医療・介護従事者が尊重すべき、利用者の「ライフ」「リビング」

前回は、医療・介護現場で利用者との向き合い方に悩んだときの対応策を紹介しました。今回は、医療・介護従事者尊重すべき、利用者の「ライフ」「リビング」について見ていきます。

ただ命があればいいということではなく・・・

医療・介護従事者にとって、その患者さん・利用者さんの疾患や体の機能などを見ることは当たり前。だけど、それ以上にその人の「ライフ」「リビング」をみることが大事なんだよと私はよく言います。口を開けば言ってるかもしれない。

 

直訳すれば命や生活ということになりますが、どうも日本語ではしっくりきません。ただ命があればいいということではなく、その人にとっての有形無形の大切なものが大事にされていて、その人らしく日常を生きられることが重要。そういう意味合いも含めて「ライフ」「リビング」が大事と言っているわけです。

 

もちろん病院や介護施設などにその人がいることは、本来、その人の人生にとっては「非日常」です。けれど、病院が非日常と割り切れない時代になっています。昔のように自宅で最期を迎えることのほうが普通ではなくなっているのですから。

 

今は、入院だけでなく在宅や通所も含めて病院と長く付き合う時代。ある意味でその人の生活の一部になっていると言えるかもしれません。つまり病院などで過ごすことも「生活」なのですから、そのライフやリビングが無機質なものでは寂しいじゃないですか。

 

患者さん・利用者さんがいる場所がその人の人生の一部。そこで友達ができたり、あるいはスタッフとも仲良くなって人間関係ができたりということだって珍しいことではない。

 

そんなふうに私たちの病院や施設がなるとは最初から思っていませんでしたが、それも自然なことだと思うのです。

 

病院にいる時間も「その人の人生の一部」

もちろん、患者さん・利用者さんが自立していけるようになるのがいちばんいいこと。そのために何ができるのかはとても大事です。

 

でも、必ずしもみんながすぐに自立できない。そのとき、病院にいる時間もその人の人生の一部として、楽しく生きるというのは決して悪いことではありません。

 

こういう考え方は「仕事は仕事」と割り切っているとなかなかできないのかもしれない。だけど人間相手の仕事には割り切れないものが何か残るものです。仕事は仕事なのだけれど、単なる仕事じゃなくやること、やれることがある。

 

専門職のスタッフだけでなく事務のスタッフも含め、私たちはそれを大事にしたいと思っているのです。

医療法人真正会・社会福祉法人真寿会 理事長

昭和31年生まれ。帝京大学医学部卒業。埼玉医科大学病院での研修後、医療法人真正会霞ヶ関中央病院に入職。同医局長を経て霞ヶ関南病院病院長に就任。現在に至る。

主な社会活動として、全国デイ・ケア協会会長、日本リハビリテーション病院・施設協会副会長、埼玉県地域リハビリテーション推進協議会会長。また帝京大学医学部・兵庫県立大学大学院・埼玉県立大学・目白大学等で講師を務める。厚生労働省社会保障審議会介護保険部会臨時委員も歴任。

これまでの著書に『ケアマネジメントと組織運営』(メヂカルフレンド社)、『主治医意見書のポイント』(社会保険研究所)、『ケアプランの上手な立て方』(日本実業出版)等がある。医師、日本リハ医学会認定臨床医、認知症サポート医、社会医学系専門医・指導医。趣味はゴルフ、海外旅行、風景写真、水彩画等。

著者紹介

連載医療・介護従事者が「仕事を辞めたくなったとき」の処方箋

 

 

医療・介護に携わる君たちへ

医療・介護に携わる君たちへ

斉藤 正身

幻冬舎メディアコンサルティング

悩める医療・介護従事者たちへ、スタッフ900人超を抱える医療・社会福祉法人の理事長が送る「心のモヤモヤ」を吹き飛ばすメッセージ! 日々、頑張っているつもりだけどなぜか満たされない、このままでいいのかと不安になる―…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧