突如現れた巨鯨 金融市場の価格形成に影響を与える日本銀行

今回は、「異次元の金融緩和」のもと、長期国債やETF、J-REITの買い入れによって、日銀が金融市場での価格形成に影響を与えている現状をお伝えします。※本連載では、専修大学経営学部の佐々木浩二准教授による著書『ファイナンス ―資金の流れから経済を読み解く―』(創成社、2016年)の中から一部を抜粋し、2013年に日本銀行が始めた「量的・質的金融緩和」について、その概要を解説します。

長期金利の低下をねらい、長期国債を買い入れ

量的・質的金融緩和では買い入れる資産の種類も多様です。まず,残存期間が長い長期国債を買い入れ,日本銀行が保有する国債の平均残存期間を7年以上にする方針を掲げました。残存期間が長い国債を買い入れて利回りを低下させ,国債の利回りをもとに決まるその他の長期金利も低下させることをねらいとしています。

 

1,000兆円規模ともいわれる市場で決まる利回りに影響を与えるには,国債を大規模に買い入れなければなりません。伝統的な金融調節に,金融市場の価格形成に影響を与える発想はありません。例外は,日本銀行が唯一の供給者である日銀当座預金を貸借するコール市場です。伝統的な金融調節の誘導目標が無担保コール翌日物の金利であるのはこのためです。

 

図表1 国債市場の価格形成(1)

ETFやJ-REITなどのリスク資産も買い入れ

残存期間が長い国債に加えて,ETFとJ-REITにも買い入れ目標額を掲げました。ETFとは価格が日経平均,TOPIX,JPXの株価指数等と連動している証券であり,J-REITとは不動産の投資収益を証券化した金融商品です。価格変動リスクと信用リスクがあるこれらの証券を買い入れるのは,投資家のリスクに対する態度を和らげてリスクプレミアムを低下させるためです。伝統的な金融調節にプレミアムを制御する発想はありません。プレミアムは投資家や金融機関の判断で決まるものと考えます。中央銀行がリスク資産を買い入れるのは,買い手が消滅し,市場が崩壊の瀬戸際に立つ緊急時に限られます。

 

図表2 リスクプレミアム

量的・質的金融緩和が「異次元」といわれるのは,伝統的な金融調節と相容れない複数の政策手段の束であるためです(2)

 

(1)中央銀行が大規模な買い手として振舞うことをWhale in a Poolと評することがある。水槽に入れられた鯨は身動きが取れないという意味であろう。

(2)長澤訳(2001,pp.226-227)に「一方には銀行家があって,彼らは経験から学んできた粗雑な経験則に固執することにより,少なくともある程度の態度の健全さを保っている。他方には,世にも最も公平無私な人びとの一団,すなわち異端者と変り者の大群があって,その数と熱心さとには驚くべきものがある」。「異端者と銀行家とを共通の理解の下に和解させるように試みることは,この問題について筆を執るすべての人の義務」である,とある。また,長澤訳(2001,p.388)に「異常な方法といっても,実際にはそれは,公開市場操作という正常な方法を,強化することでしかない。私は,公開市場操作という方法が,最後の最後まで遂行されたような例を,一つも知らない。中央銀行は,これまで常に―一部は恐らく素朴な型の数量説に影響されていたためであろうが―銀行貨幣の総量をその正常な量から,超過するにせよ不足するにせよ,著しく乖離させるような効果をもつ方策を採ることについて,非常に神経質であった。しかし私の考えでは,このような心情的傾向は,公衆の「強気」あるいは「弱気」が銀行貨幣の需要に対して演ずる役割を無視しており,そしてそれは,産業的流通に関心をもつあまりに,金融的流通を忘れ,後者〔すなわち金融的流通という貨幣残高〕が,前者とまったく同じほどの大きさのものであり,また激しく変化する可能性がはるかに大きいという統計的事実を,見落としている」とある。

 

参考文献

・株式会社大阪取引所『国債先物・オプション取引市場の歩み(2005年~2015年)』2015年。

・黒崎哲夫・熊野雄介・岡部恒多・長野哲平『国債市場の流動性:取引データによる検証』日本銀行ワーキング ペーパーシリーズ,15-J-2,2015年。

・黒田東彦『量的・質的金融緩和―読売国際経済懇話会における講演―』2013年。

・齋藤雅士・法眼吉彦・西口周作『日本銀行の国債買入れに伴うポートフォリオ・リバランス:資金循環統計を用いた事実整理』日銀レビュー,2014-J-4,2014年。

・土川顕・西崎健司・八木智之『国債市場の流動性に関連する諸指標』日銀レビュー,2013-J-6,2013年。

・戸原四郎『ドイツ資本主義戦間期の研究』桜井書店,2006年。

・日本銀行企画局『「成長基盤強化を支援するための資金供給」について』日銀レビュー,2010-J-13,2010年。

・日本銀行企画局『「量的・質的金融緩和」:2年間の効果の検証』日銀レビュー,2015-J-8,2015年。

・日本銀行金融市場局『2008年度の金融市場調節』日本銀行調査論文,2009年。

・日本銀行金融市場局『2013年度の金融市場調節』日本銀行調査論文,2014年。

・日本銀行金融市場局『2014年度の金融市場調節』日本銀行調査論文,2015年。

・速水優『第10回国際コンファランス―「21世紀の国際通貨制度」―開会挨拶』金融研究,21, 4, 33-34,2002年。

・吉野直行・前田実・南部一雄・小巻泰之・坡山奇右『新種預金の導入と預金準備率』フィナンシャル・レビュー,26,1993年。

・Keynes, John Maynard著,小泉明・長澤惟恭訳『貨幣論Ⅰ 貨幣の純粋理論』ケインズ全集第5巻,東洋経済新報社,2001年。

・Keynes, John Maynard著,長澤惟恭訳『貨幣論Ⅱ 貨幣の応用理論』ケインズ全集第6巻,東洋経済新報社,2001年。

・Keynes, John Maynard著,間宮陽介訳『雇用,利子および貨幣の一般理論』下巻,岩波書店,2009年。

・Dornbusch, Rudiger, Federico Sturzenegger, and Holger Wolf, 1990, Extreme Inflation: Dynamics and Stabilization, Brookings Papers on Economic Activity, 2, 1-84.

・Hannoun, Hervé, 2015, Ultra-Low or Negative Interest Rates: What They Mean for Financial Stability and Growth, Bank for International Settlements.

・Turner, Adair, 2013, Debt, Money and Mephistopheles: How Do We Get out of This Mess?, Speech at the Cass Business School, City University.

あなたにオススメのセミナー

    専修大学経営学部 准教授

    学位
    School of Economics, Mathematics and Statistics, Birkbeck College, University of London, Doctor of Philosophy

    職歴等
    日本銀行金融研究所客員研究生、労働政策研究・研修機構アシスタントフェロー、大東文化大学経済学部講師などを経て現職。

    著作
    『ファイナンス―資金の流れから経済を読み解く―』(創成社, 2016年)、
    『マクロ経済分析―ケインズの経済学―』(創成社, 2016年)、
    “Financial Innovation” (大阪証券取引所先物・オプションレポート, 2011年12月号)、
    “Proprietary Trading Losses in Banks: Do Banks Sufficiently Invest in Control?”(with Norvald Instefjord, in Annals of Finance, 3, 3, 329-350, 2007年)などがある。

    著者紹介

    連載大人のたしなみ経済学――日銀による「質的・量的緩和」の概要

    ファイナンス ―資金の流れから経済を読み解く―

    ファイナンス ―資金の流れから経済を読み解く―

    佐々木 浩二

    創成社

    本書は、ケインズ『貨幣論』とバーリ=ミーンズ『現代株式会社と私有財産』を縦糸に、近年の制度とデータを横糸に、やさしい言葉で編んだ書籍です。 次のような疑問や知りたいことがある人にお勧めします。 ・たんす預金は…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ