銀行の「弱点・強み」から探る、日本の金融業の可能性

前回は、親事業者の取り締まりを強化する、下請法の運用基準の見直しについて取り上げました。今回は、日本の金融業の可能性を、銀行の「弱点」と「強み」から考察します。

マニュアルどおりで、安全を重視し過ぎる日本の銀行

日本の金融業、特に銀行はバブル崩壊後、膨大な不良債権の処理に追われて融資等については慎重になり過ぎたきらいがありました。金融庁による経営の健全性に対する厳しい検査・監督の影響もあったでしょう。

 

その結果、多くの銀行では担保や保証を重視した、ある意味、マニュアルどおりの横並びの融資しか行えなくなりました。

 

[PR] 4月24日(火)無料セミナー@幻冬舎(東京)

「電子記録債権」のすべてが分かる企業のための実践セミナー

かつては、社長の人となりを見て企業への融資判断をしたといった話もありましたが、今、銀行にそういう数字に基づかない判断を求めても無理でしょう。

 

日本の金融業は従来、横並びで安全を重視し過ぎると指摘されていますが、それがいっそう強固になってしまったようです。また、国内の資金需要が大きく低下しているのに、銀行の数が多過ぎるのではないか(オーバーバンキング)という指摘があります。

 

GDPや預金額に対する割合で見て、アメリカやドイツは日本よりはるかに多くの銀行があるといわれ、単純な数の問題ではないにしろ、個人や企業など顧客の役に立っている銀行がどれだけあるのかという問題提起は当然でしょう。

財務体質が強固で、優秀な人材を確保しやすい利点も

その一方で、日本の銀行は不良債権の処理に長い時間を要したため、2008年のリーマン・ショックの原因となったサブプライムローン関連の金融商品などにはほとんど手を出しておらず、欧米の金融機関に比べると財務体質はしっかりしています。

 

預貸率の低さもあり、手元には十分な資金があるので、その気になれば貸し出しを増やすことはさほど難しくないはずです。

 

また、日本の金融機関はこれまで、就職先として人気が高く、優秀な人材を多く囲い込んできました。正社員数は業界全体で30万人弱います。この人材の能力を十分に引き出すことができれば、社会全体にとっても大きなプラスでしょう。日本の既存の金融機関には弱点もありますが、強みも持ち合わせているのです。

 

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載日本の金融業界を変える~フィンテックの可能性

Tranzax株式会社 代表取締役社長

一橋大学卒業後、野村證券に入社。金融法人部リレーションシップマネージャーとして、ストラクチャード・ファイナンス並びに大型案件の立案から実行まで手掛ける。主計部では経営計画を担当。経営改革プロジェクトを推進し、事業再構築にも取り組んだ。2004年4月にエフエム東京執行役員経営企画局長に。同年10月には放送と通信の融合に向けて、モバイルIT上場企業のジグノシステムを買収。2007年4月にはCSK-IS執行役員就任。福岡市のデジタル放送実証実験、電子記録債権に関する研究開発に取り組んだ。2009年に日本電子記録債権研究所(現Tranzax)を設立。

著者紹介

企業のためのフィンテック入門

企業のためのフィンテック入門

小倉 隆志

幻冬舎メディアコンサルティング

圧倒的な「コスト削減」「業務効率化」「キャッシュフロー改善」を実現する最新技術とは? フィンテックは一時の流行の枠を超え、次のステージに入っているという見方が大勢を占める。 ビットコインのリスクなどマイナス要…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧