家系図を作るための「信頼できる情報」の集め方

今回は、家系図を作るための「情報」の集め方を紹介します。※本連載は、株式会社横浜クリエイションの取締役で、日本家系図学会の理事でもある岩本卓也氏の著書、『なぜいま家系図を作るべきなのか?』(エイ出版社)の中から一部を抜粋し、家系図を作ることで、どのようなメリットがあるのかを解説します。

まずは両親、祖父母、親戚に話を聞く

家系図作りでもっとも重要なのは、いかに先祖、親族の情報を入手するか、だといえます。正確で豊富な情報さえ集まれば、家系図自体を書くことは、それほど難しいことではありません。

 

まずは、両親、祖父母、親戚の方々に話を聞きましょう。もっとも詳細で、生き生きとした情報が得られるはずです。ときには親類だけでなく、家族をよく知る方々からも貴重な情報が集まるかもしれません。二代上がおばあちゃんなので、自分にとって五代前くらいまでの、信頼できる情報が容易に入手できるでしょう。

「家紋」も家族の情報をたどるヒントに

次に着手したいのは、「戸籍謄本」「除籍謄本」の入手です。

 

まずは、自分自身が記載されている戸籍謄本を手に入れます。そこには自分の親も書かれているので、親と直系の関係にあることが証明でき、親の代の戸籍謄本を取得することができます。

 

さらに、親の戸籍謄本には、祖父母の名前が書いてあるので、自分と親の戸籍謄本を提示すれば、祖父の代の戸籍も入手できます。こうしてつないでいけば、戸籍制度ができた明治23年前以降の情報は得られるわけです。

 

江戸時代、現在の戸籍と同じ役割を果たしたものに「宗門人別帳」というものがあります。1664年に制定されたこの資料が手に入れば、先祖を今から400年ほどさかのぼることも不可能ではありません。

 

お寺さんにも先祖に関する大切な情報が残されている可能性があります。先祖の命日、戒名などが書きつづられた「過去帳」などがそれです。過去帳は、お寺さんが管理するものと、本家などが管理する二種類があるので、もしかしたらあなたの実家にも残されているかもしれません。

 

家系図とは、ある意味において「家」をたどる作業でもあります。そんなときに重要になるのが、あなた自身の名字です。

 

現在われわれが使用している名字は、明治8年(1875年)に明治政府が義務付けた政令によって始まった制度です。しかし、それ以前にも一部の特権階級の人々は、氏姓(うじ・かばね)などの形で姓を持っていました。それらが現在の名前に影響を与えていることも多く、また、もしあなたが特徴的な名字を持っている方なら、出身地域をさぐるヒントにもなりえます。

 

名前と同様、家の象徴ともいえる「家紋」も、家をたどるときには重要なヒントとなるでしょう。このように、先祖、家をたどる情報源やヒントには、さまざまなものがあるのです。

 

 

あなたにオススメのセミナー

    株式会社横浜クリエイション 取締役
    日本家系図学会 理事 

    1964年、東京生まれ。国士舘大学体育学部卒。国内外民間企業にて、営業、人事、経営企画、新規事業立ち上げを経験。「家族、親戚のコミュニケーションが地域を活性化させる」という考えを信条として、家系図ソフト『ルーツ2006』『エンディングノート2007』などを生み出す。現在、株式会社横浜クリエイション取締役。日本家系図学会理事。趣味は剣道(八段)。

    著者紹介

    連載なぜいま「家系図」を作るべきなのか?

    なぜいま家系図を作るべきなのか?

    なぜいま家系図を作るべきなのか?

    岩本 卓也

    エイ出版社

    近年、家系図に多くの方々が注目しています。家系図作りに欠かせないのが、戸籍謄本や除籍簿といった公的な資料ですが、除籍簿は80年を過ぎると、それを管理する地方自治体の判断によって破棄することが法律で許されており、今…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ