自動経理アプリの原点「STREAMED」の概要

本連載は、アアクス堂上税理士事務所の代表税理士で行政書士の堂上孝生氏の著書、『ベテラン税理士だけが知っている自動経理の成功パターン』(合同フォレスト)から内容を一部抜粋し、小規模企業の経理の悩みを解決する、クラウド会計ソフトによる「自動経理」について説明します。

領収書等の収集は経理、決算書の作成は会計に分類

経理の流れをお話しする前に、まずは「経理」と「会計」の違いを押さえておきましょう。

 

「経理」と「会計」は混同されがちですが、作業領域で区分すると、以下の図表1のように考えられます。これは、たとえば「会計監査」を「経理監査」とはいわず、税理士の「会計事務所」を「経理事務所」とはいわないようなものです。

 

[図表1]経理と会計の作業区分

 

以下の図表2は、経理と会計の作業工程を図表化したものです。

 

[図表2]税理士の役割と経理処理の工程

*○…随時実施、△…一部不対応、×…不対応⭐️*A-SaaSは、顧客を会計事務所に限定しています。⭐️*税務申告ソフトは、税理士のみが使用するソフトです。⭐️
*○…随時実施、△…一部不対応、×…不対応
*A-SaaSは、顧客を会計事務所に限定しています。
*税務申告ソフトは、税理士のみが使用するソフトです。

「領収書の自動仕訳」がSTREAMEDの機能の本質

自動経理アプリは、会計処理の省力化にとって、大きな効果がありますが、すべてはSTREAMEDから始まりました。会計事務所の「記帳代行」の労働負荷を軽減するために、領収書の自動読取アプリとして開発されました。

 

いまも主に会計事務所相手のサービスしかやっていません。自動読取後の「仕訳作業」は、会計事務所が相手であるため、万全を期して、オペレーターが手作業で行っています。このサービスは有料ですが、仕訳データは、freee、MFクラウド、弥生会計オンライン等、多くのクラウド会計ソフトの各システムに転送が可能です。

 

STREAMEDは、このように、会計事務所の経理仕訳の外注先として、役に立っています。

 

STREAMEDの機能の本質は、「領収書の自動仕訳」です。自動仕訳とは、複式簿記による経理帳簿を作るための領収書情報の区分・仕訳のことです。

 

スキャナの「領収書の自動読取」機能とは、領収書の自動読取、パソコン(PC)への自動転送の機能です。この機能なくして、自動経理(自動仕訳)を語ることはできません。「自動仕訳」機能とは、自動読取された領収書のPDFイメージを自動仕訳する機能のことです。

 

なお、この自動読取される情報は、領収書のイメージだけではなく、インターネットバンキングを利用している銀行口座の情報、それにクレジットカードの利用情報を含みます。

 

自動仕訳された情報は、会計ソフト内に移入されれば、簡単に機械的な経理処理としての「仕訳帳」「総勘定元帳」「試算表」を作成します。試算表とは、決算書の基になる経理集計表のことです。

 

STREAMEDは、領収証・請求書の自動読取アプリの位置付けにあるため、通常の会計ソフトの機能は持ち合わせていません。無理をすれば決算書作成にも使用できますが、使い勝手が悪く、主要クラウド会計ソフトとの機能の重複もあります。

 

そのため、STREAMEDは会計事務所の使う多くの会計ソフトに、自動経理で処理した経理仕訳を移送(転送)する機能に特化しています。

 

STREAMEDソフトの役割は、その手前の「経理仕訳を会計ソフトへ移送(転送)すること」です。それ以後は、たとえばfreeeは、クラウド機能によりオンラインかつリアルタイムで、ユーザーに情報を伝達します。

 

また、会計ソフトが内部で加工されて、利便性の高い経理分析表や、加工帳票が出力可能になります。

 

いまでは、自動経理というとSTREAMEDが主役ではなく、ユーザーに便利な情報をプレゼンするfreeeが主役になっています。しかし、STREAMEDの発想はクラウド会計ソフトの基幹アプリの一部として、重要な働きをしています。

 

国も電子帳簿保存法での経理証憑の「電子保存」を広く認めています。もう「紙ベース」の証憑保存は不要なのです。そして、自動電子帳簿作成の機能(アプリ)を司るのも、クラウド会計ソフトです。

 

経理証憑の電子保存化により、小規模企業の経理負担(作業量およびコスト)は、筆者の感覚では従前の10分の1程度に激減したと感じます。

 

大きな要因は、1に「経理要員の一般事務化による人件費の減少」、2に「クラウド会計ソフトによる経理・会計バックヤードの電子帳簿保存等による劇的な省力化」です。

アアクス堂上税理士事務所《相続.tokyo 贈与.tokyo》代表 

1943年2月6日生まれ。認定支援機関税理士(東京税理士会所属第45825号) 家族信託普及協会会員(「家族信託コーディネーター」) 相続税務支援協会会員
大阪市立大学卒業後、日本IBM本社でNY本社との生産枠調整や工場発注等を担当した後、米国大手の現地販売会社・日本テクニコンへ移り経理責任者として国際税務を担当。1980年11月税理士開業、現在に至る。
2013年には、金融庁と中小企業庁から選抜認定を受けた公的立場の経営革新等支援機関(認定支援機関)として、相続支援、事業支援・M&A支援、融資支援を推進している。
過去十数年間、日本M&Aセンターと共催で「事業承継支援」セミナーを月次で開催し、多くの実績を有する。信託の普及について日本最大級の専門家集団に属し、信託法務コーディネーターとして「経営者の認知症」対策に取り組み、成人後見人登録を目指し研鑽中である。著書に『ベテラン税理士だけが知っている一人起業の成功パターン』『ベテラン税理士だけが知っている連年非課税贈与の成功パターン』(合同フォレスト)がある。

著者紹介

連載小規模企業の経理の悩みを解決する「自動経理」の基礎知識

ベテラン税理士だけが知っている 自動経理の成功パターン

ベテラン税理士だけが知っている 自動経理の成功パターン

堂上 孝生

合同フォレスト

freee株式会社代表取締役社長 佐々木大輔氏推薦! 業務負担増、人材不足、人件費の経営圧…。小規模企業の経理の悩みは、クラウド会計ソフトで解決できます! 小規模企業の悩みの種である「経理」業務をいかに効率的に行い、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ