[連載]術式、費用、最適なタイミングは? 眼科専門医が教える「白内障手術」の基礎知識

80歳を超えるとほぼ100%の割合で発症する加齢性「白内障」。国内の高齢化に伴い、「白内障手術」も増加の一途を辿っています。医学技術の飛躍的な進歩により、誰もが気軽に受けられる手術となりましたが、医者に任せれば万事うまくいくというものではありません。本連載では、年間1000件以上の日帰り白内障手術を手掛ける、医療法人敬生会フジモト眼科・理事長兼院長の藤本雅彦氏が、白内障手術を受けるにあたり注意すべきポイントや最新の手術方法について解説します。

本連載の著者紹介

医療法人敬生会 フジモト眼科 理事長兼院長
日本眼科学会認定眼科専門医

2000年大阪大学医学部附属病院眼科学教室入局。大阪労災病院、大手前病院、東大阪市立総合病院眼科勤務を経て、2007年東大阪市立総合病院眼科医長に就任。2008年4月よりフジモト眼科の副院長として勤務。2012年よりフジモト眼科理事長、2015年より院長も兼任し、現在に至る。年間1000件以上の日帰り白内障手術以外に涙道の手術も手掛け、フジモトゆめグループ代表として特別養護老人ホームや保育園の運営にも携わる。

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧