[連載]家族信託はこう使え! 認知症と相続 長寿社会の難問解決

家族信託や成年後見人制度に疑問を抱いたことから静岡県家族信託協会を設立し、その代表を務める石川秀樹氏著書『家族信託はこう使え 認知症と相続 長寿社会の難問解決』から、相続、特に「認知症の伴う相続」について詳しく解説します。

※本連載は石川秀樹氏の著書『家族信託はこう使え 認知症と相続 長寿社会の難問解決』(ミーツ出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

本連載の著者紹介

静岡県家族信託協会 代表・ジャーナリスト・行政書士
 

1950年静岡市生まれ。早稲田大学第一政経学部卒。静岡新聞記者40年、元編集局長。62歳で相続専門の行政書士開業。2016年に家族信託に出会う。同時に成年後見制度を知ることとなり、記者として家族として疑問に思うことが多く、2018年7月静岡県家族信託協会を設立。『静岡県家族信託協会のブログ』で晩年の諸問題について解決法を提起している。

1950年静岡市生まれ。1973年3月、早稲田大学第一政経学部卒業。1973年4月、静岡新聞社に入社、その後編集局長に。2012年8月、新聞社退職後、行政書士に。2016年3月、家族信託を手掛け普及に乗り出す。2018年5月、静岡県遺言普及協会を設立。2018年7月、静岡県家族信託協会を設立。2019年4月、『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』出版。2022年10月、『家族信託はこう使え 認知症と相続 長寿社会の難問解決』 出版。


静岡県家族信託協会(ホームページ)
ジャーナリスト石川秀樹(Facebook)

著者紹介

関連書籍の紹介

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
TOPへ