[連載]トルコ出身東大卒の専門家がこれからの世界経済を先読み解説!

不安定な社会情勢のなか、日本在住の投資家はどのように資産防衛・運用を行えばよいのでしょうか。本連載では、今後の世界経済に大きな影響を与えるであろう「エブリシング・バブル」と呼ばれる米国発のバブルと、その周辺事情について解説します。

本連載の著者紹介

複眼経済塾取締役・塾頭

トルコ・イスタンブール出身。 16歳で国際生物学オリンピックの世界チャンピオンに。
1997年に日本に留学。1年後に東京大学理科一類に合格、2004年に東京大学工学部を卒業。
2006年に同大学院新領域創成科学研究科を修了し、生命工学修士を取得。2006年野村證券
に入社。投資銀行部門、機関投資家営業部門に携わった後、2016年に複眼経済塾の取締役・
塾頭に就任。著書に『エブリシング・バブルの崩壊』、『コロナ後の世界経済』(ともに集英社刊)など。

撮影 Rikimaru Hotta

著者紹介

関連書籍の紹介

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧
TOPへ