営業課長・九門が語る「マンション・オーナー」になるメリット

エリートサラリーマン・須藤を通して「不動産投資」について学ぶ本連載。今回は、営業課長・九門が語る「マンション・オーナーになるメリット」について見ていきます。

「須藤様、このたびは、貴重なお時間をいただき…」

「お待たせいたしました。ブレンドコーヒーを3つでございますね。ご注文のほうは、以上でおそろいでしょうか」

 

ウェイトレスがお辞儀をして去ると、4人掛けのボックス席には、コーヒーが3つと、ゴールデンゴール商事の二人とオレの三人が残された。

 

さきほど渡された名刺によると、テーブルをはさんで目の前の2人掛けシートに腰を据えた、相撲取りをほうふつとさせる大男が、営業課長の九門雷同(くもん らいどう)。

 

そして、なぜか九門の隣ではなく、オレの隣に腰を下ろしたのが、電話をかけてきた橘高愛良(きったか あいら)だ。恰幅のいい九門の隣だと窮屈なのだろうか。

 

「須藤様、このたびは、貴重なお時間をいただき、まことにありがとうございます」

 

満面の笑みを浮かべた九門が、オレの目をまっすぐに見ながら口火を切った。笑顔になると目が細くなって、表情が読めないタイプだ。

 

「さっそく、ご説明のほうに入らせていただきますね。実は、私どもが扱っているのは、マンション・オーナーとして家賃収入を得る方法なんです」

 

「マンション、オーナーですか?」

 

「そうです。ご存知でしたか?」

 

「詳しくは知りませんが、マンションを買って、それを人に貸して、家賃収入を得るってことですよね。残念ですが、マンションを買うようなお金はありませんよ」

 

オレがそう言うと、九門は再びにんまりと笑って答えた。

 

「オーナーさまには、ほとんどご負担がかかりません」

「皆さん、最初はそうおっしゃるんです。でもね、実はマンションを買うのに、お金はほとんど必要ありません。銀行が貸してくれるんです」

 

「なるほど。でも、借りたお金は、いつか返さなきゃならないでしょう」

 

「もちろんそうです。借りたらすぐに、毎月の返済が始まります。しかし、その返済にもお金は必要ないんです。なぜかと言えば、マンションを買ったら、すぐに家賃収入が入るからです。銀行への返済は、この家賃収入でまかないます。ですから、オーナーさまには、ほとんどご負担がかかりません」

 

「なるほど、家賃収入があって、そこから銀行ローンを返済して、その差額が毎月の私の収入になるという話ですね」

 

「そうですねー、ただし、購入のための資金を全額、銀行から借りる場合は、ちょっとそうはならないんです。というのはー、あの、毎月の返済金額が大きい場合は、家賃収入とほぼ同額になってしまうことがあるんです。その場合は、返済が終わるまでは収入がほとんどないかもしれません。

 

けれども、ご安心ください! ローンの返済が終われば、後は家賃の全額が、永久に須藤様のものになります!もちろんマンション自体も須藤様のものですから、自分で住むこともできます。最初のうちは、収入がほとんどなくても、将来的にはマンションが手に入るんです。しかも、購入資金は家賃収入でまかなうことになりますから、本来の売り出し価格に比べれば、非常に安価に入手できるんです!」

 

九門の声がやや高くなった。橘高は、隣でしきりに頷いている。確かに、九門の言うことがすべて正しいのだとすれば、おいしい話だ。

 

けれども、オレのおじいちゃんは言っていた。

 

うまい話には裏がある。

 

「本当に、そんなにいい話なら、なんでゴールデンゴール商事さんが、自分でやらないんですか? あるいは、九門さんや橘高さんが、自分でオーナーになればいいじゃないですか」

 

「さすが、須藤様はするどいですね! そうなんです、本当は私どもが自分でやりたいところなんですが、実は、それができない理由があるんです。というのは、このスキームだと、銀行からお金を借りることがどうしても必要なんですが、銀行は、ある程度年収の高い個人にしか、このようなマンション購入資金を貸してくれないんです」

 

「ああ、だから電話で『ジャパソニックの社員にしかできない』と言っていたんですね」

 

「そうなんです! さすがですね! 私どものような中小企業の社員では、銀行からお金を借りられないんです。ですから、やむを得ず、広くお客様を募集しているといった状況なんです。

 

それに! 年収の高い人の場合、ボーナスが付くんです! というのは、マンションを買ってローンを支払っていると、その利息分は経費扱いになるので、税金が安くなるんです! 具体的な数字をお出ししましょうか?」

 

九門は慣れた手つきで資料を取り出すと、年収がこれくらいで、ローンがこれくらいなら、税金はこれくらい安くなるなどと指で示しながら説明した。

 

「須藤様の場合、おそらく年間20万~30万円は安くなるんじゃないですかね。それに、まだほかにもメリットはあるんです。須藤様は保険に入っていらっしゃいますか?」

 

オレは首を横に振った。

 

本連載は、2017年11月2日刊行の書籍『40歳独身のエリートサラリーマンが「不動産投資」のカモにされて大損した件』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載〈ノベル〉40歳独身のエリートサラリーマンが「不動産投資」のカモにされて大損した件

マネー総合研究所 所長

1974年2月兵庫生まれ。北九州市立大卒。財形や投資など、マネーに関する専門家。
大手精密メーカー・オリンパスに勤務していたサラリーマン時代に不動産投資を行い、5000万円の家賃年収を得てリタイアしたことから、不動産投資を核とした財産形成を得意としている。
儲からない新築区分マンション投資で失敗したサラリーマンや公務員からの相談に対して、独自のリカバリー理論で数多くの人を救った経験を持つ。

著者紹介

40歳独身のエリートサラリーマンが「不動産投資」のカモにされて大損した件

40歳独身のエリートサラリーマンが「不動産投資」のカモにされて大損した件

杉田 卓哉

幻冬舎メディアコンサルティング

大手上場企業に勤めるサラリーマン、須藤。40歳独身。将来への不安から、副収入を求めて「新築区分マンション投資」に手を出すが・・・。可愛い声の女性担当者がテレアポでおびき寄せ、イカつい営業マンが強引にクロージング!…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧