「開業医」になると、どんな毎日が待っているのか?

勤務医よりさらに忙しく、すべての責任がのしかかる「開業医」。しかしそこには、自らの創意工夫が収益につながる楽しさや、やりがい、手ごたえといった「経営者」だからこそ感じられる醍醐味があります。本連載は、中内眼科クリニック院長・中内一揚氏の著書である『つぶれないクリニック』(兵田印刷工芸株式会社出版部)より一部を抜粋し、開業医をめざす医師に向け、「つぶれないクリニック」経営の方法を紹介します。

ラクをすれば低収入、収益を追い求めれば超多忙に…

あなたにとって開業医とはなんでしょう? 答えに困る? では、なぜ開業医を目指しましたか?

 

親が開業医だった場合、将来その跡を継ぐ。これが一番シンプルな回答です。ただし、筆者のようにひねくれ者も多い世界ですから、親とは違う科の医者になったり、縁もゆかりもない地域で仕事をする先生もいます。それでも開業という選択をした場合、親をみて開業医とはどういう生活をしているのかという点は、ある程度理解しているでしょう。でも、あくまでもある程度です。見るとやるとは大違いです。

 

一方で、開業医とゆかりの無い世界で育った場合には、「勤務医が忙しすぎるから、少し暇になるために開業するか」という考えの先生もいると思います。

 

しかし、それは間違いです。開業医は一人社長です。小さい会社の社長さんは、他の雇われ人よりも忙しく働くことが求められます。残念ながら、勤務医の時よりも暇になるということはありません。

 

デスクワーク抜きに本当に忙しい勤務医生活を送っていた人は、病院のネームバリューで患者さんが集まっているだけではなく、十分に実力のある先生です。その場合、嬉しいことに、開業してバリバリやるぞという気持ちがなくても患者さんが集まってきて、3~4年で忙しくなります。

 

ただ悲しいかな、そう上手くいく人ばかりではありません。通常は軌道に乗るまでが大変で、その間に潰れてしまうこともあります。新しいクリニックはどんどん生まれます。ですが「つぶれないクリニック」を作ることはとても難しいのです。開業してしまうと「やるかやらないか」=「流行るか流行らないか」=「金持ち父さん貧乏父さん」のどちらかになってしまうので、楽な仕事をしたければ給料も低くなり、それが嫌なら頑張るしかないというのが定めです。

 

また中には、教授や病院長になりたいと思っていたが、その出世コースから外れて、自分の人生を歩むことが必要になったとき、しょうがなく開業医という選択をする人もいます。ただしやるからには、今までバトルをしてきた戦場を離れてもやはり、「何かで認められたい」=「自分はイケてるんだ」という気持ちを持って仕事をしていたいでしょう。しかし、プライドだけで生き残っていけるほど甘い世界ではありません。自己意識の変革が必要です。

 

要は、開業医は流されてではなく、「覚悟」を持ってする仕事です。本連載では、開業後に襲ってくるさまざまな出来事や、落ち込んだ時にも気持ちを楽にしてくれるような経験談を詰め込んでいきます。

忙しくてハラハラの日々も、2年たてば慣れてくる!

筆者は開業するにあたって一番心配していたことがあります。それは開業医になると「毎日が変化のないつまらないもの(墓場)」になってしまうのではないか? ということでした。しかし、全くそんなことはありませんでした。主に2つの理由があります。

 

まずは医師としての観点から。

 

開業する前は、毎日外来をするなんてしんどいこと。朝、出勤して診察して、昼寝して、夕方診察して終わり。毎日同じ顔(常連さん、ご近所さん)を見続けるだけの何の変哲もない日々が訪れるのだろう、と考えていました。しかし、実際には違いました。専門を持って開業してみると、意外に大学と同じような病気の患者さんが集まってきます。また新患さんのなかには、とんでもない病気が隠されていることがあります。病気を見つけてしかるべき病院に紹介すると、患者さんと院長の信頼度が増し、逆に病院からは手術後の経過観察の紹介をしてくれることがあるなど、医院と紹介先の関係がWIN−WINなものになりました。

 

大学病院を辞めて開業すると、いままで顔なじみの先生方からの紹介がなくなるのではという不安は大きかったです。しかし、それまできちんと丁寧に診察してきたおかげか、そんなことはありませんでした。逆に、大学病院よりは敷居が低くて良いということで、広く紹介してもらえるようになりました。さらに大学病院に残してきた患者さんが、やはり先生に診てほしいと来てくれると、自分のやってきた医療は間違っていなかったんだと感じさせられます。単に年の功かもしれませんが、嬉しいものです。

 

また患者さんは、口コミだけでなくインターネットやマスコミを介しても集まってきます。医院の専門性をホームページに発信して、それでもダメな時には地元新聞の記事に取り上げてもらったりすれば、宝の持ち腐れになってしまうということはないはずです。

 

次に、管理責任者としての観点から。

 

毎日の診療のなかにも、いろいろと地雷は埋まっています。例えば、予約時間に来たのに時間通りに診てもらえないと文句が出る。自費診療と保険診療を同時には出来ないと説明して憤慨される。患者さんが「薬希望」で来ているのに、診察だけして薬の処方箋を出し忘れたなど。

 

また、診療以外でも、いくらでも失敗してしまうポイントはあります。眼科ではコンタクトレンズ取り扱いがあるのですが、注文FAXの送信ミス、レンズの値段を間違えて会計してしまった。受付・会計では、預かった保険証を返し忘れた、おつりを間違ったなど。勤務医だったら自分は診察だけしていたらよかったものを、それ以外の部分すべてに目を光らせる必要があります。全体をみて医院が評価されるのです。

 

失敗の多くが、個人の注意力不足が原因なので、院長はスタッフの出来不出来にも積極的に関与する必要があります。苦労して育てたスタッフですが、いざ問題を起こすと辞めてもらうときにも労力を使いますし、経営者として考えないといけない案件はたくさん転がっています。

 

このように、医療とは違う部分でハラハラドキドキすることは無数にあります。今まで夢や野望があった人は、自己意識の変革をして、その気持ちを自分の城を築くための原動力にして下さい。自分に出来るだろうか? 心配しなくても大丈夫、だいたい2年もすれば慣れてきます。

 

 

中内 一揚

中内眼科クリニック 院長

 

1971年 大阪市生まれ。幼少期は富田林市で自然に触れて過ごす。
1990年 大阪星光学院中学高等学校卒業、神戸大学医学部入学。
1996年 大阪大学医学部付属病院眼科入局。
大阪労災病院、松山赤十字病院、大阪鉄道病院勤務を経て、眼科専門医取得。大阪大学医学部大学院感覚機能形成学に入学し人工網膜の研究で博士号取得。大阪警察病院にて、形成外科の勉強を始め、聖隷浜松病院眼形成眼窩外科に国内留学。その後シンガポールナショナルアイセンターに留学。
2009年 帰国、兵庫医科大学病院眼科にて眼形成外来を開始。
2016年4月 中内眼科クリニック開設。
2017年4月 兵庫医科大学非常勤講師退任

著者紹介

連載新米開業医のための「つぶれないクリニック」運営の超基本

つぶれないクリニック

つぶれないクリニック

中内 一揚

兵田印刷工芸 出版部

大学附属病院勤務から開業に成功した医師が実践してきた「クリニック運営のコツ」が満載! オンリーワンの医院になる方法/患者に信頼されるコツ/スタッフのやる気を引き出す/セーフティネットをはろう… 病院経営をス…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧