳しいかもしれないけれど「明日はある」。だから「明日の話」をするようにしようと思いました。

 

患者さんと「明日は何をしようか」と話してみる

患者さんと「明日は何をしようか」という話をするのです。たとえば、息子さんがもうすぐ小学校に入るという方なら「息子さんの筆箱、明日一緒に買いに行きませんか?」という話をして、明日の目標を持ってもらう。

 

放射線治療で髪がなくなってしまった人に「ウィッグを一緒に見に行きましょう」と言って、私が交渉して安くしてもらったりということもしました。

 

そういうことをしていると「医者なのに治療でもないことばかりして」と、ある看護師から批判されたりもしましたが、その人の気持ちを前に向かせてあげることだってすごく大事だと思うんです。

 

その患者さんには治療が日常になっている。またつらい治療に戻らないといけない。でも、ちょっとだけ「楽しみなことがある」というのと何もないのでは治療に向かう気持ちも違ってきます。

 

今でも思い出す、大学でお世話になった法医学の先生の言葉があります。その先生の単位が足りなくて仲良くさせてもらったというのもあるのですが、それは置いておくとして、先生はこう仰いました。

 

「医学は患者さんを診るだけじゃない。医者が患者さんを診察しやすい環境をどうつくるか、というのも大事なんだ」と。

 

誰しも壁にぶつかることはあります。特に医療の世界に飛び込んだばかりのころなんて、「何もできないじゃないか」と悩むこともしばしば。だからこそ誰にもできる「明日の話」。これだけで仕事がずっと楽になるはずです。

 

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「ドクター向け」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載医療・介護従事者が「仕事を辞めたくなったとき」の処方箋

医療法人真正会・社会福祉法人真寿会 理事長

昭和31年生まれ。帝京大学医学部卒業。埼玉医科大学病院での研修後、医療法人真正会霞ヶ関中央病院に入職。同医局長を経て霞ヶ関南病院病院長に就任。現在に至る。

主な社会活動として、全国デイ・ケア協会会長、日本リハビリテーション病院・施設協会副会長、埼玉県地域リハビリテーション推進協議会会長。また帝京大学医学部・兵庫県立大学大学院・埼玉県立大学・目白大学等で講師を務める。厚生労働省社会保障審議会介護保険部会臨時委員も歴任。

これまでの著書に『ケアマネジメントと組織運営』(メヂカルフレンド社)、『主治医意見書のポイント』(社会保険研究所)、『ケアプランの上手な立て方』(日本実業出版)等がある。医師、日本リハ医学会認定臨床医、認知症サポート医、社会医学系専門医・指導医。趣味はゴルフ、海外旅行、風景写真、水彩画等。

著者紹介

医療・介護に携わる君たちへ

医療・介護に携わる君たちへ

斉藤 正身

幻冬舎メディアコンサルティング

悩める医療・介護従事者たちへ、スタッフ900人超を抱える医療・社会福祉法人の理事長が送る「心のモヤモヤ」を吹き飛ばすメッセージ! 日々、頑張っているつもりだけどなぜか満たされない、このままでいいのかと不安になる―…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧