[連載]新米開業医のための「つぶれないクリニック」運営の超基本

せっかくクリニックの開業にこぎつけても、大学病院や市中病院の勤務医の感覚のままでは、なかなか安定的な運営はできません。開業医は医療のプロであることはもちろん、経営者・マネージャーでもなければならないのです。本記事は、自身も大学病院勤務から開業医に転身し、クリニックの経営を行う眼科専門医・眼科指導医で医学博士の中内一揚医師が、新米開業医のためのクリニック運営の基礎知識を紹介します。

本連載の著者紹介

1971年 大阪市生まれ。幼少期は富田林市で自然に触れて過ごす。
1990年 大阪星光学院中学高等学校卒業、神戸大学医学部入学。
1996年 大阪大学医学部付属病院眼科入局。
大阪労災病院、松山赤十字病院、大阪鉄道病院勤務を経て、眼科専門医取得。大阪大学医学部大学院感覚機能形成学に入学し人工網膜の研究で博士号取得。大阪警察病院にて、形成外科の勉強を始め、聖隷浜松病院眼形成眼窩外科に国内留学。その後シンガポールナショナルアイセンターに留学。
2009年 帰国、兵庫医科大学病院眼科にて眼形成外来を開始。
2016年4月 中内眼科クリニック開設。
2017年4月 兵庫医科大学非常勤講師退任

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧