中学受験、〈難関校〉人気はいわずもがなだが…〈名も知られぬ学校〉でさえ「桁はずれの志願者」を集めるワケ【ライフキャリアコンサルタントが解説】

中学受験、〈難関校〉人気はいわずもがなだが…〈名も知られぬ学校〉でさえ「桁はずれの志願者」を集めるワケ【ライフキャリアコンサルタントが解説】
(※写真はイメージです/PIXTA)

教育に対する親の考え方は、時代とともに変化していきます。現代のような不確実性の時代に、我が子にとっての最善の教育環境はどのように選べばよいのでしょうか? 本記事では、ライフキャリアコンサルタントの江野本由香氏が自らの実体験を通して、子どもの教育環境の選び方について解説します。

今後ますます広がる教育格差

日本の義務教育課程には、日本全国どこへ行っても同じ水準の教育を受けられるメリットがあります。初等教育純就学率はほぼ100%の状況で、子どもたちの教育は一定水準担保されているといえるでしょう。

 

小学校・中学校で導入されている給食は、栄養面だけでなく、子どもたちの楽しみや食育にもつながっていて、世界的に見てもかなり優秀なものといえます。

 

しかし、このように恵まれた公教育があり、経済は低迷が続くというのに、大都市圏を中心とした一部地域ではありますが、小学校受験や中学校受験をする人数は微減・微増をくりかえしているのです。

 

私は小学校受験塾の講師として年長クラスを担当し、毎年多くのお子さまを志望校へと送り出しています。そこで保護者に必ず伺っていることがあります。「なぜ、小学校受験をなさろうと思ったのですか?」と。その理由はさまざまありますが、共通していえることは「子どもをよりよい環境のなかで育てたい」ということです。

 

近年では求める環境が多様化しているように感じます。2000年代ごろまでは、「伝統校に入りたい」「受験はもうさせたくないから、大学まである小学校に行かせたい」と考える家庭が多かったです。

 

2010年代に入ってくると、中学受験を目指す小学校や、机上の勉強だけでなく体験や本物に触れる機会の多い小学校など、特徴ある教育を打ち出している学校の人気が上がっていきました。以前は母親が仕事をしていると不利ともいわれていた小学校受験ですが、女性の就業率が上がったいまは、共働きの家庭でも無理なく通わせられる仕組みのある学校が増えています。

 

中学受験では「難関校」と呼ばれる学校の人気は相変わらずですが、いままで名前も知られていない学校でも桁はずれの志願者を集めるところが多々あります。親がそれぞれの学校の特色をよく見極めて、我が家にとっての価値、我が子にとっての価値を見極めるようになったからではないでしょうか。

 

お金がかる私立学校だけでなく、国立や公立学校にもそれぞれ特色ある教育をおこなうところが増えつつあります。公立でも小中高の一貫校や中高一貫校が出現。ほかにもインターナショナルスクールや多様な形態のフリースクールなどもあります。

 

就学年齢になれば指定された小学校・中学校へ通うといった、義務教育を中心とした一斉型の学びの道筋から、我が家の教育方針を軸とした学びの選択をする世の中へ少しずつ変化していることを感じます。

 

親として子どもが過ごす場や学びの場を主体的に考えるかどうかで、教育格差はこれからますます広がっていくことでしょう。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】7月30日(火)開催
最新の経済状況から不動産市場を分析
「マレーシア不動産投資戦略」

 

【国内不動産】8月3日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

次ページ学びの選択肢の多様化

※本記事は、「自分と家族の価値軸で築く幸せな生き方」(ごきげんビジネス出版 ブランディング ・江野本 由香著)の内容を一部改編・追加の上、掲載しております。

キャリアと子育てを両立する! 自分と家族の価値軸で築く幸せな生き方

キャリアと子育てを両立する! 自分と家族の価値軸で築く幸せな生き方

江野本 由香

ごきげんビジネス出版 ブランディング

自分らしく我が家らしい生き方を見つけよう! あなたのキャリアと子どもの未来のキャリアを考える1冊。 「もっと子育てを楽しみたいのに、仕事のためにあきらめている」 「子育て期のキャリア形成に悩んでいる」 「子ど…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧