研修参加者の学習意欲を高める「ARCS動機づけモデル」とは?

前回は、研修トレーナーに求められる「ファシリテーション能力」について説明しました。今回は、アダルトラーニングに最適な「3つのIDモデル」とは何かを見ていきます。

理論を使うために研修をするわけではない、と心得る

IDの概要を理解し、方略を探す手段としてさまざまな理論モデルがあります。理論モデルは、あくまでも研修設計や教材作成のためのミクロデザインの際に利用するものであり、理論を使うために研修をするのではないことへの注意が必要です。

 

ここでは、

① ARCS動機づけモデル

② メリルのID第一原理

③ 経験学習モデル

という3種類の理論モデルについて詳しく紹介します。

 

①ARCS動機づけモデル

 

ARCS動機づけモデルは、フロリダ州立大学大学院教授のジョン・M・ケラーが提唱する対象者の意欲を高めるための方法です。高い学習意欲を引き出し、継続的に学ばせるためのアプローチを研究した結果、以下の4つのシンプルなやり方で学習意欲が飛躍的に高まることを実証したモデルです。

 

Attention:注意「おもしろそうだな」

Relevance:関連性「やりがいがありそうだな」

Confidence:自信「やればできそうだな」

Satisfaction:満足感「やってよかったな」

出典: J・M・ケラー著 鈴木克明監訳『学習意欲をデザインする ARCSモデルによるインストラクショナルデザイン』(北大路書房)

過度なチェックはモチベーションの低下に・・・

「やる気がない対象者だ」とあきらめるのではなく、このARCSの4つの側面から考えて、学習意欲を高められるように工夫をして、より魅力的な研修にしていってください。

 

例えば、進行スライドを作り終えた時に受講者の気持ちになって、A・R・C・Sの観点で過不足がないかチェックするのは効果的なやり方でしょう。しかし、過ぎたるは及ばざるがごとしで、作戦の盛り込みすぎはかえってモチベーションダウンにつながるので要注意です。

 

この話は次回に続きます。

あなたにオススメのセミナー

    サンライトヒューマンTDMC株式会社 代表取締役

    熊本大学大学院 教授システム学専攻 非常勤講師。薬剤師、修士(教授システム学)。 HPIやIDを軸とした企業内教育のコンサルティングやファシリテーション、インストラクショナルデザイナーやインストラクターを育成する資格講座の運営を行っている。 IDの実践方法を提供してきた会社は60社以上、3000名を超える。

    著者紹介

    連載社員を「自ら考えて育つ人材」に…「インストラクショナルデザイン(ID)」とは?

    魔法の人材教育

    魔法の人材教育

    森田 晃子

    幻冬舎メディアコンサルティング

    社員が思うように育たない――そう嘆く人材教育担当者の声をしばしば耳にします。たとえば、多くの企業では階層別研修などの「企業内研修」を実施していますが、これらの研修は厳密な効果測定が難しいうえに、受講者からは「知…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ