女性の薄毛治療は「専門的な医療機関」に任せるべき理由

前回は、「精神的ストレス」が髪の毛に与える悪影響について説明しました。今回は、女性の薄毛治療は「専門的な医療機関」に任せるべき理由を見ていきます。

「家系だからしかたない」とあきらめない

加齢などによって薄毛になっていくのではなく、生まれつき薄毛という女性もいます。私のクリニックへも、若い年齢ながら薄毛に悩む女性が訪れます。家系的に薄毛の場合、年齢に関係なく薄毛になってしまうことがあるのです。こうしたケースでは、もともと髪の本数が少なく、密度が少ない場合が多いようです。

 

ただし、生まれつきの薄毛であっても、医療機関で治療をすれば改善することができます。「家系だからしかたない」とあきらめず、ぜひ治療を受けるようにしてください。

女性の薄毛治療は男性より複雑で難しい!?

さて、このような女性の薄毛ですが、その治療は男性よりも複雑で難しい面があります。

 

たとえば、FAGA(女性男性型脱毛症)についても、男性のAGAより治療が難しいのが現実です。男性の場合は、内服薬「フィナステリド」などを処方し、男性ホルモンを減少させれば何らかの効果が出ます。しかし、じつのところ残念ながら、女性の薄毛にはそうした特効薬がないのです。

 

また、髪にとって必要とはいえ、女性ホルモンの投与には子宮頸がんや乳がんなどの発がんのリスクもあります。さらに、薄毛の治療薬は外用・内服を含めていろいろあるものの、妊娠の可能性がある年齢の女性には使用できないものもあるのです。

 

このように、女性の場合は妊娠や閉経など年齢や時期によって現われる薄毛の症状が違ったり、医療機関で施せる治療も異なったりします。それが難しいところなのですが、次の最終章では、そんな女性のさまざまな薄毛治療の可能性、つまり〝現代の薄毛治療の最前線〟についてご紹介しましょう(本書籍をご覧ください)。

青山セレスクリニック(青山院・川口院) 理事長
船橋中央クリニック 院長 

慶應義塾大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院に勤務。2003年に船橋中央クリニック、2013年には青山セレスクリニックを設立し、理事長に就任する。2017年青山セレスクリニック川口院を開設。体のあらゆる悩みに対して的確にアドバイス・治療を提案する「美のコンシェルジュ」として、女性の薄毛治療のほか、エイジングケア治療、美容整形、医療レーザー脱毛、美肌治療等を行う。それぞれの施術のメリット・デメリットを明確に提示し、患者が効果を実感できるサービスのみを提供している。日本外科学会専門医、日本美容外科学会専門医、日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会会員、日本医師会会員。

著者紹介

連載薄毛改善の第一歩! 発毛・育毛・薄毛のメカニズムとは

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

元神 賢太

幻冬舎メディアコンサルティング

いつまでも若々しく美しくありたいと願いながら、髪の悩みに関しては「結局、歳には勝てない」とあきらめてしまう女性が多いという現実……。 「美のコンシェルジュ」として、10代から70代までと幅広い女性たちの薄毛の悩みを…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧