女性の薄毛・・・どのような種類や症状があるのか?④

前回に引き続き、女性の薄毛(脱毛症)には、どのような種類や症状があるのかを見ていきましょう。今回は、「分娩後脱毛症」の概要を説明します。

成長期に生えた髪の毛が一気に抜ける「分娩後脱毛症」

●分娩後脱毛症

 

「分娩後脱毛症」とは、分娩後2~3カ月以内に生じる脱毛症で、慢性休止期脱毛症と同じような症状が現れます。

 

妊娠後期には、エストロゲンが増加する影響で毛周期の成長期が長くなり、退行期に移行しなくなります。ところが、分娩後は2~3カ月でエストロゲンの量が元に戻り、ヘアサイクルも成長期から急速に休止期に移行します。それまでの成長期でたくさん生えた髪が休止期に入り、一気に抜けてしまうのです。

 

もともと抜けるはずの髪の毛が抜けるべきときに抜けず、長い成長期を経たあとにまとまって抜けるため、一時的に見た目も薄く感じてしまいます。

 

症状としては、抜け毛の増加から頭髪全体のボリューム感の減少、地肌が透けて見えるような状態などがあります。また、前頭部の生え際から後退していくこともあります。

 

なお、ピルを飲んでいる女性が服用を中止すると、同様に抜け毛が目立つようになることがあります。ピルは女性ホルモンのエストロゲンを補給する薬なので、服用をやめると、分娩後脱毛症と同様、エストロゲンが減って一気に抜け毛が増えるのです。しかし、これは一時的なもので元に戻るので、心配はいりません。

妊娠によるエストロゲンの増加等が原因

〈症状の特徴〉

●分娩後、急激に抜け毛の量が増える。

●硬く、しっかりとした硬毛が抜ける。

●通常は分娩後6カ月ほどで正常に回復する。

 

〈原因〉

・妊娠による一時的なエストロゲンの増加と、出産による女性ホルモンの急減

 

この話は次回に続きます。

青山セレスクリニック(青山院・川口院) 理事長
船橋中央クリニック 院長 

慶應義塾大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院に勤務。2003年に船橋中央クリニック、2013年には青山セレスクリニックを設立し、理事長に就任する。2017年青山セレスクリニック川口院を開設。体のあらゆる悩みに対して的確にアドバイス・治療を提案する「美のコンシェルジュ」として、女性の薄毛治療のほか、エイジングケア治療、美容整形、医療レーザー脱毛、美肌治療等を行う。それぞれの施術のメリット・デメリットを明確に提示し、患者が効果を実感できるサービスのみを提供している。日本外科学会専門医、日本美容外科学会専門医、日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会会員、日本医師会会員。

著者紹介

連載薄毛改善の第一歩! 発毛・育毛・薄毛のメカニズムとは

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

元神 賢太

幻冬舎メディアコンサルティング

いつまでも若々しく美しくありたいと願いながら、髪の悩みに関しては「結局、歳には勝てない」とあきらめてしまう女性が多いという現実……。 「美のコンシェルジュ」として、10代から70代までと幅広い女性たちの薄毛の悩みを…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ