[連載]独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣

希望を持って起業しても、会社の6割は1年で倒産するという厳しい現実があります。経営者の多くは借入に対しネガティブなイメージを持っていますが、創業時期の厳しい状況を乗り越え、長期にわたって安定した経営をするためには、創業直後からの借り入れが不可欠です。本連載では、創業の融資を支援する株式会社SoLaboの代表取締役で、自身も創業3年で合計8200万円の融資を受けた経験を持つ田原広一氏が、中小企業が潤沢な融資を受ける秘訣を紹介します。

本連載の著者紹介

株式会社SoLabo 代表取締役

平成18年、ファイナンシャルプランナー2級取得。平成22年8月、資格の学校TACに入社し、以降5年間、財務諸表論講座講師を務める。
平成24~27年にかけて税理士事務所3社に勤務。平成24年8月、個人で融資サポート業務をスタート。
平成26年、税理士試験合格。平成27年12月、創業の融資を支援する株式会社SoLaboを設立、以降、特に日本政策金融公庫からの融資実績は800件以上にのぼる。
自身も融資を複数回受けてきた経験があり、創業3年で合計8200万円の融資を受けることに成功。
実体験を踏まえたアドバイスは多くの起業家から支持されている。

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧