相変わらず「資金繰り」「借入」に苦しむ中小企業の実態

前回は、従来のビジネスモデルの変更を余儀なくされ、曲がり角に直面する銀行の実情を取り上げました。今回は、資金繰りや金融機関からの借入の厳しさに苦しむ中小企業の実態を見ていきます。

年々低下する「銀行の預貸率」だが・・・

銀行の預貸率は年々低下しており、その大きな理由が個人レベルでも企業レベルでも資金需要が減少していることにあるということはすでに述べました。しかし、一方で今の日本には、資金を必要としながら、十分にお金が回っていないところもあります。それが、中小企業向けの金融です。

 

図表1は、国内銀行の中小企業向け融資残高の推移です。2000年前後からどんどん減っており、2016年3月にはピーク時の1995年12月(266兆円)に比べて81兆円、割合にして30%も減っていることが分かります。

 

[図表1]国内銀行の中小企業向け融資残高推移

出典 日本銀行
出典 日本銀行

 

また、図表2は、企業規模別に国内銀行から企業への貸出の総量を見たものです。1993年(第2四半期)を基準にすると、バブル崩壊から2000年代中頃にかけて、中小企業・大企業とも貸出は3割程度減少しました。バブル崩壊によって多額の不良債権を抱えた金融機関が、融資を絞ったからです。

 

しかし、その後は企業の規模によってまったく違う動きを示しています。大企業はリーマン.・ショック時にいったん大きく落ち込みましたが、その後はおおむね拡大傾向にあり、1993年の水準まで回復してきています。一方、中小企業はリーマン・ショック後も大きくは変わっていません。

 

[図表2]企業規模別に見た金融機関からの貸し出しの推移

出典 日本銀行「金融経済月報」
(注)  1. 貸出には信託勘定、海外店勘定も含む。
2. 国内銀行のみを集計している。
3. グラフ内の数値は、それぞれ1993年第2四半期、2005年第2四半期、2015年
第4四半期の数値を表している。
出典 日本銀行「金融経済月報」
(注) 1. 貸出には信託勘定、海外店勘定も含む。
   2. 国内銀行のみを集計している。
   3. グラフ内の数値は、それぞれ1993年第2四半期、2005年第2四半期、2015年 第    4四半期の数値を表している。

好景気でも資金繰りが苦しい中小企業

これはいったいなぜでしょうか。中小企業も大企業と同じように、収益が増えているので銀行からの借入をどんどん減らしているからでしょうか。

 

皆さんの周りにもいろいろ中小企業のお知り合いがいると思います。なかには業績順調で儲かっている会社もあるでしょう。しかし、多くの中小企業は、忙しいもののなかなかそれが収益に結び付いていないのではないでしょうか。

 

実際、多くの中小企業は、資金繰りの厳しさや金融機関からの借入の難しさを感じているようです。図表3は、日本銀行が3カ月ごとに公表している「全国企業短期経済観測調査」(略して「短観」)という統計データです。

 

[図表3]日銀「短観」における企業の融資判断

出典 日本銀行
出典 日本銀行

 

バブル崩壊後の企業の資金繰り判断を見ると、景気循環に連動するように中小企業も大企業も資金繰りについての状況認識が良くなったり悪くなったりしています。

 

しかし、よく見ると大企業のほうは、景気が大きく落ち込んだとき以外はだいたい常に資金繰りの判断がプラス(資金繰りに困っていない)で推移している一方、中小企業は好景気のときであっても資金繰りについての判断がプラスになることは少なく、中小企業の資金繰りは、大企業と比較して厳しいことが分かります。

 

また、金融機関の貸出態度についての判断についても、中小企業と大企業を比較すると、中小企業のほうが金融機関からの借入が厳しいと感じています。

 

ちなみに、中小企業に対する融資を行うのは主に地銀や信用金庫といった地域金融機関です。メガバンクの場合、1回の融資額が大きく、かつ信用力があって無担保で貸せる優良大企業への貸出がメインであり、中小企業向けは採算が合わないことなどからあまり手掛けていません。

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

Tranzax株式会社 代表取締役社長

一橋大学卒業後、野村證券に入社。金融法人部リレーションシップマネージャーとして、ストラクチャード・ファイナンス並びに大型案件の立案から実行まで手掛ける。主計部では経営計画を担当。経営改革プロジェクトを推進し、事業再構築にも取り組んだ。2004年4月にエフエム東京執行役員経営企画局長に。同年10月には放送と通信の融合に向けて、モバイルIT上場企業のジグノシステムを買収。2007年4月にはCSK-IS執行役員就任。福岡市のデジタル放送実証実験、電子記録債権に関する研究開発に取り組んだ。2009年に日本電子記録債権研究所(現Tranzax)を設立。

著者紹介

連載日本の金融業界を変える~フィンテックの可能性

企業のためのフィンテック入門

企業のためのフィンテック入門

小倉 隆志

幻冬舎メディアコンサルティング

圧倒的な「コスト削減」「業務効率化」「キャッシュフロー改善」を実現する最新技術とは? フィンテックは一時の流行の枠を超え、次のステージに入っているという見方が大勢を占める。 ビットコインのリスクなどマイナス要…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧